冷暖房について話したい(2)(完)(2018/04/02修正)

話を元に戻します。

自然な寒気は、冬が運んでくるもの。
冷房が出しているのは、不自然で人工的な寒気です。

 

暑い夏に、いきなり人工的な寒気をたくさん浴びて、
冷たいものを一気に胃の中に流し込んだらどうなるでしょう?

外の暑い場所にいるときは、皮膚は開いて余分な陽気を身体の外に放出し
体温をなるべく下げようとしています。

それがいっぺん、冷房のガンガンきいた部屋へ入るや否や、
開いている皮膚から不自然な寒気が身体の中にどんどん入り込み、
あっという間に骨まで浸み込んでいきます。

さらに冷飲食により内臓からも冷やされ、体内に残っている陽気も
大量に殺され 減少していってしまいます。

これが頭痛や下痢、生理痛、産前産後の虚弱体質、鼻炎などの
原因を特定しがたい慢性的な症状の原因であることは、
もはや常識となりつつあります。

現在では、

中国の南方でも大量のクーラーや冷飲食の導入がすすんできました。
それと同時に、このような症状を持つ人がだんだんと増えてきています。

本人に自覚症状があまりなくとも、
足裏にある反射区と背中の足太陽膀胱経をさわればわかります。

 

足太陽膀胱経 とは、身体を守る最前部、一番表にある防衛機能のことです。
とくに足裏の腸の反射区には、変わった形のコリがたくさん集まります。
背中のツボにも細かいシコリがたくさんあります。

身体は嘘をつきませんからね。

エアコンを使わないで下さい。
というのは現実的に無理な話になってきてしまいました。

それでも、なるべく直接あたるのは避ける、一枚多めに服をを着る、
設定温度を弱めにする、自然な風が通るようにたまに窓を開ける・・・
これぐらいなら出来るのではないでしょうか。
あとは、冷たいものをたくさん飲食するのは控える。

心頭滅却すれば、火もまた涼し

日本にこんな言葉があると聞きましたが、

中国にも同じ意味のことわざがあります。

“心静則凉”

心静かなれば、即ち涼し

自分の心が静かになっているか、ときにはふりかえってみるのも
よいのではないでしょうか?

 

li-hari.hatenablog.com

 

li-hari.hatenablog.com

 

li-hari.hatenablog.com