前立腺肥大.前立腺癌の検査でのPSA値は信じられるものか?(その3)(2018-03-01修正)

こんにちは。李哲です。

今日は最後の記事です。

 

最初の1は以下をご覧ください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

今の人達は、西洋医学の値に振り回されて、値さえ良ければ自分が健康だと思います。

 

自覚症状はすでに忘れて、検査した値ばかり気にしてる。


その結果、よくある場面は:

1.痛くて辛くて病院に行ったのに、値が良いから病気ではないと言われる。

 

2.なんの辛さもないのに、病院に行くと値がダメだから、癌の疑いがあると言われて、薬を飲まされ最後は唯一の臓器を切り取られ。その後いろんな不調が出てくる。

 

辛かったら中医学の先生に見てください。

西洋医学の先生に診てもらうのは無駄です。

 

この前書いた記事:前立腺の病気で手術を受けても、何も変わらない。


中には怒ってるおばあちゃんがいますよね。

旦那さんの手術後に、おばあちゃんは手術で取ったものを見せられたそうです。

 

先生がわざと見せたのは、このくらいたくさん悪いものがあったよ!私たちは無駄な仕事をしてないでしょう?をアピールしたんじゃないかな。

 

しかし、私に言わせると 

だから何???

手術後にご主人は、おしっこの出が全然変わってない。

 

いっぱい悪いものを取ったって、なんの意味がありますか?

 

中医学の漢方では、猪苓湯(ちょれいとう)五苓散(ごれいさん)など、おしっこを出す漢方がいっぱいあります。市販のやつを買っても2000円くらいしかありません。

 

鍼灸でもおしっこを出すツボがいっぱいあります。

市販の千年灸を買って、「中極穴」にお灸をするだけでも十分小便が出ます。

 

ちなみに、千年灸は一箱で2000円くらい。

 

手術はいくらかかりますか?

手術でおしっこの出が悪い体質は変わってますか?

 

男性の例を挙げたのは、皆さんも教訓を得てほしいからです。

 

被害者は一人だけで十分教訓になります。

 

同じ道を歩まないで。

世の中には後悔さえすれば、やり直せるのはたくさんあります。

 

しかし、人間の臓器摘出手術だけはダメ。

一旦とったら二度と戻れません。

 

(おわり)