「永遠に治らない」と言われた逆流性食道炎、背中と首肩の痛みが良くなった例(2019-02-20更新)

こんにちは。李哲です。

今日は足つぼ整体の治療例。

逆流性食道炎は食事を変えて、正しい治療法を受ければすぐ治ります。

 

治ったあとは、続けて施術する必要もありません。

なぜなら、体内環境が完全に治ったからです。

 

 

「永遠に治らない」と言われた逆流性食道炎

一人の男性。

去年の4月に、逆流性食道炎だと診断されたそうです。

 

当時の詳しい自覚症状は、

  • 胸焼け
  • 胃の上あたりが痛い
  • 胸が苦しくなったり痛くなる
  • 動悸(心臓がドキドキする)

 

西洋医学の先生が言うのは、「あなたの胃は、上の弁膜が壊れているので、永遠に治らないでしょう。」

 

胃の上は噴門部です。

正常な人は、噴門部に蓋みたいなもの(弁膜)があって、食べ物と胃酸が逆流しません。

 

胃酸が多すぎて蓋が溶けると、隙間から胃酸が上がって、胸焼けとか心臓がドキドキしたりします。

 


 

西洋医学で言う逆流性食道炎は、今の日本人にとても多い病気です。

主な原因は、戦後からの食事文化が欧米風になったから。

 

当時の彼の主治医は、彼にアドバイスしたそうです。

「コーヒー.乳製品.サプリメントなど全部止めて下さい。それ以外に、刺激的な食べ物も控えて下さい。」

 

f:id:li-hari:20180529163523j:plain

逆流性食道炎を作り出すコーヒー

 

彼の主治医は、「なぜ胃酸が多すぎるか?」は知らないで、「ただストレスではないでしょうか?」と言ったそうです。

 


 

胃酸過多症の原因は知らないけど、上のアドバイスはとても良かったです。

少なくて彼の病気は止まったまま、進行はしてない。

 

この主治医は、とても良心的で優秀な方だと思います。

治療はできなかったけど、患者さんに有利なアドバイスができたから。

 

でも、噴門部の蓋が壊れたから、「永遠に治らないでしょう~」と言ったのは、訂正させていただきたい。

 

治らないと言うのは、西洋医学だからです。

中医学では、胃酸が逆流しないようにもできるし、壊れた蓋を修復するのもできます。

 

ただし、足ツボ.整体は、胃酸が逆流するのを治せるけど、壊れた蓋を再生するときは漢方薬がないとダメ。

 

逆流性食道炎の原因はコーヒー、人工甘味料が入った甘い物

なぜ胃酸過多症になったか?

これは彼の食べ物.飲み物と関係してます。

 

胃がおかしくなったのは、

彼が海外で長年生活した時からでした。

 

彼は当時何も知らないで、甘いもの.コーヒー.乳製品などバンバン食べたそうです。特にコーヒーをかなり飲んでいました。

 

f:id:li-hari:20190220200258j:plain

 

体調不良になってからはいろいろ気づいて、食事を全部和食に変えたら、体調が良くなったそうです。(完璧ではないですが)それだけではなくて、体重も10kgくらい減りました。

 


 

洋食を止めて、和食にするだけでダイエットできる。

これは日本人と欧米人の体型を見れば分かるでしょう。

 

逆流性食道炎は、主に食事からくる病気です。

コーヒーと白砂糖.人工甘味料が入った甘いものが、大きな原因です。

 

コーヒーと人工的な甘いものさえ止めれば、病気は軽くなる。

 

もちろん、最初から食べなければ、逆流性食道炎にもなりにくいです。

 

足つぼ整体で身体が暖かくなり、背中の痛み・首の痛みも治った

最初の足ツボ.整体、彼は痛すぎて死ぬほど暴れてました。

しかし施術が終わったら、「体の芯からすごく暖かくなった。体が軽い感じ。」だと言ってました。

 

前回の記事で書き忘れたのがありますが、彼は背中痛と首肩痛がありました。

 

背中痛はちょうど胃の後ろあたり。

ここはツボの名前で言うと、「脾兪」 (ひゆ).「胃兪」 (いゆ)。

 

胃に大きなトラブルがあるから、背中の胃のツボまで痛くなるわけです。

 

首肩痛も胃の調子と関係してます。

特に首の側面の頑固な痛み。

 

 足つぼ・中国整体で生理痛.冷え性.不妊症.胃痛.頭痛.首こり.肩こり.腰痛.ヘルニア解消!   表参道駅4分!

 

簡単な理屈ですが、胃酸が逆流して喉まで来ると、周りの組織が火傷でダメになり、筋肉など固まるので痛くなる。胃酸が逆流しなければ、首肩痛もだいぶなくなります。

 


 

以上の彼の自覚症状から分かりますが、体調が良くなった時は次の3点から分かります。

 

  1. 首肩痛が減る
  2. 背中痛が減る
  3. 胃腸の調子がよくなり、胃酸が逆流する高さが減る
    例えば喉の方⇒⇒胸⇒⇒胃に下がる

 

足ツボ.整体を受けなから、彼の胃腸は徐々に安定しました。背中痛と首肩痛も消えるのがわりと早かったです。

 

しかし、幽門部の蓋が壊れているから体調が不安定でした。良くなったり悪くなったり。

足ツボ.整体を続けて半年以上経ったある日、彼から聞いたのが「最近、喉が痛くてご飯のところか、水すら飲み込めないです。」

 

f:id:li-hari:20190109135646j:plain


これは危ない症状です。

早めに治さないと、大変な事(食道がん.胃がん.すい臓がん)になるので、漢方薬なども併用することをすすめました。

 

食道がんなど大変なのは、がん細胞ではなくて、水とご飯が喉を通れなくて飢え死になること。


2~3回の漢方薬と足ツボ.整体で、この症状は消えました。

 

逆流性食道炎が「永遠に治らない」と言うのは西洋医学、中医学は解決策がある

今月まで彼が通ったのは1年くらい。

2週間に1回、たまには3~4週間に1回。

 

途中で良くなったり悪くなったり、いろいろ状況が変わったけど、今のところは安定しています。まだ完全に治ったとは言えませんが、最初に来た時と比べたら、だいぶ良くなりました。

 

胃の後ろあたりの背中痛.首肩痛もほとんど消えてる。

もちろん、胃酸が逆流するのも消えている。

仰向けになっても、胃酸が喉まで流れる感じはなくなっています。

 

最初に一生治らないと言った先生、きっと後悔するでしょう。

 

しかし、その先生の話は正しい。

なぜなら、西洋医学の先生だから。

 


 

西洋医学の治療では確かに治らない。

なぜ胃酸過多症になったかも分からない医学だから。

 

しかし、中医学だと結果が違います。

あなたの胃、幽門部の蓋が壊れても大丈夫。

足ツボ.整体以外に、漢方薬などで治せます。

 

食べ物で病気が治ったかが判断できる

彼の治療で、もう一つ面白い判断基準があります。

彼は中華料理の酢豚.餃子が大好きだそうです。

 

しかし、逆流性食道炎になってからは、大好物とは縁が無し。特に酢豚なんかは、お酢が入っているから、食べるともっと辛くなる。これも自然に治って、今は酢豚など普通に食べられます。

 

f:id:li-hari:20190109135220j:plain

美味しいだけではない、病状の診断にもなる酢豚。

 

もしある日、彼が「酢豚が食べられなくなりました。」と言ったら、私はすぐ分かります。彼の胃がダメであること。

 

胃カメラなど、侵入性の検査は一切しない。

患者さんの自覚症状で、体内の状況を判断する。

中医学がこんなものです。

 

臨床で残念な例:コーヒーを止めない男性

彼の自覚症状と似てる、もう一人の男性がいました。

同じ逆流性食道炎で、朝は食欲が全然出ない.夕方には気持ち悪くて吐きっぱなし。そして、喉の右側の筋が痛い。

 

痛い場所を指で示してもらったら、胃の経絡。

(最後の図面に赤い線で、場所を示している)

 

胃酸が逆流して、喉の所まで来てるから、喉周りの筋が痛いわけです。

 

彼の話を聞いたら、びっくりというか笑うしかなかったです。 

コーヒーを一日1リットル飲んでいる。コーヒーがお水の代わりになっているそうです。

 

「コーヒーを止めないと、良くなりません!」と言ったけど、止める意志がなかったですね…

 

この男性の治療は1回で終わりました。2回目は来てません。コーヒーがそこまで悪いと思ってないからでしょう。


最近のテレビに、コーヒーで脂肪を燃やしやすいなどの訳わからんCMがあったけど、気を付けて下さい。

 

百歩譲って、例え脂肪を燃やしやすくても、次にあなたを待っているのは、逆流性食道炎⇒⇒食道がん.胃がん.すい臓がん。

 

(おわり)