腰痛・関節リウマチ・花粉症・飛蚊症の改善された例(1)(2018-03-06修正)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180419/20180419105445.jpg

こんにちは。李哲です。

今日は、一人の女性の例。

 

60代。

息子さんの紹介で来ました。

 

主な自覚症状は、

腰痛症。

今年の3月から手首と肩関節まで痛くなっている。

花粉症と飛蚊症がひどい。

 

花粉症は、アレグラFXを飲んでるけど治ってはない。出かける時は、いつもマスクをしてる。

 

普段から白砂糖は取らないようにしてる。

コーヒーは本治療院に来る前から止めたそうです。

 

唯一に食べてるのは、お酒を飲むときのチーズくらいかな。

 

彼女の腰痛症などは、運動不足とあるし、乳製品の影響もあるし、白砂糖.コーヒーなど体内を冷やす食品の影響もあります。

 

あと、いわゆる花粉症を治す化学薬品。花粉症が治るところか、体内の冷えがひどくなり、水が関節の間に溜まるから関節痛になりやすくなる。

 

治すためには、以上の食品.西洋薬から変えないといけません。

 

手首と肩関節の痛みは、リウマチではないか?と彼女は心配してました。

「病院に行って検査した方がいいですか?」と聞かれました。

 

私の答えは:

要らない。

どうせリウマチだと診断されても、治す西洋薬はないし。

 

飛蚊症は西洋医学の病名です。

中医学の理論では、肝臓がやられた時に起きると言います。

 

肝臓がやられるのは、西洋薬が主な原因である。

特に鎮痛剤。

 

あとは、過労。見過ぎ(スマホ.パソコン.テレビなど)。夜更かし…など。(年を取って五臓六腑が弱くなるのは、当たり前の話なので省略。)

 

彼女の場合は少し違う。

ほぼお酒を毎日飲んでいるのが、肝臓にダメージが大きいと思いました。

 

少しでも肝臓の負担を減らす為に、休肝日を作ってくださいと言いました。

 

もちろん、完全に止めさせてはないです。彼女の唯一の楽しみだと言うから。

急に全部止めさせると、逆にストレスで病気になる。

 

以下は施術に関する内容です。

 

1回目の施術を受ける最中、足裏が痛すぎて腰痛は忘れた!と叫んでました。

 

1週間後、彼女の報告は以下のとおり。

 

飛蚊症は不安定だけど、確実には良くなっている。

 

左目は5匹くらい蚊が飛んでいたのが、今は1匹。

右目も前よりは減ったけど、まだ20匹くらい飛んでいる。

手首と肩関節痛はだいぶ良くなった。

すぐ治ったので、おそらく本当のリウマチではないと思います。

 

2回目の施術が終わったら、前屈姿勢がもっと伸びました。

1回目の足つぼ後に、三陰交穴あたりに痛みが残っていて、今日押したらものすごく痛かった。

 

4回目に来た時の報告は、以下のとおり。

 

飛蚊症が3分の1くらいまで減った。

 

腰痛はまだ分からない。

以前はゴルフしてる時に痛かった、最近はゴルフしてないから分からない。

 

食事を変えてから、花粉症はかなり楽。

 

毎週か2週間に1回の足つぼ.整体で、10回くらい受けてから蚊はほとんど見えなくなりました。

 

特に足つぼの直後は、蚊は1匹も見えない。


(足つぼ.整体を3回受けた後は、ずっと足つぼのみになりました。)

 

通院中、腰も安定して痛みは再発してない。

リウマチみたいな関節痛もずっと出ていません。

 

施術10回くらいで、飛蚊症はほぼ完全に消えてました。

 

ただ、回数券があと3~4回くらい残っているので、回数券が切れるまで効果を強固する事を薦めました。

 

残りの3~4回受ける間に、飛蚊症が再発しなければ、もう来なくていいと話しました。

 

つまり、卒業。