乳がんとほかの癌の関係:癌の源はみんな同じである【翻訳文】(2018-12-12加筆)

こんにちは。李哲です。

今日はニハイシャ先生の論文を翻訳しました。

 

文章は少し長いですが、考え方を変わるきっかけになると幸いです。

 

病気になる前に治せるのは、中医学のみ!

中医学の理論には有名な話があります。

『上工治未病 , 下工治已病』

 

その意味は、「上手な先生は病気になる前に治すけど、下手な先生は病気になってから治す」


具体的にどんな意味なのかは、私の以下の臨床例みれば、もっと分かると思います。

1.全身性エリテマトーデス SLE)が、肺がんになる前に完治した例

一人の女性。病院で全身性エリテマトーデス( SLE) だと診断されました。

彼女の症状は、全身の関節が痛い、不眠症がひどい、便秘、心臓と胸あたりが重苦しい。

 

次は私の問診内容です。

「生理はまだありますか?」

「8年前からないです」

 

「何時から 全身性エリテマトーデス(SLE) だと診断されたのですか?」

「8年前です」

 

「その時、なにかすごい怒ったり悲しくなったことがないですか?」

「あります。旦那さんが浮気して私と離婚したいというから、3日くらい家に倒れこんで起きれなくなりました」

 

「その時から生理が止まったのですか?」

「そうです。3ヶ月も生理が来なかったので、病院に行ってみたらSLEだと診断されたのです」

 

「足は温かいですか?冷たいですか?」

「冷たいです」

 

「顔はほてますか?冷たいですか?」

「熱い感じです」


この質問だけで、原因と治療方法まで分かりました。脈診も必要ありません。

 

私が出した処方箋は、ただ生理と便通をよくする生薬だけ。

 

f:id:li-hari:20180614184411j:plain



彼女は漢方を飲み続けてよく眠れるようになり、便通もよくなり、胸が重苦しいのも改善されて、手足も温かくなりました。

 

ある日彼女は「自分の顔が冷たくなり、生理が正常、寝るとき手足は熱くて布団の外に出さないと寝れない」と言うので、私は「貴方はもう正常だから、漢方を飲まなくていいです」と教えました。


彼女は後で病院に行ってもう1回検査したら、全身性エリテマトーデス(SLE)は治ったと診断されました。

 

ここで皆さんに分かって欲しいのは、

中医学は体の自覚症状で健康か病気かを判断する。複雑な検査器具は要りません。

 

3ヵ月後、彼女がまた来たのです。

今度は咳がひどい白い泡の痰が出てきて、生理は良くなったり悪くなったり、胸はまた重苦しくなったのです。

 

「最近またなにかありましたか?」
「娘の体が心配です。体が弱いのに診てもらうお金がないし。
私には今娘しかいないです。私の唯一の願いはただ娘が結婚して子供産むのを見たいだけです。先生のおかげで私はよくなったけど、今は娘の心配ばかりしています」

 

「私が無料で貴方の娘を治したら、貴方はまた心配しますか?」

「もちろん心配しないですよ」

 

「そしたら娘を連れてください。私の後ろにNPO財団があるので、本当に困難な人はNPO財団が援助金をで助けるのです」

 

彼女は泣きながら「この恩はどう返したらいいでしょう?」

 

「私は考えたこともないです。私はただNPO財団のお金をもらって、貴方の娘を助けるだけ。貴方の本当の恩人はそのNPO財団の人たちです」


彼女は涙まで出ました。

でも、彼女は今までの心配事が一気になくなって、帰る時はすごい喜んでました。そして、すぐ娘を連れてきたのです。

 

正直言って、その時私は背中がゾッとしました。

 

憂は肺に傷つける。

この女性は憂(心配、うつ)になって、すぐ乳汁が逆流して肺まで入り、だから白い泡状の痰が出てきたのです。このまま行くと2年後は確実に病院で肺がんだと診断されます。

 

『憂』に勝つのは『喜』しかない。

だから、この女性を喜ばせて、病気になる原因『憂』をなくしたのです。

 

この女性は分からないでしょう...

中医学が2年後の肺がんにならない為に、やった今日のこと。

 

まあ、いいや。

説明する力を残して、帰ってギターでもやろう!

 

世の中の病気は、

もともとみんな治せるものです。

 

上の女性の例を挙げると、白い泡状の痰が出たときに使える漢方は甘草乾姜湯大建中湯肺の化膿したところは桔梗甘草湯 で治せます。

f:id:li-hari:20180423205639j:plain

肺化膿症の治療に大事な生薬:桔梗(ききょう)


こんな時に肺の治療をすれば、肺がんになるわけがない。

同時に、患者の気持ちを整理して喜べば、もっと肺がんになりません。

 

上で使う生薬は2~3種類、多くて8種類超えてないです。値段もすごい安い。

 

2.肺がんを治し、肺がんから肝臓に転移するのを予防 

もう一つ例を挙げます。肺がんの女性。

病院の検査で分かったのは、肺がんができたのはもう半年以上。余命は1年以内だと余命宣告されました。

 

彼女は頭がいい人で、死んでも抗がん剤は絶対やらないと言って来たのです。

 

最初ここに来たときの症状は不眠、咳で血まで出る。胸はすごく痛いくて、呼吸が浅い。便秘、食欲不振。手足が冷たくて体力がない(倦怠感が強い)。

 

咽は渇かない、脈は一息八至(先生が1回呼吸する時間に8回動く)。

見た感じは顔色は真っ白。体型は細長い。舌は白と黄色いのが混ざって厚くて、開けた目は牛の目みたいに大きかった。

 

私が見た瞬間、分かったのは彼女はもう重度貧血。

腫瘍に圧迫されて肺が縮まり、中医学で謂う『厥陰症』。死ぬ確立が高い症状でした。

 

「仰向けで寝れますか?」

「いいえ。寝ると咳がひどくなります」

ここで、私は彼女はもう胸水 になったことが分かったのです。

 

「便秘ですか?」

「ずっと便秘です」

「何年前からですか?」

「5年くらい経ってます」

 

「咳は何年前からですか?」
「3年くらい」

「タバコ吸いますか?」

「私は吸わないし、家族にも吸う人いません」

 

以上で診断は終わり。

治療の間、私は十棗湯 甘遂半夏湯 で彼女の胸水を治し、水ががん細胞の応援ができないようにしました。

f:id:li-hari:20180420174812j:plain

十棗湯に使う生薬:莞花。毒性が強いので、症状が合っている患者さんにしか使えない。

そして、桔梗甘草湯 を加減して肺の化膿したところを修復し、脾臓を強くして食欲と貧血を改善し、がん細胞が肝臓に入るのを防ぐようにしました。

 

上で話した胸水を排出する漢方はすごい力を持ってるから、正しい時期に使わないと患者の免疫力を破壊するだけです。

 

でも、正しい時期に使えば漢方を飲んで4時間以内で胸水消えて、2度と胸水が戻りません。

 

2ヶ月連続で治療した結果、手足の温度が徐々に上がり、食欲も戻りました。便通が改善、ただ咳がまだ残ってる。

 

咳のとき出た血の色は、最初の黒い血の塊から普通の血の塊になっていました。顔色は普通の人と変わらない。脈も一息五至まで下がったのです。

 

ある日、彼女は急に来て、

「胸の痛みがまだあるよ。どうしよう?でも、この痛みは前の痛みと違う。乳房の血管が腫れて痛い感じ」

 

私は聞いてすぐ分かりました。

溜まっていた母乳が、漢方の力で肺の中から追い出され、今は乳房に集まってるのです。

 

この時、母乳を大腸に誘導して外に出せば肺がんも治るし、乳がんにも肝臓がんにもならない。

 

なぜかというと、乳首の下が肝臓の経絡なので、そのまま乳房に溜まると肝臓の経絡に移りやすくなるのです。

 

幸いなことは肝臓を強化する準備をしたから、肝臓には入ってない。

 

この治療例を書くのは、病気の原因が分かる中医学が、肺癌の治療の時の治療方法、病状がどんなに変化しても判断できるのを話したいだけです。

 

皆さんはこれを見て、中医学はどこまでできるかを分かりますか?

 

漢方の実力を信じてください。

 

本物の漢方医を探す方法

もし、貴方が近くで本物の漢方医を探すなら、簡単な探し方法を教えます。

 

①近くの漢方薬局に行って聞いてください。

生附子(トリカブト)、細辛、桂枝、麻黃、甘遂、生半夏、芫花、大戟などの生薬を使う先生がいますか?」

もしいなかったら、残念ながら近くに本物の漢方の先生はいません。

 

f:id:li-hari:20180506172654j:plain

重病を治す大事な生薬:附子(トリカブト)

 

②診療所に行ったとき、先生がコレステロール、血糖値、血圧の話ばかりしたら、早く逃げていいです。本物の漢方医は、こんな西洋医学の言葉を使いません。

 

以上の二つの治療案を出す理由は、皆さんに知って欲しい事があるからです。

 

本物の中医学は、癌の治療ができて、癌の移転状況も把握できる。癌の予防もできます。

 

癌を悪化させる西洋医学の治療

世の中の治療でもっとも怖いのは、病気の原因も知らない西洋医学が作って薬。西洋薬の危険な副作用は、薬を発明した人すら完全に分かってないです。

 

この副作用が、癌よりも怖い。

それだけではなく、たくさんの西洋薬が癌の原因でもあります。

 

たくさんの人たちは癌で死んだのではなくて、西洋薬の副作用で死んでいる。しかも同じ事件が、今も毎日増え続けています。

 

いろんな癌の源は同じである

臨床から見ると女性の乳がん、肺がん、悪性脳腫瘍、リンパ癌、SLE 、肝臓がんなどは全部つながってます。みんな源は同じ。

 

第一根拠:共通の症状ある

例えば不眠、便秘、手足が冷たい、生理異常、心臓の動きが速くなったり遅くなったり、胸が重苦しいなど。

 

もちろん、癌の種類によって各自の特別な症状があります。

でも、中医学は2年前から判断できます。

 

例をあげると、悪性脳腫瘍は2年前から片足或は片手が思ったとおり動かない。同時に頭痛が出やすくなる。

 

肝臓がんは夜1時~3時には必ず寝れない。

ほかの国へ行ったとしても、この時間に寝れないのです。同時に背中の第9椎下の筋縮穴を押すと痛みがある。

 

肺がんは夜3時~5時には必ず寝れない。

同時に第3椎下の神道穴を押すと痛みがある。

 

第二根拠:異病同治

本当にいろんな癌を治した医師は分かる。

癌の源は同じだという事を知ってるから、同じ処方箋でいろんな種類の癌が治せます。

 

私はよく言いますが

「本当に治療ができる人は、同じ方法で違う病気を治せます。なぜかというと、原因が同じだから。」

 

西洋医学は病気の原因を知ってません。

だから、何時になっても治療ができないのです。

 

患者さんの事を思う医師こそ、良心的な先生

ほかの漢方医もしくは西洋医学の先生。

この文章を見て先に怒らないで。

静かな深夜になって、冷静に考えてください。

 

私が言ったのが間違っていますか?

上の一番目の女性がもし亡くなったら、死ぬ時は目を閉じないと思います。

 

彼女が死んだら、かわいそうな娘が一人ぼっちになり、娘の面倒を見る家族はいなくなります。

 

彼女の唯一の夢は金持ちになるのではなく、ただ娘が結婚して子供を産むのを見たいだけで十分満足だと言うのです。医師として、こんな小さな願いを奪う権利はありますか?

 

漢方の先生であろうと、西洋医学の先生であろうと、患者の為にやるべきだと思います。こういう先生こそ、良心がある先生です。

 

私はただの小さい中医師で、診断するとき間違えないように慎重にして、一番いい治療を提供したいだけです。

 

他人の命をもてあそぶのは、道德がありません。

自分が治療できないんだったら、治療ができる先生に紹介したりしても、貴方の名誉に

損はないです。逆に尊敬されると思います。

李哲の感想

免疫不全、なになに細胞異常、なになに遺伝など言われた時、先生に聞いてみてください。

 

なぜ、免疫不全になりますか?

なぜ、なになに細胞が異常になりますか?

なぜ、親からの遺伝だと言いますか?

なぜ......

 

詳しい原因は?

 

納得する原因を教えてくれる人こそ、あなたを治すことができる人です。


皆さんは病気の原因を知る権利があります。生きる権利があるのです。

 

なぜ皆さんは平気で『原因はまだ分からない!』と言う病院に、平気で身を任せますか?

 

私だったら、死んでも治療受けません!

 

~続く~

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com