腰痛・関節リウマチ・花粉症・飛蚊症の改善された例(2)(2018-03-06修正)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180419/20180419105445.jpg

こんにちは。李哲です。

続きの記事です。

 

現在、彼女はすでに卒業しています。

 

以上の治療例で、

皆さんに知って欲しいのがあります。

 

1.アレグラFXなどの西洋薬では、花粉症が治らない

 

むしろ、各種乳製品.各種人工的甘味料と白砂糖を使用した食べ物を止めたほうが効果絶大。

 

食事改善で花粉症が良くなってない人がいません。

 

2.夜更かしは肝臓にとても負担をかける。

 

夜中1時から3時の間は、肝臓の経絡が活発する時間帯です。

 

西洋医学でいう、いわゆる「解毒タイム」。

 

この時間に寝ないで、更にお酒を飲むのは、肝臓にダブルパンチ。

 

早死になります。

 

3.アルコールの大量摂取は、確実に肝臓がやられます。肝臓がんがその一つの結果。

 

お酒はほどほどなら良いけど、それができないのが問題です。

 

肝臓がやられた時によくある自覚症状は、目のすべての病気(視力低下.白内障.緑内障.眼球のけいれん.飛蚊症など)。筋がよくつる…など。

 

近視治療でレーシック手術を聞いてますが、リスクを十分理解した上に行った方がいいです。

 

目の組織は1回削ると、簡単に再生できないから。

 

後遺障害になってから、治療に来た場合は、手遅れかも知れません。

 

肝機能低下でいろいろ不調が起きた時、、自然療法は副作用もないし、効果が期待できます。

 

足つぼ.整体も良いけど、鍼灸ならより更に効果が出ます。

 

ちなみに、漢方薬で目の病気治療に有名なのは、杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)明目地黄丸(めいもくじおうがん) など。

 

詳しいのは近くの漢方薬局に相談してください。

 

肝機能低下に関して、過去記事を一つ貼りますので、読んでない方はどうぞご覧ください。

li-hari.hatenablog.com

 

最後に中国語バージョンの目の体操動画を貼ります。

 


中國眼保健操(眼睛一片明亮)

 

目の疲れ.近視.遠視.乱視治療に実用性があるので、興味がある方はどうぞ真似してやってください。