【翻訳文】西洋薬の副作用からくる下半身の痛み。糖尿病。薬物中毒からくる背中の痛み。強烈な嘔吐と不眠症などの中医学治療(2018-03-19修正)

こんにちは。李哲です。

今日は倪海厦(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文。


本文のリンク先は、

http://www.hantang.com/chinese/ch_Articles/4-27-05.htm

翻訳文

04/27/2005

晴れ

 

今日来た一人、以前は西洋薬の製薬会社で働いた人です。

白人男性。58歳。

 

診察が始まってすぐ彼は、「たくさんの西洋薬を飲んでいる」と言ってました。

 

種類が多すぎて話せないから、彼は紙に全部書いて来ました。

 

私はその紙を見て、もう一言しか言えない。

山ほど!

 

私は彼に聞いてみました。

「なぜ今日来ましたか?」

 

彼が言うのには、自分の両足に力が入れない。

何歩か歩いて、だるくて休むしかない。

 

スーパーに買い物に行くと、戻ってから両足がだるくて仕方ない。そして、夜は両足が痛くて眠れないそうです。

 

「どうやってここを知ったんですか?」

 

彼の答えは、「私の一番の親友が紹介してきました。そして、バーに飲みに行ったら、一緒に飲む友たちもここを紹介しました。船を修理に出した時も、技師がここを紹介しました。スーパーで買い物する時、私が苦しんでいるのを見て、知らない人までここを紹介しました。だから、今日来たのです。」

 

私は心のなかで思いました。

彼はもう西洋医学の宣伝で、徹底的に洗脳されている。

 

山ほどの西洋薬をどのくらい飲んだか聞いたら、少なくても5年。中には5年以上の薬もある。

 

「みんな毒薬であることを知っていますか?」

彼の答えは、なんと「もちろん知っています。」

 

「両足の問題が出たのは何時からですか?」

「2年前からです。」

 

診断は以上で終わり。

 

この診断は医師も要りません。

ホームズだけで十分です。

 

私は彼に教えました。

これは薬品中毒からくる副作用です。

推測だけでも分かるでしょう?

 

彼の答えはまた意外でした。

「西洋医学の検査でも何が原因か分からない。そして、西洋薬の副作用だとも証明できない。しかし、自分は薬の副作用だと疑っている。」

 

私は彼に聞いてみました。

「全ての西洋薬を止めますか?」

 

彼はビビってました。

「ダメですよ。」

 

その結果、彼は私にボロクソ言われました。

 

Common senseで考えみて下さい。

西洋薬を止めないで、両足は治りますか?

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180529/20180529144335.jpg

 

最後は彼の治療を、私の1人のアメリカ人医師に渡しました。

こんな患者と、私はもう話したくもないから。

 

この事例はちょうど一つの事実を証明してます。

私は西洋薬の会社を包囲してる。

 

男性。37歳。

背中の痛みが3ヶ月続いている。

2年前は糖尿病だと診断されました。

 

しかし、彼は薬を使わないで、食事で血糖値をコントロールしてました。

 

3ヶ月前に急に背中の痛みが生じて、病院に行ったら血糖値が600!

そして、病院は彼にインシュリン注射をしました。

 

彼をよく見たら、歯がたくさん抜けている。頭の前の方はもうはげている。体型はとても細い。とても焦燥していて、手の動きが多い。

 

私は彼に聞いてみました。

「覚せい剤を使ってますか?」

 

彼は驚いた顔で私を見て、そして頷いてました。

 

「刑務所に入ったこと有りますか?」

彼はまた驚いて、頷いてました。

 

「あなたはAIDSがあると言われてないですか?」 

彼の頭はもう下がったまま、上がれませんでした。

 

私は彼に話しました。

 「心配しないでください。必ずあなたを助けます。しかし、一つの条件があります。

 

毒を必ず止めて。

その毒で、腎臓と肝臓がダメになっています。私はあなたの歯が抜けているのと髪の毛が無くなったことで分かります。

 

この毒と言うのは、ヘロインなどではなくて、抗AIDSの薬

あなたがこの薬を止めないと、必ず薬に殺されます。

 

AIDSは覚せい剤使用後の後遺症で、致命的な病気ではありません。

しかし、この抗AIDS薬の毒は、あなたを殺す事ができる。

 

あなたの背中の痛みも、この薬物中毒から来てます。」

 

私が今日二人の例を挙げたのは、読者の皆さんに知ってほしいからです。

 

西洋薬の副作用で、下半身の激痛が生じる時が多い。

膝、或いは下の背中、或いはふくらはぎ。

 

このような痛み、私は何回見たか分かりません。

だから、一目ですぐ分かります。

 

中医学の「望診」だけで診断するためには、豊富な臨床経験と中医学の基礎知識がないとできません。

 

白人女性。38歳。

今日再診に来ました。

 

治療して三週目です。

彼女はもともと強烈な嘔吐と下痢がありました。

そして不安症がある。ひどい不眠症もあります。

 

今日診たらだいぶ良くなってます。

 

彼女は今日、私に不思議な話をしました。

 

三ヶ月前に彼女は悪夢を見たそうです。

夢の中で三人の鬼が彼女の体内に入ろうとしてた。悪夢から起きたあと、彼女は以上の症状が出たのです。

 

しかし、彼女は最初私に言えなかったです。

精神がおかしいと言われそうだったので。

 

彼女は教会に助けを求めたことがあるそうです。

しかし、効果がなし。

 

教会は彼女を本当の精神病患者だと判断していたから。

 

彼女が言うのは、漢方を飲んでから体内で戦争が起きたみたい。漢方は白色で、体内は黒色。両軍が交戦した結果、白色の漢方が勝ち。

 

https://lh3.googleusercontent.com/XZwwOSelcEyQb1XmBNQxIe1k8NIZRFhD-6tKSIx9JdkZZKvB8gf6n1_siFjOD0z3eHpozAL3e4vhTBbdO5Abqgw3Xjmyy888j3lGNkEyH70vubXNi0u0MQ-n1OoaBx2Nsx1v3UURAMvD5MyYqTLesidlEmVvpqwNLSuA30JUPQJTku99pDnTSHYAlt01xbzkUhJ7K6xqsozKac9J7wjZT4qzALyDwW8xnorDfG2dbWM67SURUzhBtVEyUA9ROlIn_7S6v_3qIc6soQ_pEDQSAMuNLi8eFyU4LofHV4ZqNOY_w8zZwLRoYLatIGckfk763C4N7EDtA3a1uWjkPLVuKfPbIK_PsoVRgi_ZDi6zsyNvGJ-4q1WFdZT3Q1UJNCxOHy2mybEPtX_5sNIj8idWgfnMyKFAcSHSV12q4LLcfWhsUtStCj5TlKHHtmU2ifqZxi_ogxBUdnt5f35T029sr24lKCEg-VGPkHnN1Lpg75vR9ahSh_46D56kO6hF9DCtFrX5YtHUMX19pFQQPfgRpf2qfThjYGLu3AOlqbGWSz427-gVT_8Vcj1XPpUsOewfM5tsDu99JNIniBriJfhjZRV4yRrO9Kw6vN_O8g=w400-h251-no

 

しかし、彼女は体内にまだ黒色の所があるから、漢方を続けて飲まないとダメなのを知っていました。

 

あと、漢方が効いてる事も分かってました。

 

読者の皆さんはこれを見て、不思議でないですか?

 

私がカルテに書いた診断は、ただの「少陰症」。

 

ほぼ毎日爆発しそうな診療所、私も疲れきってます。

 

だから、私は特別な治療例を挙げて、皆さんに中医学はどこまで治療できるかを説明してます。

 

たくさんの方は、どうすれば肝臓病を治せるかをFAXで聞いてますが、ごめんなさい、話せません。

 

一旦、私がどの生薬で治せると言ったら、生薬の値段は一気に上がります。これは、私が見たくないこと。

 

西洋薬の会社は、肺癌治療に効くというイレッサ(Iressa) を庶民が負担できない価格で売っているけど、実はちっとも効かない薬。

 

読者の皆さん、Common senseで考えてみて下さい。

病気はコントロールできるものですか?

 

その有効であるデータなどは、全部自分たちで作り出したもの。

 

西洋薬の会社は、生存率.死亡率などで民衆を騙しているけど、よく考えてみれば分かります。

 

世の中には2種類の薬しかありません。

 

病気を治すものと、治せないもの。

中間のやつはありません。

 

西洋医学のいわゆるコントロールできると言う薬物は、彼らが病気を治せないことを証明してます。

 

肺がんを中医学に任せたら、何の困難があるでしょうか?

 

難しいのは、患者とその家族が中医学を信じない。

中医学の治療に完全に任せないこと!