【翻訳文】1千ドル以上の価値がある6日分の漢方薬

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカの開業医(中医師):鄭智城先生の記事を翻訳しました。

 

もとの中国語本文のリンク先は、

健脾祛湿祛痰:价值至少一千美元的六剂药_郑智城

翻訳文

ある日、ロシア人夫婦が故郷が同じの人を連れて来ました。

連れられて来たロシア人男性は、皮膚が白くて痩せ型。はきがない。

 

彼の陳述は、長期的な偏頭痛。頭が重い。特に頭を振ると頭痛が増える。

 

彼は長い間この症状に困って、最近はMRIなどの検査を受けるつもりだそうです。ただし、彼の医療保険にはMRI検査項目がないので、自費で1千ドルも払うのが気になる。

 

彼の友人は彼の悩み事を聞いてから、「悩まないで。先に私の中医学の先生に行ってみよう」と薦めて来たのです。

 

脈診では、沈微。

左関は少し弦脈。

舌苔を見たら淡。著しい腻沫苔。

心の中ではだいたい分かりました。

 

以下は彼への問診。

「めまいはしますか?」

「します、します」

 

 「便通は悪いでしょう?」

 「そうです」


「食欲不振でしょう?」

「そうです」

 

処方は白朮、蒼朮、ヨクイニン、半夏、ダクシャ、茯苓、陳皮、黄連、藿香(かっこう)、厚朴。6日分。

 

f:id:li-hari:20180430144542j:plain

白朮(びゃくじゅつ)の画像

 

3週間後、彼の奥さんと娘さんが来ました。

奥さんはすごく綺麗な方。英語にはロシア語のクセが強い。

 

娘さんは13歳。

皮膚がおかしいくらい白かったです。

 

私は先に奥さんに聞きました。

「ご主人はどうですか?」

「とても喜んでいます。半分も飲んでないのに治りました。これはマジックですね。おかげで、彼は1千ドルも節約できましたよ」

 

私:「1千ドルだけではないかも知れません」

奥さん:「そうですね。このMRI検査をしても、また原因不明だと言われて、続けて検査をするかも知れません」

 

ご主人の病気の原因は痰と湿気。

証拠は脈診で脈が非常に沈。

舌は腻沫。

それ以外に胃の不調とめまい。

 

痰・湿気は、西洋医学の検査で出るワケがない。

 

100回のMRI検査をしても無駄です。

西洋医学の先生の収入が増える以外、私たちの税金を浪費する以外、何の役にも立たない。

 

アメリカのお金は、こんな役に立たないゴミテクノロジーに使われています。

 

この発言に、貴方はきっと反対するでしょう。

MRIがなかったら、腫瘍が見つからないじゃないか?

 

私は逆に質問したいです。

「腫瘍が見つかったら、貴方は治せますか?」

 

彼女の娘さん、13歳。

フィギュアスケート選手として素晴らしい。最近は中国の選手と会ったらしいです。

 

娘さんの病気は、伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、MONO病)だと診断されたそうです。

 

この病気は私も知っています。

アメリカのテニス選手:アンディ・ロディックもこの病気になったことがあります。これは以前の記事で書きました。

 

今この娘さんの症状はめまい、気持ち悪い、疲労感が強い、生理不順、頻尿若しくは尿が出ない、頭痛。

 

脈診では沈微、左関は弦細。

舌は赤くて潤いがある、舌苔は少ない。

 

解決策は簡単です。

当帰芍薬散+五苓散。

 

そして親子を慰めて、病気の原因を説明し日光浴をよく浴びる事を薦めました。

 

処方は6日分。

二人は喜んで帰りました。

李哲の感想:

頭を振ると頭痛が増える。

これは中焦(胃腸)に湿気が溜まっているからです。

 

偏頭痛は胆のうの経絡の問題。

経絡に詰まっているのは痰・湿気などの老廃物。詰まっているから痛い、渋滞がなければ痛みもない。中医学では『通則不痛、痛則不通』と言います。

 

「痰」、「湿気」は中医学でよく話す言葉。

簡単に解釈すると、痰になる前は湿気です。湿気が長い間そのままになると、練って痰になる。

 

痰は皆さんも知っているように、口から出るものです。痰は体内には確実に存在するもの。 

 

しかし、レントゲン・MRIでは痰・湿気が見えません。どのくらいの量があるのか、どこに貯まっているのか分からない。

 

中医学は脈診、舌診などで分かる。そして、関連の治療もできます。

治療効果があるかないかは、患者さん本人が一番分かります。機械で検査する必要もない。

 

上記の患者さんは、症状が複雑ですね。

鍼治療の場合は、とりあえず1回目は全体的にメンテナンスを行い、2回目からはつらい症状が更に減って分析しやすいです。

 

私がよく使うツボは合谷、太衝。

この2つは、『開四関』と言います。

気と血、両方コントロールするので、全体的に治療ができる。

 

ほかにあるのは公孫、内関、中脘、関元。

公孫と内関は八会穴で、一つのセットになっている。胃、心臓、胸のすべての病気に効きます。

 

中脘は五臓六腑の『六腑』を統括する。関元は気力のもとなので、全体的の免疫力を強化。

 

三陰交、足三里、内関、合谷など、ほかにも大事なツボがたくさんあります。

 

ツボの選択肢はいろいろあるので、その時の状況を見て決めます。臨機応変は鍼灸の特徴ですね。