肝硬変は病院の治療さえなければ、漢方薬で治る

【※本記事は2019-04-03更新しました】

 

こんばんは。李哲です。

今日は倪海厦(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文。

肝硬変の腹水症、吐血。高血圧症。不整脈。糖尿病などの中医学治療です。

 

冒頭に私の拙い説明がありますが、参考になれば幸いです。


翻訳文に書いてる病院のスーパー細菌は、院内感染の事です。

院内感染は簡単に言うと、抗生物質の使いすぎて、耐性菌が出来て抗生物質が効かなくなること。

 

抗生物質で患者さんの免疫力は滅びる状態になり、ちょっとした細菌の感染でも命を落とします。西洋薬の攻撃で更に進化したウィルス.細菌に感染されたら、なおさら危ないわけ。

 

よくテレビで「肺炎」で亡くなった有名人を見ますが、だいたいこのようなパタンです。

 

美名では「院内感染」。

俗に言うと、西洋薬に殺された。

 

以下からは翻訳文。

 

吐血して肝硬変だと診断され、病院で「もう治せません」と言われた患者

02/08/2006。

晴れ、寒い。

60歳男性、主訴は10日前に家で急に吐血して、救急車で運ばれて病院に行ったら、肝硬変だと診断されたそうです。

 

当時、救急治療と検査をしてる時に使った西洋薬の副作用で、その日に腹水症になり、入院1週間で腹水症はだいぶ減りました。

 

西洋医学の先生は検査をして、肝臓がんではないことを確認。

彼のは肝硬変で肝臓がすでに退化し、もう治らないと認めたそうです。

 

唯一の方法は、肝臓移植手術。

手術しないと余命2ヶ月。

アメリカの西洋医学の先生は、真面目に「肝硬変の原因が分からない」と言ったそうです。

 

患者に本当の話をしないで、屠殺している台湾の医療現場

 

アメリカの先生は、少なくとも台湾の先生より正直。

西洋医学の先生が正直な話をすると、患者さんに有利だけではなく、中医学の治療にも有利です。

 

患者さんは一心不乱で中医学の治療を受けるから。

しかし、台湾の西洋医学の先生は正直な話をしない。

 

患者さんが中医学の治療に駆け込んで死んだら、患者さんは中医学の過失だと言います。病気で死んだとは言いません。

 

西洋医学の治療で死んだらそれは正常。

病気だから、本人の運命だから仕方ないと言います。

 

台湾西洋医学の先生の悪質な態度で、どれだけ死ななくても良い患者さんが死んだか知りません。

 

「中医学の治療を受けなさい!」と紹介した先生すら、後ろで悪口言われる。

 

台湾は本当に「屠殺場」です。

西洋医学の先生は、自分の名誉と利益しか考えない。

患者さんとその家族を騙して、患者さんが死ぬかどうかは考えてない。

 

アメリカの西洋医学の先生と比べたら、本当に月とスッポン。

 

読者の皆さん、知り合いの西洋医学の先生に聞いてみてください。

「肝硬変は治せますか?」

 

もしその先生が、「肝硬変は治る!」と答えたら、嘘をついてる。 

アメリカの西洋医学の先生すら、治せないと言ってます。

その先生の治せる根拠は、どこから来たでしょう?

 

台湾の西洋医学の先生は治せないのを知っているけど、患者さんに生きる道を与えようとしない。彼らはいつでも中医学の悪口を言って、いじめようとしてる。

 

中医学の治療で肝硬変が良くなっても、彼らは認めない。

f:id:li-hari:20180320061940j:plain


肝硬変の原因は、40年前の事故で胆のう全摘出術

 

私はこの男性と話して、最初はなぜ肝硬変になったか把握できなかったです。

患者さんがあるのは、長期的の不整脈、最近両足が少しむくむだけ

患者さんは、西洋薬もビタミン剤も飲まないそうです。

 

私が検査をしてる時に、隣の奥さんが「因果関係があるかも知れないけど…」と昔の事を話しました。

 

奥さんが話したのが、ちょうど彼の肝硬変の原因です。

40年前、彼は車事故で胆嚢が破裂し、胆嚢の全摘手術をしたそうです。

 

私の臨床経験から見ると、胆嚢の全摘手術をしてだいたい15年後、肝臓結石になります。肝臓結石の痛みは、胆嚢結石症より遥かに強烈。

 

この患者さんは肝臓結石にはなってない。

しかし40年後の今日、胆液がずっと胆管に溜まり、肝臓の負担が過酷になって、ある日急性の肝硬変になったのです。

 

だから、西洋医学の先生は肝臓のがん細胞を見つけてない。

肝硬変の原因も分かってないのです。

 

病院の治療さえなければ、漢方薬で肝硬変は治せる

この患者さんの症状は、

  • 不眠症
  • 食欲はない
  • 便通は不規則
  • 脈診では無気力
  • 両手と両足は氷みたいに冷たい
  • 両手と顔色が真っ白、これは貧血症からくるもの

 

これは肝臓の陰実の症状です。

昔の医聖:張仲景が話したのは、「陰実者死」

その意味は、このような病気は死ぬしかない。

 

私は臨床で、このような患者さんをたくさん見てきました。

西洋医学の治療さえ受けなければ、治す余裕があります。

 

私のベーシストも同じ病気になりました。

もう5年も経っているけど、彼は生きている。

今でも彼は熱心にBASSを引いてます。

 

f:id:li-hari:20181220144929j:plain

 

5年前、私が彼を治して、現在も楽しく生活しているのです。

幸いなのは彼はプエルトリコの人。

この国は、昔から中医学を信じている。

だから、治療はとても順調でした。

 

たくさんの時間をかけて、中医学の良い所を説明する必要もなかったです。

 

読者の皆さん。

一つ気を付けてください。

もしあなたの胆嚢がなくなったら、将来的に肝臓結石と肝硬変になる可能性が高いです。

 

でも、怖がらないでください。

良い中医学の先生だと治せるから。

 

漢方を飲みながら西洋薬も飲む。

暇さえあれば、病気の検査に行く。これは絶対ダメです。

 

西洋医学の検査では、造影剤(ぞうげいざい)DIEだけでも、あなたは命を落とします。

 

全世界で一番汚い所が病院です。

 

あなたは検査をしたいだけ。しかし、病院のスーパー細菌に感染され、更に造影剤(ぞうげいざい)が体内に詰まって排出できなかった場合、あなたはもう死ぬしかない。

 

大量の西洋薬でも血糖値が下がらない患者

二人目の例は、今日起きました。

02/09/2006、晴、寒風。

 

女性、64歳。

血圧降下薬を40年、血糖値を下げる薬を20年飲んでました。

 

彼女は10/24/2004に来たことあります。

漢方があまりまずくて、治療を止めたのです。

 

最近は西洋薬でも血糖値が下がらなくなりました。

彼女は40unit(日本のネットで調べたのは、一般的の量は15unit)のインスリン注射をしてるのに、血糖値は下がらない。仕方なくてこちらに来ました。

 

本当に愚か者だとしか言えない。

 

中医学を信じない人には、私も良い顔しない

彼女が検査に来た時、ご主人が付き添いで来ました。

このご主人は、私にとんでもないアホな質問をしてました。

「漢方薬は何ヶ月くらい飲めば、効き目が分かりますか?」

 

私は答えました。

「19年364日!西洋薬より1日短い!」

 

このような患者さんは、心の底から中医学を信じてない。

どうしようもないから治療に来てます。

 

西洋薬を一生飲むのは当たり前だと思う。

疑いなし文句もなしで一つは40年、一つは20年飲み続けた。

しかし、漢方薬を飲み始める前に、このような質問をするのです。

 

彼らは先天的に中医学に対して差別してる。

彼らに対して、私も良い顔はしません。

 

私は受付係に話しました。

「もし漢方を飲んで、血糖値が相変わらず高い!と文句が来たら、じゃ~漢方を止めて、続けて西洋薬を飲んでください。と答えて!」

 

患者さんは西洋薬で死んでも文句がない。

しかし、漢方薬で死んだら漢方薬のせいにしている。

 

だから、私はこのような患者さんに遠慮しません。

 

f:id:li-hari:20180531171033j:plain


治療すればするほど、病気が増える西洋医学

私は検査してから、彼女に話しました。

「あなたの腎臓は今とても弱い。

原因は高血糖症ではなくて、西洋薬です。

血糖値を下げる薬とインスリン注射こそ、本当の原因です。

 

あなたは長い間西洋薬を飲んできて、体内はボロボロになっています。

治すのには、相当時間がかかると思います。

本来の糖尿病と高血圧症を治す以外に、我々はたくさんの時間をかけて、西洋薬の毒素を治さないといけません。」

 

これが火に油を注ぐ西洋医学の治療です。

治療すればするほど、病気が増える。

 

高血圧症と糖尿病、西洋医学の治療で治った話、私は今まで聞いたこともありません!

 

すべての病気は、原因さえ分かれば治すのは簡単です。

 

しかし、西洋薬を長い間飲んできた患者さんは、治すのにとても時間がかかる。