首こり、肩こりは薬の中毒:若いうつ患者と私(3)(2018-04-02修正)

こんにちは。李哲です。

今日は最後の記事。最初の1は以下をご覧ください。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

今の私にできるのは、彼の体内に溜まっている『毒』を外に出すこと。

 

ここで、前回の説明が足りなかった分を補充します。

トフラニール ロヒプノール ドグマチール

副作用は自分で見てください。

 

最初診た時、彼の印象は強かったです。

 

ドアのノックが激しい。話が速すぎ。

声も高ぶっている。攻撃性が強い感じ。

足はそうとう冷えている。

全身に汗かきやすい。

 

もう一つ症状は、アゴ付近にニキビが多いことです。普通のニキビだったら小さいけど、彼のは大きいものでした。胃の経絡に毒が溜まっているからです

 

心配で眽も診ましたが、やはり肝臓が大変な感じでした。それ以外に小腸、心臓、腎臓も。

 

体調を整えるために、私はあらゆる手段を使いました。整体、足ツボは基本で、たまには刮痧(グァーサ)火罐(吸玉)も。

 

今は、ニキビも小さくなって、足も少し温かくなって、話も穏やかになって、背中の汗も少なくなっています。

 

一番面白いのは、彼のドアのノック音が普通になったこと。

最初は喧嘩に来たかなと思いました(笑)

 

ここで、中医学の簡単な説明をしますが、

中医学の診断は複雑な機械は要りません。

『望、聞、問、切』だけで判断します。

 

倪海厦先生の話では:『中医学は外に立っても中が全部見える学問』

 

『黄帝内経』にも書いてますが、レベルが高い中医師はただ見るだけで診断します。

脈診て診断するのは、一番レベルが低いお医者さん。

 

首こりと肩こりは『薬の中毒現象』だと言ったのは、

①けがしたこともない

②生活は規則正しい

③仕事も楽しいし、無理はしてない

 

唯一の可能性は飲んでいる薬が、腸(小腸、大腸)に溜まっていること。

 

最後に心臓と笑の関係を説明します。

中医学(漢方)で謂う『心主喜』。

 

簡単に説明すると、

喜を支配するのは心臓。

 

嬉しい、喜ぶのは心臓にいい。

逆の気持ちは心臓に悪い。

 

落ち込む、気持ちが晴れない、悲しいなどに勝つのは、『喜』しかないです。つまり、うつの患者さんには喜んでもらうしかないです。

 

どんな事で人は喜ぶんでしょう?

これは人によりますね。

 

給料が上がった社員。

孫と遊んでいるお爺ちゃん。

音楽を聴いて感動する人...


世の中、一草一木でも人に感動、喜びを与えます。

それが感じるかどうかは、貴方の考え方次第です。

 

ちなみに、貴方は病院に行って

「あ、癌ですね!

「あ、腸にポリープ発見!」...

言われて喜べますか?

 

(おわり)

 

ひどいうつ病(不眠症、食欲不振、冷え症)。不妊症。糖尿病の中医学治療【翻訳文】(2018-02-28修正)

 

 

乳腺症。長年の消化不良。ひどい冷え症。膝痛。28年の胸痛。チョコレート嚢腫。うつ病、不眠症などの中医学治療【翻訳文】(2018-03-02修正)  

何々癌.何々病ですが、診ていただけますか?(2018-03-01修正)