【翻訳文】西洋薬の飲み過ぎでLupus(全身性エリテマトーデス.全身性紅斑性狼瘡)になる一歩手前の患者(2018-03-07修正)

こんにちは。李哲です。

今日はニハイシャ先生の治療日記の翻訳文。

 

Lupusだと診断された方は、ぜひ読んでください。

 

元の中国語記事のリンク先:

http://www.hantang.com/chinese/ch_Articles/3-31-05.htm

翻訳文

2005年3月31日、晴れ。

午後4時。

 

女性。38歳。

コロンビア人。既婚。

 

ご主人が付き添いで来ました。

 

彼女が言うのには、この5年ずっと極度の疲労感、両腕とふくらはぎの激しい筋肉痛。しかも、毎回痛い時顔に赤い点々が出る。


西洋医学は検査をしても分からない。

最後無理やりつけた病名は、線維筋痛症(せんいきんつうしょう)

 

Lupus(全身性エリテマトーデス.全身性紅斑性狼瘡)ではありません。

 

ここに来た時、彼女の顔と胸には、赤い点々がたくさん出ていました。

 

私は彼女に聞きました。

「不眠症ですか?」

「そうです。」

 

「便秘ですか?」

「そうです。」

 

「寝ているとき、体は熱いですか寒いですか?」

「熱過ぎてご主人が近づけません。」

 

カルテを見たら、彼女が書いたのはSynthroid((レボチロキシンナトリウム

 

これはアメリカ西洋医学の先生が、

甲状腺病気に最もよく使う薬です。

 

「この薬、何年飲みました?」

「8年。でも、全然効果があるとは思いません。」

 

私はすぐこの薬を止めるように話しました。

そして、海藻類をたくさん食べるように提案。

 

その後、彼女の背中第五番の胸椎を押して、強烈な痛みがありました。

 

これで全ての診断が終了。

 

今日起きたこの例は、見本の「治未病」の時です。

 

西洋医学はあなたが本当に大変な病気になった時だけ、病名を作ってきて、あなたがLupusだと言います。その後、あなたの自己免疫疾患だと言います。

 

事実は、最初から最後まで彼らは何が何かも分かりません。

 

患者は痛くて死にそうなのに、病気ではないと言うのは、何なんですか?

 

中医学では心臓と心包の経絡はつながっていると見ています。

そして、心包と三焦 は表と裏の関係。

(参考文献:心包と三焦の関連の考察

 

甲状腺は三焦 の範囲に属するので、心臓とも関係してます。

 

しかし、西洋医学は心臓と関係していることを知らず、薬で甲状腺をコントロールしようとしてます。

 

本当に愚か者!

 

甲状腺はコントロールできるものですか?

人間の体はコントロールできるものですか?

 

この患者は、西洋薬の飲み過ぎが原因で病気になったです。

 

西洋薬で心臓を傷つけ、だから不眠症になる。

心臓を傷つけたから、乳汁(乳房の栄養)が完全に下の子宮まで行って生理になれなくて、過度の乳汁が逆流して心臓に戻ってます。


これは火に油を注ぐようなものなので、患者は熱くて熱くて眠れない。

 

乳汁は一気に心臓に戻ることができない、ある程度時間がかかるので、余った乳汁(乳房の栄養)は手足のところに溢れる。だから、手足が痛くなるのです。

 

私たちは彼女の背中第五番の胸椎を押してみて、痛みがあることから確認できます。

 

現在の状況は、心臓の火が強すぎるだけ。

 

未病の段階なので、治療も簡単です。

 

所謂「上工治未病」の意味はこんなことです。


中医学は自覚症状しか見ません。

だからなぜ病気になったか、病気の関連性も分かります。

しかし、西洋医学は本当に数値などに現れた時しか分かりません。

西洋医学は病気の原因も関連性も分かってないので、病気の予防もできません。

 

簡単に言うと、中医学は外に立って中に何が入っているかが分かる学問です。

 

古代の聖人たちは、国を管理するとき、人民はその人の功労が分かりません。なぜかというと、聖人たちは目が遠いので最初から予防策などしっかり作っている。だから、天下無事なのです。

 

一般の人は事件が起きた時、それを片付ける人こそ功労があると思いますが、これは間違ってます。

 

愚か者が多いから、

中医学も功労がないものと扱わされている。

 

実は、中医学は聖人の学問です。

今までの治療例から見ると、西洋医学の診断でLupsuだと分かった患者。一番早く治ったのは55日。

彼女みたいに見病の時に治療すると、1ヶ月もかからないと思います。

 

しかも、中医学は生理と乳汁が同じものであることを知っているから、患者が将来的に乳がん.悪性脳腫瘍.肝臓がん.リンパがん.肺がんなどの予防もできます。

 

患者がもらう多くの利益は、皆さんの想像以外です。