ぎっくり腰.首肩が痛い.坐骨神経痛が良くなった例(その3)(2018-03-07修正)

こんにちは。

李哲です。

 

最近、中医学の勉強などで更新が遅れてます。なるべく更新を急ぎますので、記事が皆さんの参考なれば幸いです。

 

今日は続きの記事です。

 

1か月後、彼女は施術に来た時、間の変化を教えてくれました。

 

首.腰の痛みはもうない。安定してる感じ。凝っている感じはまだあるけど。

 

今は普通に自転車に乗れる。

前みたいに首が曲がらないことはなくなった。

 

前回来た時、膀胱炎みたいになって、小便のあともやもやする感じがあったけど、施術後すごいスッキリした。

 

今までは昼ご飯たくさん食べると、お腹が重くなったり胃が痛くなるのが多かった。でも、前回の施術後の2週間はとても調子が良い。

 

ただし、3週目に入ると調子が少しずつ悪くなり、4週間目になるとギリギリ。

 

体力は前よりだいぶ増えた。

 

最近、背中.腰が張っている感じだけど、今日の施術後にはだいぶ楽になった。

 

そして、両足は帰りにとても軽い感じ。

 

彼女の西洋医学で言う「膀胱炎」。

よくある自覚症状は、尿が我慢出来ない。排尿痛が痛い。

 

中医学で言うと、冷え(寒気)若しくは湿熱が考えられます。

 

湿熱はあまり歩かない人に多い。

臨床ではこのような患者さんが少ない。

 

最も多いのは彼女みたいな、下腹部の冷え(寒気)が原因の膀胱炎です。

 

尿が我慢出来ない以外に、ひどい腰痛の症状が多い。

 

冷えた原因は、長年の不適切な食事、西洋薬(鎮痛剤.抗生物質)、栄養補給になると宣伝してる色んなサプリメントなど。

 

冷え症対策として、ホッカイロを使う方が多いのを見てきました。

 

ホッカイロも良いですが、私はお灸をすすめます。

 

何故かというと、ホッカイロは体内を温めることができない。

 

お灸は体内から温めます。

ポカポカします。

 

そして、副作用がない。

まさか、お灸の副作用を調べる人はいないでしょう?

 

2ヶ月後、教えてくれたのは以下の様でした。

 

先週、ぎっくり腰になり仕事を休んだ。

この事故以外、首から腰までの調子はとても良かった。

 

今日、こちらに来た時、歩くのがまだ不自然だったけど、足ツボが終わる頃には腰が暖かくなり、痛みもましになりました。

 

整体が終わる頃には寝返りも楽になり、帰りには前屈運動をしてみて、こんなに曲がるんだ!と喜んでました。

 

彼女は車酔いがあるけど、何か良い方法はないか?と聞いてました。

 

これは何の難しい事ありますか?

 

「内関穴」(ビデオ説明がある) をじっと押せば、吐き気などが収まります。

 

車酔いの原因は簡単に説明すると、胃腸が弱くて胃.横隔膜の辺りに水が溜まっているからです。

 

解決方法は胃腸を強化して、周りの水をなくせば良いだけ。

 

西洋医学は血液検査はするけど、体内で最も多い「水分」の検査はない。

 

だから、車酔いの原因が分からないし、根本からも治せません。

 

車酔いは漢方薬.鍼灸.足ツボ.整体などで治せます。治療法によって、かかる時間も異なりますが。

 

彼女は胃腸が弱いから、食後にお腹が重くなったり、胃が痛くなるのが多かったです。

 

足ツボ.整体を続ければ、胃腸が強化されて、乗り物酔いも自然に消えます。

 

自然療法は全体的に治してるから、一石二鳥の効果がある。

 

「標準医療」の西洋薬も、一石二鳥の効果がありますね。

 

一種類の薬を飲めば、副作用で新しい病気が最低1つは増えるからね。

 

~続き~

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com