乳がんステージ2、白血病、小児麻痺の中医学治療(2019-02-14更新)

こんにちは。李哲です。

今日は倪海厦(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文です。


中国語本文のリンク先は、

故事篇專講案例給大家聽(漢唐中醫倪海廈撰寫)

 

 

西洋医学の脅迫から逃れ、やっと笑顔になった乳がん患者

01/12/2006。晴れ。

先週台湾から戻ってきて、患者さんが多すぎて日記を書く時間がなかったです。

 

今日、最近の良い治療例を補充します。

 

乳がんステージ2の患者さん。

彼女の初診は08/02/05。

今日まで5ヶ月くらい漢方薬を飲みました。

 

先週の1月6日に触診してみたら、石みたいに硬いしこりはだいぶ柔らかくなって、小さくなりました。

 

漢方薬を飲み始めた最初の1ヶ月。

彼女の気持ちはドン底に落ちてました。

私が2ヶ月かけて、やっと彼女を説得したのです。

 

私は彼女に話しました。

「もしこのまま悲しむと、あなたは必ず死ぬ。絶対に生きるチャンスはない!」

 

彼女は西洋医学に洗脳されたのがひどかったです。

だから、3年前に乳がんになった時、彼女は手術を受けました。しかし、3年後また乳がんが再発している。

 

彼女は乳房全摘出術を受けたくないから、私の診療所にきたのです。 

漢方薬治療を受ける間に、彼女は病院から脅迫の手紙を何度ももらいました。

「手術を受けないと、あなたの余命は1年!」

 


 

余命宣告の話、私はたくさん聞いています。

私はボロクソ言って、彼女を帰らせてました。

 

この良心がない西洋医学の先生、私は聞いてみたいです。

患者さんが手術、抗癌剤治療を受けると必ず死にます。

患者さんが乳がんで死んだのか、抗癌剤で死んだのか、先生は分かっているでしょう?

 

結果を分かっているのに、なぜすすめますか?

 

彼女を説得する2ヶ月。

私は「毎日面白い番組を見てください!最低3時間は大笑いして!」と教えました。

 

f:id:li-hari:20180615165705j:plain

 

先週来た時、彼女は微笑みながら診療所に入ったのです。

 

これなら必ず治る。

彼女は喜んでいるから。

これは癌を治す鉄則です。

 

癌の患者さんが私の話が理解できたら、癌で死ぬことはないでしょう。

 


 

西洋医学の出発点は、患者さんを脅かすこと。

だからあなたが健康診断に行った時、彼らは一つでも異常な値を見つけてあげます。

 

もしあなたが西洋薬で身体をコントロールしようとすると、あなたは帰れない道を行く。

 

毎日心配ばかりで、クオリティーがない生活を送り始める。 

毎日必要がない数値を測って、毎日数値の為に生きてます。

周りの美しいものは、一切目に見えなくなり、毎日血圧・血糖値を測るだけ。

 

私たちが朝の霧を見てる時、あなたは部屋で血糖値と血圧を測っている。

私たちが読書を楽しむ時、あなたは鬱憤でなぜ自分の血圧が高いか、血糖値が高いかと文句をいう。

 

私たちが自然いっぱいの所にいる時、あなたは病院の隣に引っ越ししようとしてる。

 

たくさんの人は毎年健康診断を受けて、血圧.血糖値など分かるから、早めに西洋薬を飲んで良かったと思い込んでいます。

 

あなたは知らないでしょう。

西洋薬こそ心臓病.脳卒中を引き起こす本当の原因である。

高血糖症と高血圧症は、致命的ではありません。

 

あなたが毎日必要がない西洋薬を飲んで、毎日怖がっていたら、誰でも持っているがん細胞は徐々に大きくなり、ある日西洋医学の検査に引っかかります。

 

そうすると、あなたはもっと怖がる。

癌になったことを知ったから。

もう死ぬしかないと思って、更に不安で夜も眠れなくなり、体力を消耗します。

 

毎日病院に行って、がん細胞が大きくなっているかを知りたがる。

24時間、このがん細胞から集中力が離れない。

 


 

この際、あなたは一つの事を忘れています。

なぜ自分が癌になったか?

 

癌だと診断した西洋医学の先生も、なぜ癌になっったか分かりません。彼らはただ単にがんの怖さを言うだけ。

 

あなたは更に緊張して手が震えながら、「なぜ自分が癌になったか?」と愚痴を言う。

 

あなたは知らないでしょう。

最初からの健康診断が、将来の癌を作り出しています。

 

あなたは、最初から罠にかかっている。

 

f:id:li-hari:20181228003706j:plain

白血病の手前の患者、鼻炎がひどい

もう一人の男性、32歳。鼻炎がとにかく酷い。顔の真ん中、印堂付近.口の周りには、赤くて乾燥し、破裂した皮膚があります。


ほかの症状は、

  • 夢が多い
  • 過食症
  • 喉がとても渇く
  • 両足は氷みたいに冷たい
  • とても汗がき
  • いつもだるい
  • 便秘になったり下痢になったりする

 彼は西洋医学の先生にたくさん診てもらったけど、何が問題なのか、誰も分からないそうです。

 
 彼の脈診をしたら、寸が小さくて尺が大きい、そして強く押すと無くなる。
これは上熱下寒の症状です。
彼の督脈(脊椎)を押したら、第六番の胸椎下が痛がってました。 
 
これは白血病に近い症状です。 
 
たくさんの患者さんは、第六番の胸椎下が痛くがります。
でも、皆さん覚えて下さい。 
 
ともに両足は氷みたいに冷たい。不眠症。便秘になったり下痢になったりする。このような症状が出た時こそ、白血病だと判断するのです。

私は彼に教えました。
「あなたの精子を作ったあとの老廃物が、ひげとして出て行ってない。
心臓が弱くて、精子の老廃物が逆流して督脈に入ってるから、白血病になっています。
 
だから、いつも心臓が詰まったように苦しくなるし、たまに心臓がバクバクする。
何かが心臓を攻撃してるような感じがします。」
 
 私の話を聞いて、彼は頷きながら話してました。 
 
彼の処方箋には、石膏と制附子を同時に入れました。
石膏は250g、制附子は25g。

f:id:li-hari:20180507174840j:plain

石膏(せっこう)の画像

とても熱い生薬と冷たい生薬を併用してるので、冷たくしてから飲むように教えました。これで、上熱下寒の症状が一気になくなります。 
 
一人の医師として、弁証が正確じゃないとダメです。
 病気の原因が分かった上に、処方箋も正確で有力。
こうなると治療は難しくないのです。
 
 西洋医学は今でも病気の原因が分かってません。
だから、予防もできない。
だから、害しかない.慰める作用しかないワクチンを作っている。
 
 彼の例は、白血病の初期症状です。
ほかの西洋医学の治療が入ってないから、治療もとても簡単。 
 

超能力者の旦那さん、小児麻痺の病院から逃げて生還

二人の夫婦。

夫婦とも12歳の時、小児麻痺になりました。

夫婦とも事前に小児麻痺ワクチンを接種したけど、小児麻痺になったのです。

 

 旦那さんは隔離病院から2回も逃げたそうです。

なぜなら、一緒に入院した子供たちが小児麻痺を治す薬を飲んで、下半身麻痺になったのを見たからです。 

 

1回目はお父さんに捕まえられて、病院に運ばれたそうです。

2回目逃げた時、彼はお父さんに話しました。

「死んでもあの病院には行かない!」

 

2週間後、彼は自力で小児麻痺が完治しました。

大人になった今、小児麻痺の後遺症は一切ない。

 

彼が言うのは、もし続けてあの病院で治療したら、永遠の下半身麻痺になる。

彼は、「天眼通」があります。

金髪碧眼のアメリカ人だけど、言ってるのは中国人しか分からない伝統的なもの。


なぜ彼は中国通か不思議です。

あまり話すと、宗教っぽくなると言われるのでここでやめます。

彼の例を話したのは、皆さんに伝えたい言葉があるからです。

 

小児麻痺ワクチンは打たないで。

ワクチンでは予防ができません。

予防のところか、その副作用が白血病.悪性脳腫瘍。 

 

すでにたくさんの子供が、ワクチンの副作用で死んでいます。 

 

f:id:li-hari:20180426010645j:plain

 

もしある日、あなたが西洋医学の診断で「小児麻痺」だと言われた時、絶対に西洋医学の治療をしないで。治療したら副作用で下半身麻痺になるから。


病院から逃げ出してください。

逃げたあと、

第一.あなたは自力で治ります。

第二.中医学の先生に診てもらう。すぐ改善できます。

 

余計な心配はしないで。

あなたが怖がると、西洋医学の脅かしですぐ罠にかかるから。