なぜ中医学の生薬で不妊症を治療すると、男の子しかできないか?(2018-03-24修正)

こんにちは。李哲です。

「漢方薬を飲むと、男の子しかできない」話をしました。

何故かを知りたい方がいるので、今日記事で説明します。

 

その前に、一人の女性の話を聞いてほしいです。

 

彼女はスキーをよくやるので、寒い山へよく行くそうです。

ある日、彼女は私に不思議な発見を話しました。

 

「スキー、スノボートのプロたちの子供は、女の子ばかりですね。プロではない方は、女の子と男の子いろいろいるけど。これって、なんか原因がありますか?」

 


 

彼女の鋭い観察に、私はビックリしました。

本当に智恵がある方です。

 

私は彼女に説明しました。

中医学の理論では、寒い=陰。温かい=陽。寒い外によくいるから、体はわりと陰性になります。だから、子供も陰性=女の子になるわけです。」

 

そしたら、彼女は「あ~なるほど。だから柔道選手の谷さんとかは、男の子ばかり産んでますね。」

f:id:li-hari:20180706140445j:plain 

中医学では「陰陽」を良く話します。

これは絶対的な基準ではなくて、相対的な考え方です。

 

例えば男は陽、女は陰。

男の中の男は陽、男の中の女は陰。

 

幅広い範囲で言うと、「陽」は何かを動かすエネルギー(力.パワー)です。

地球が存在しているのも、人間が生きられるのも、この「陽気」(エネルギー)があるから。

 

活発で、性格が明るくてよく笑う、よく運動する人は陽気が多い人。健康で長生きができます。

 

逆のパタンは陽気が少ない「陰」ですね。

寿命が縮まり、病気にもなりやすい。

 


 

中国伝統の経方家(日本では古方家が近い)が使う生薬は、ほとんど陽気が強い生薬です。

 

一つの例として、皆さんが怖がっているトリカブト(ブシ)、中国とか台湾では平気に使ってます。

 

トリカブトはもっとも陽気が強い生薬。死ぬ直前の患者まで救うことができます。(日本ではどの野郎が法律を作ったか、トリカブトがあまり使えなくなりましたね…)

 

皆さんが普段食べてる生姜.ニンニクも陽気がわりと強い食べ物。

生姜まで陽気が強い食べ物なのに、生薬だったらどうなるでしょう?火山噴出みたいなパワーが出ます。

 

ねずみの子供はねずみであるように、

陽気が強い親の子供は陽=男の子が生まれるわけです。

 

中医学の漢方を飲んで妊娠すると、男の子しかできない。

 

しかし、中医学では漢方を飲んでも女の子が産まれるように、またやり方があります。それ以外に、妊娠できないようにまでできます。これは風水、方位と関係がある。

 

興味津々の方には申し訳ないですが、これは私の話すべき範囲ではない。だから質問しないでください。

 


 

ニハイシャ先生の面白い言葉があります。

「中医学は創造の学問。だから妊娠したい方は、中医学の治療を受けた方がいいです。

流産したい方は西洋医学のほうが優れてる。なぜかというと、西洋医学は破壊の学問だから。」

 

足つぼ.整体を受けると男の子が産まれるか?

統計をとってないので、私も分かりません。

 

ある意味でこれは運命なので、自然に任せたほうがいいと思います。