手足が冷たい、ほったらかしてはいけません。(2018-03-04修正)

こんにちは。李哲です。 

鍼の専門学校で実技授業中、ペアになってくれた女性が先生役で私が患者さん役をしました。

 

触診があって、彼女が私の足を触った時、「李さんの足めっちゃ温かいですね!」と驚いてました。

 

逆に、私も驚いてました。

「☓☓さん、手が冷たいですね!」

 

彼女はびっくりして、「え?他の人からは温かいと言われますけど?」

 

彼女と私は、ふたりとも笑ちゃいました。

 

手足が温かい。

こんなに分かりやすい自覚症状、鍼灸学校すらその大事さを教えてくれない。西洋医学の学校はもっと話さないだろう。

 

最先端技術で検査したデータは、ウンウンと頷きながら「なるほど~すごい!」と言うけど、「手足が冷たいです!」と訴えても、「だからなんだよ~うちの女房はもっと氷みたいに冷たいぞ!」と言われるかも知れません。

 

手足が温かい。中医学では、病気が良くなっているか悪くなっているかの判断にも繋がる大事なサインです。

 

簡単にいうと、

手足が温かくなれば、良くなっている。

もっと冷たくなれば悪化している。

 

この標準はとてもシンプルで、

患者さんもお医者さんも分かりやすい。

 

手足が冷たくなった時は、すでに体内の温度が低くなっています。化学反応が遅くなり、全体的の免疫力が下がっています。

 

臓器の正常の働きは、適当な温度がないとダメ。血液も温度が下がると止まって、血液の塊(腫瘍.血栓症など)を作ります。

 

f:id:li-hari:20180810141845j:plain


「手足が冷たくなっても元気だね!」と言われる方がいるでしょう。

 

中医学の先生が見ると違います。

まだひどくなってないうちに、早く治さないと!


手足が冷えるようになった時から、すぐ対策を考えて治せば、将来的に大きなトラブルが来ません。

 

中医学でいう未病を治す。

これは何もない病気を治すのではなくて、最初の段階で治すの意味です。

 

患者さんから聞いたことがあります。

知り合いはお菓子もよく食べているのに、冷え症ではない!

 

このブログで翻訳した6つの健康症状  

手足が温かいのは、その中の一つ。

 

この一つが6つを代表するのではありません。

 

だから、手足が温かいからと言って、必ずしも体調が良いとは限らない。

 

 6つの健康症状 が全部集まってこそ、健康だと言えるのです。

 

前、テレビで乳児の原因不明死を見たことがありました。

 

乳幼児突然死症候群 だそうです。

 

病気は突然に起きるものですかね?

突然に起きるのは事故で、病気ではないでしょう?

 

言葉的に問題があると思いますけど?

 

病気の中で突然に死ぬのは、心臓病しか思い浮かべません。

 

私の予測ですが、乳幼児突然死は心臓からきている。(なくなった赤ちゃんは、おそらく全員極度の冷え症だろう)

 

乳幼児の極度の冷え症は、ワクチン.西洋薬…原因はいろいろあると思います。

 

ただし、今日は長くなりそうなのでやめときます。本ブログでググってみれば分かると思います。

 

鍼の学校の先生から聞いことがあります。西洋医学の先生は産まれて2,3日の子の目をよく診てるそうです。黄疸など肝障害がないかを確認するため。

 

私は皆さんにもう一つチェックして欲しい。乳幼児の手足を触ってみて。

 

特に氷みたいに肘.膝まで冷たいのは、とても要注意!すぐ暖かくしてくれる先生を見つけてください!!

 

何故かと言うと、

心臓が弱くなった最初、手足が冷たいから。

 

肘.膝まで冷たいのは、そうとう心臓が弱まっている時です。


ほったらかしたら、朝方寝ている時、心臓が一番弱まる時に、急に心肺停止になる。

 

肝障害(黄疸など)は、まだ救う余地があります。

心臓病はそんな余裕が無い。ほとんど即死です。

 

追記:

心臓病は病院の検査で分かるでしょう?と質問する方。

 

常識で考えてください。

毎年心臓病発作で(心不全.心筋梗塞など)即死してる人、たくさんいます。

 

彼らは毎年健診を受けてない人ですか?

病院の治療を受けてない人ですか?

 

はっきり言いますが、西洋医学の検査では心臓病の判断もできないし、治療はもちろん事前の予防すらできない。

 

心臓の辺りが辛くなったら、冷え症が酷かったら、鍼灸院.漢方薬局.マッサージなど受けてみてください。

 

必ず化学薬品よりは治療効果があります。