【翻訳文】乳がん.白血病.小児麻痺の中医学治療(1)(2018-02-17修正)

こんにちは。李哲です。

今日は倪海厦(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文です。

 

本文が長いので、3回に分けて載せます。


中国語本文のリンク先は、

http://www.hantang.com/chinese/ch_Articles/01-12-06.htm

翻訳文:

01/12/2006。

晴れ。

 

先週台湾から戻ってきて、患者さんが多すぎて日記を書く時間がなかったです。

 

今日、最近の良い治療例を補充します。

 

乳がんステージ第二期の患者さん。

彼女の初診は08/02/05。

 

今日まで5ヶ月くらい漢方薬を飲みました。

 

先週の1月6日に触診してみたら、石みたいに硬いしこりはだいぶ柔らかくなって小さくなりました。

 

漢方薬を飲み始めた最初の1ヶ月。

彼女の気持ちはドン底に落ちてました。

 

私が2ヶ月かけて、やっと彼女を説得したのです。

 

私は彼女に話しました。

もしこのまま悲しむと、貴方は必ず死ぬ。絶対に生きるチャンスはない。

 

彼女は西洋医学に洗脳されたのがひどかったです。

だから、3年前に乳がんになった時、彼女は手術を受けました。しかし、3年後またしこりができている。

 

彼女は乳房全摘出術を受けたくないから、私の診療所にきたのです。

 

漢方薬治療を受ける間に、彼女は病院から脅迫の手紙を何度ももらいました。手術を受けないと、貴方の余命は1年。

 

このような話、私はたくさん聞いてます。

もちろん、私はボロクソ言って、彼女を帰らせてます。

 

この良心がない西洋医学の先生、私は聞いてみたいです。

 

患者さんが手術を受けて、抗癌剤治療を受けると、必ず死にます。

 

患者さんが乳がんで死んだのか、抗癌剤で死んだのか、先生は分かっているでしょう?

 

結果を分かっていながらも、なぜ薦めますか?

 

彼女を説得する2ヶ月。

私は毎日面白い番組を見てください!最低3時間は大笑いして!と話しました。

 

f:id:li-hari:20180615165705j:plain

 

先週来た時、彼女は微笑みながら診療所に入ったのです。

 

これなら必ず治る。

彼女は喜んでいるから。

 

これは癌を治す鉄則です。

 

癌の患者さんが私の話が理解できたら、癌で死ぬことはないでしょう。

 

西洋医学の出発点は、患者さんを脅かすこと。

 

だから貴方が健康診断に行った時、彼らは一個でも異常な値を見つけてあげます。

 

もし貴方が西洋薬で身体をコントロールしようとすると、貴方は帰れぬ道を走る。

毎日心配ばかりで、クオリティーがない生活を送り始める。

 

毎日、必要がない数値を測って、毎日数値の為に生きてます。

 

周りで起きている美しいものは、一切目に見えなくなる。

毎日血圧などを測るだけ。

 

私達が朝の霧を見てる時、貴方は部屋で血糖値と血圧を測っている。

 

私達が読書を楽しむ時、貴方は鬱憤でなぜ自分の血圧が高いか、血糖値が高いかと文句をいう。

 

私達が静かな自然いっぱいの所にいる時、貴方は病院の隣に引っ越ししようとしてる。

 

貴方みたいなバカはたくさんいる。

これが致命的な原因である。

 

たくさんの人は知らず、むしろ喜んでいます。毎年健康診断を受けて、血圧.血糖値など分かって早めに西洋薬を飲んで良かったと思い込んでいる。

 

しかし、貴方は知らないでしょう。

 

西洋薬こそ心臓病.脳卒中を引き起こす本当の原因である。

 

高血糖症と高血圧症は、致命的ではありません。

 

貴方が毎日必要がない西洋薬を飲んで、毎日怖がっていたら、誰でも持っているがん細胞は徐々に大きくなり、ある日西洋医学の検査に引っかかります。

 

そうすると、貴方はもっと怖がる。

癌になったことを知ったから。

 

もう死ぬしかないと思っているから、更に不安で夜も眠れなくなり、体力を消耗している。

 

毎日病院に行って、がん細胞が大きくなっているかを知りたがる。

 

24時間このがん細胞から集中力が離れない。

 

この際、貴方は一つの事を忘れています。

なぜ癌になったか?

 

癌だと診断した西洋医学の先生も、なぜ癌になっったか分かりません。

 

彼らはただ単にがんの怖さを言うだけ。

 

貴方は更に緊張して、手が震えてきて、心臓がバクバクして、なぜ自分が癌になったか?と愚痴を言う。

 

貴方は知らないでしょう。

最初から健康診断を信じていたのが、将来に癌になる因子です。

 

貴方は最初から罠にかかっている。

 

続き~

 

li-hari.hatenablog.com