漢方に対する誤解:漢方は慢性の病気しか治せない?(2018-04-02修正)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180227/20180227141310.jpg

皆さんの漢方というものに対する

イメージはどんなものですか?

今の中国では、漢方=中医学について

間違った理解をしている人がたくさんいます。

 

本場の中国ですら間違っているのですから、

おそらく他のアジア諸国では、
もっと歪められているのではないでしょうか。

「西洋医学で治らないなら、とりあえず漢方に頼ってみよう」

「だめでもともと。治ればラッキー」

 

「漢方は急性の病気や癌などには効かない」

「長い間飲まないと効かない」

 

「体質に合えば効くかも知れないけど、
合わなければ全く効果がない。
こんなんじゃ、重病どころか風邪も治せないのでは・・・」

さて、本当のところはどうなのでしょう?

今、中国で起こっていることをお伝えしたくて、
このコラムを書きました。

中医学には「火神(かじん)派」という流派があります。

清朝の鄭欽安(てい しんあん)が元祖で、
歴史的にはまだ100年くらいしか経っていない、

若い流派です。

この流派の特徴は、附子(ブシ:トリカブトの一種。
日本では狂言のタイトル「ぶす」で有名だそうですね。
日本の漢方では「ブシ」と発音するようです)
などの毒性の強い漢方薬を大胆に使用して、
たくさんの瀕死の人を救ってきたことです。

体をあたためて腎の気を高める、
火のように作用の強い薬を自在に使いこなすことから、
「火神派」と呼ばれるようになりました。

現在、代表的な火神派の中医師が何人かいますが、
その中の一人を紹介したいと思います。

名前は李可(り か)先生、70歳のおじいちゃんです。
中医歴50年のベテラン先生です。

李可先生は、数え切れないほどたくさんの
患者さん達の命を救いました。

心筋梗塞、脳梗塞、癌…
西洋医学では「もう治る見込みはない」と
いわれた病気の患者さんばかりです。

李可先生が勤めた漢方の病院(中医院と言います)に

おいて、 全国で唯一はじめて、漢方科が西洋医学の

緊急措置室に とって替わったのです。

つまり、心筋梗塞や脳出血で倒れた人が
病院に運ばれたとき、通常の緊急措置ではなく
まず漢方の緊急治療が先に行われたのです。

なぜ?
李可先生の漢方治療のほうが、
西洋の薬よりも副作用がなく、効き目があったからです。

アメリカでも、台湾出身の中医師が活躍しています。
この前のコラムでも紹介した倪海厦(ニハイシャ)先生です。

倪海厦先生の得意な分野も癌などです。
漢方での癌の完治率は高く、アメリカの西洋医学の先生も
患者さんに薦めているくらいです。

興味がある方は、インターネットで検索してみて下さい。
すぐに出てくると思います。
(注:現在のところ、まだ中国語と英語のサイトしか

ないようです。)

では、なぜ一般の人々の意識の中で
「漢方は効かない」になってしまったのでしょう?

 

関連記事:

li-hari.hatenablog.com

 

li-hari.hatenablog.com

 

li-hari.hatenablog.com