ぎっくり腰からくる腰痛と足のしびれが改善された例(2018-03-12修正)

こんにちは。李哲です。

今日は一人の男性の例。

最初は腰を痛めて、その後に足のしびれが出た方の話です。

 

男性の主な自覚症状は、以下のよう。

 

去年、12月にバスケをする時、急性のギックリ腰になった。

 

当時は違うところの推拿(整体)治療を受けて、2月には再びバスケができたけど、足のしびれが出始めた。

 

足のしびれは、太ももの後ろ側が一番最初に出た。

その後は、太ももの後ろしびれが消えて、すねの外側がしびれた。

 

しびれが強い時は、歩くのが大変。右足がしびれて、コントロールできなくて、うまく前に足が出せない。

 

これは腎臓の陽気(エネルギー)が足りないのが原因です。

 

屈伸などの動きができないのは、陽気(エネルギー)が足りないか、若しくはある所で詰まっている。

 

整体では詰まった所を流すことができるし、ツボを刺激して陽気(エネルギー)を強化する事もできます。

 

主な刺激してるツボは、「腎兪穴」「腰眼穴」

 

ちなみに、彼のよく食べてるものは、ヨーグルト。

健康に良いからと聞いて、毎朝食べていたそうです。

 

乳製品は腎臓にとても良くないので、最初から止めてもらうようにしました。


こちらの1回目の治療受けて、前屈姿勢がだいぶ良くなりました。前より前屈ができる。

 

2回目に来た時、教えてくれたのが:

腰痛は40%くらい減った。

すねの外側のしびれは、減っている。

 

ただし腰が硬くて、前屈姿勢がもっとうまくなってない。

 

3回目に来た時、教えたのが:

だいぶ良くなった。

たまに足のすねのしびれが出る。

 

整体の押した痛みは、50%減っている。

 

前屈姿勢はさらに良くなりました。

 

彼が言うのは、昔は簡単に指先が地面についたけど、今はできない。

 

2ヶ月後の記録:

しびれとか腰痛の訴えはない。

つまり、ほとんど良くなっている。

 

本人が気になるのは、腰がつかれると硬くなるのが分かる。ストレッチやっても、徐々に硬くなるそうです。

 

ストレッチの時に、

太ももの後ろに痛みというか変な感じがある。

 

だから、もっとストレッチをすることをオススメしました。

 

初診に来てから2ヶ月くらい。

施術の回数は6回くらいです。

 

完璧に改善はしてないけど、

最初と比べたらだいぶ良い感じです。

 

彼の例を書いたのは、皆さんに知ってほしいのがあるから。

 

腰痛はとても治しやすい。

ぎっくり腰であろう、慢性的な腰痛であろう、時間をかければ改善できないのはない。

 

整体で困るのは、痛みではなくてしびれです。

 

特に長年の痺れは、そうとう時間がかかるかも知れません。

 

詳しいのは前の記事を参考にして下さい。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

皆さんもし腰を痛めた時は、近くの整体院.鍼灸院などに診てもらって下さい。きっと良くなるから。

 

少なくて私は腰痛が軽くならない患者を、見たことがありません。

 

病院のレントゲンなどは、省いて結構です。

レントゲンで別に治るわけでもないし、お金払って被曝になるなんて、とても意味不明。

 

この前、テレビを見た時、面白い芸能人がいました。

ロングブレースの三木さん。

 

自分の腰痛を治すためが、キッカケだと言ってましたね。

三木さんの腰痛は22年も続いて、いろんな整体.鍼灸など試したのに効果なし。

 

テレビでこの話を聞いた時、嘆くしかなかったです。

 

22年も治療したなんて...

22年もいい整体師.鍼灸師に巡り会ってないことですね...

 

ちなみに、三木さんのロングブレースは、とても有効な呼吸法。

子宮.胃腸.膀胱.前立腺.腎臓などのトラブルを抱えている方は、練習したほうが良いです。

 

テレビでは主にダイエット効果を宣伝してるけど、あれは氷山の一角。

 

「丹田呼吸」がどのくらい大事か。

気功の習っている方は、誰でも分かるはず。