【翻訳文】乳ガンから肺がんに転移。肝臓がん。高血圧などの中医学治療(2018-03-05修正)

こんにちは。李哲です。

今日は倪海夏(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文です。

 

中国語本文のリンク先は、

http://www.hantang.com/chinese/ch_Articles/5-06-06.htm

 

翻訳文に共感できるのがありましたら、どうぞ感想を書いてください。

翻訳文

05/06/2006。

土曜日。

 

昨日、最後の患者さんはお母さんと娘さん。

 

お母さんは乳ガンから肺がんに転移した人。

 

お母さんは中医学と西洋医学の合併で、治してほしいと言ってました。

 

パッと見たら彼女が飲んでいる薬はたくさんありました。

 

腫瘍の薬。

肺がんの薬。

抗不安薬。

骨粗鬆症の薬。

 

たくさん飲んだのに乳ガンから肺がんに転移して、本人はパニック状態になっています。

 

私は彼女に聞いてみました。

「貴方はたくさんの薬を飲んでいるけど、結局転移してます。西洋薬はやめてくれますか?」

 

彼女はびっくりして、私に西洋薬の良さを説明しました。

 

私は彼女に聞いてみたのです。

「そんなに西洋薬を信じるなら、なんでまた抗不安薬を飲んでますか?私の漢方を飲んで、もし癌が転移したら貴方はきっと漢方のせいにして、西洋薬のせいにしないでしょう…」

 

私はまた聞いてみました。

「フォサマック(Forsamx)という西洋薬、表には骨の強化剤だけど、今は訴えられてニュースになっています。顔の顴骨が溶けて終身障害になるから。貴方はこのニュース知っていますか?」

 

彼女の答えはなんと!

「知っています。だから、定期的に顴骨が壊れていないか、歯医者さんに診てもらってます。」

 

彼女はこの薬のお陰で、骨の密度が少し上がっている事に満足してます。

 

私は心のなかから、彼女はもう救えないと思いました。

 

彼女の体は西洋薬に汚染されている。

それだけではなく、西洋医学に洗脳されている。

 

我々中医学治療で一番難しいのは、病気ではない。

患者さんの考え方だ。

 

このような患者さんは、我々はもう治せない。

 

彼女は骨の強化剤Forsamxが顴骨を壊す事を知っていながら、飲み続けようとしてる。

 

西洋医学を信じてるから。

 

私は彼女に正直に言うしかなかったです。

 

「治療できません。

貴方の西洋医学の先生が治療できない!と正式に公表して治療を放棄したら、来てください。

 

貴方はフォサマック(Forsamx)で顴骨の終身障害になることを知っていながらも飲んでいる。

 

貴方は貴方の主治医を神様だと思っているから。なんでも従っている。

貴方が今日来た時、すでにがん細胞はあちこちに転移してます。

 

これは抗癌剤が効かない事を証明してます。

しかも、抗癌剤は厳重な副作用がたくさんある。

 

なのに、貴方は飲んでいる。

 

貴方は心のなかでは西洋薬が効かない事を知っている。

しかし、貴方は薬が効いてると自分を騙し続けている。

貴方が効かない薬を飲み続けるのは、自分を慰める為。

 

私の話は間違ってないでしょう?

 

貴方にはっきり言いますが、このような西洋薬、私は信じません。

 

今まで西洋薬で良くなっているがん患者を見たこともない。

治療できないので、もう帰って下さい。」

 

そしたら彼女は慌てて、更にパニック状態になりました。

 

何故かと言うと、彼女は私の長寿村から来た住民。

長寿村の人たちはみんな私の名前を知っている。

そちらのたくさんのがん患者は、私の治療で良くなっています。

 

彼女は私の「治療できない!」を聞いた瞬間に、失神して倒れそうになりました。


私が話したは正直な内容。

しかし、正直な内容は衝撃的なものばかり。

 

今日、もう一人の患者さん。

前回、腹痛で来た人です。

 

今日、彼が来て話したのは、病院の生検組織検査をして肝臓がんだと診断されたそうです。

 

しかし、彼は西洋医学の治療を信じないから、「レザー治療をしなさい!」と言われたけど、こちらに来ました。

 

彼はずっと高血圧症で、漢方を飲んでから調子が良くなっています。裏で私がずっと彼の肝臓を治しているから。

 

彼は1992年にC型肝炎になってます。

なので、西洋医学の先生はC型肝炎で肝臓がんになったと判断したでしょう。

 

彼の肝臓に問題があるのは、私は最初から知ってます。

 

でも、私は肝臓がんだと言ってない。

患者さんは自分が癌だと知らない方が長生きするから。

 

だから、私はいつも大げさに言わないで、軽く言います。

患者さんの精神的負担がかからないように。

 

私はずっと健診を反対してます。

何故かと言うと、誰でもがん細胞を持っているから。

 

世の中の100歳を超えてなくなった方。

解剖してみれば、必ず西洋医学で言ういろんなガンがあります。肝臓がん.腎臓がん.すい臓がん.肺がんなど。

 

しかし、断定できるのは長寿者は癌で死んだのではなくて、年を取り過ぎて死んでます。

 

だから、私はずっと疑っています。

癌は本当に致命的なのか?

 

私が思ったのけど本当のことは、製薬会社が機械を作ってあらゆる方法でがん細胞を見つけたがる。

 

乾いた雑巾を絞って、水を1滴でも出そうとするのと同じ。アラ探しです。

 

がん患者は西洋医学の診断を聞いた時、すでに精神的に崩壊しています。

そして、判断する知恵もなくなり、間違った西洋医学も鵜呑みにして、西洋医学の過度治療で死んでいます。

 

逆に、長生きした人は、健診すら行きません。

自分ががんであることも知らない。

毎日楽しく生活できます。

 

これこそ長生きの本当の理由。

 

彼は今回、腸閉塞で腹痛があり、病院の検査を受けたついでに肝臓がんがあると言われました。

 

西洋医学の先生はみんな知っています。

肝臓は血を貯める臓器で、血管がとても多い。

 

中医学の理論では、「肝藏血」と言います。

 

肝臓には神経があまり入ってないので、肝臓がんの人は痛みがないのです。

 

彼は腹痛で行ったら、放射線検査と生検組織検査で肝臓がんだと言われてます。

 

放射線は癌になる一つの原因。

生検組織検査は肝臓の組織を痛める。

鎮痛剤の服用で更に肝臓を痛める。

 

彼の腹痛は、腸閉塞から来てます。肝臓の痛みではありません。

 

だから、彼は鎮痛剤飲んでも腹痛は消えないのです。

 

読者の皆さん、

病院に行って、ナンの役に立ったと思いますか?

 

もし貴方が検査に行かなかったら、自分が肝臓がんだと知らなかったら、貴方は気持ち余裕でいるはず。

 

肝臓がん。

本当に致命的なものですか?

 

病気を知ったとして、何が変わりますか?

病気を知ったから、体が良くなりますか?

病気を知ったから、生活が楽しくなりますか?

早期診断で西洋医学は治してくれると思いますか?

 

彼は検査をしたけど、今でも腹痛は治ってません!

 

先月、台湾大学医学院のスーパードクター。

患者さんを検査した後、自分を検査してみたら腫瘍がみつかり、慌てて知っている治療法を全部試しました。

 

そして、3ヶ月後には帰らぬ人。

当時46歳。

 

もし、その先生は検査をしてなかったら、今でも生きていると思います。いつものように仕事しながら。

 

絶対3ヶ月で死なない。

 

今日この患者さんは、私の治療効果を信じています。

 

しかし、彼の奥さんは病院の検査に脅かされて馬鹿になり、ずっと同じ質問をしていました。

 

なんで肝臓が痛いですか?

 

私はもううんざりでした。

 

彼の腹痛は肝臓がんからではなくて、腸閉塞から来てます。1週間も大便がないから、腹痛で検査を受けたらついでに肝臓がんがあると言われただけ。

 

彼を治すのは簡単です。

彼も私を信じているから。

 

厄介なのは彼の奥さん。

 

奥さんが毎日泣きながら生活したら、彼はどう生きていけば良いですか?

 

2番めの治療例は、無知な親族が診察結果を知って、無理やり治療に介入してるから結果がどうなるかは分かりません。

 

読者の皆さん、

以上の2つの例をみて考えてください。

 

診察結果を知ったほうが良いですか?

知らないほうが良いですか?

 

製薬会社はずっと新しい薬を開発してるけど、たくさんの西洋薬の副作用は癌を作ります。

 

製薬会社はまた病気の定義を低くして、皆さんの恐怖を煽ってます。

 

じゃないと儲からないから。

 

製薬会社は毎日祈っている。

たくさんの患者さんが増えるように。


ちょうど台湾で有名人になった尼僧。

悟ってもない人。

 

尼僧が誓ったのは、もっとたくさんの病院を作ること。

 

本当に無知な人。

 

正しい医学が普及されたら、みんな元気に楽しく生活できます。なんでもっと病院が必要でしょう?

 

ある国が続けて病気を作り、病床数を増やすのは、すでに普及してる医学が間違ったからです。

 

それなのに、尼僧は皆さんに病床数を増やしてます!と嬉しそうに宣伝してる。

 

民衆の為にだと思い込んでいるけど、実際には無知で悟ってない人たち。

 

たくさんの西洋医学の先生に悟ってない尼僧まで加えてるから、台湾に住んでいる人たちは本当に可愛そう。

 

もし台湾の衛生省が道端で超音波などの設備を置いて、無料で通りがかりの者を検査すれば、誰でもがん細胞があり誰でも病気があります。


そして、民衆はパニック状態になり、尼僧に頼んで病床数を増やしてもらう。

 

こうなると、中国は将来統一を狙う必要もなくなります。

 

何故かと言うと、台湾の民衆はみんな死体を片付けることで精一杯。この国が統一されるかどうかは、もうどうでもいい。

 

逆にいうと、ある裕福な国はみんな健康な場合、病床数はどんどん減っている。

 

病院に必要なのは緊急救命室だけで、怪我をした患者さんを治す。


読者の皆さん、そうすると台湾はどんな国になると思いますか?


私が教えます。

 

世界の人たちは、みんな台湾に移住したくなります。