最短治療の火罐(吸玉)療法 ①(2018-04-02修正)

f:id:li-hari:20180402144546j:plain

これは、先週来た夫婦の話です。

通うのは不定期で、いつ痛くなったら

即行くるような夫婦です。

 

旦那さんが朝一番に来たのは、左の

背中がつってあまりにも痛くて来たのです。

 

みなさん、足がつった経験はありますか?

辛かったでしょう?

 

背中がつるのは、それよりもっと痛いです。

肩だけではなく、体まで動けなくなります。

 

上着を脱いで、見せてもらったんですが、

やっぱり背中の硬直しているところは

少し盛り上がっていました。つまり、

まだ筋肉が痙攣している状態です。

 

場所は、膏肓穴,噫嘻穴,神堂穴,膈関穴の一直線。

特に膏肓穴と膈関穴は、痛みがひどい。

簡単に言えば、肩甲骨の下から肋骨の間。

 

前のコラムで書いてたけど、こういう時には

推拿(整体)療法が合わないです。詳しいのは

吸玉療法~効果が出にくい場合~Ⅰ

ご覧ください。

 

推拿(整体)療法は合わないですが、

一つだけ使えます。それは滚法(こんぽう)。

 

中国推拿(整体)での特別な手わざで、

強くも弱くもできるやり方です。

 

よく『ローラーをかけてますか?』と

患者さんに聞かれますが(笑)

 

 

li-hari.hatenablog.com

 

li-hari.hatenablog.com

 

li-hari.hatenablog.com