30年の胃痛。生理痛、手足の関節痛、冷え症の漢方薬治療(2019-02-24更新)

こんにちは。李哲です。
今日は倪海夏(ニハイシャ)先生の治療日記。夫婦2人の痛みをあっという間に治した例です。

中国語本文のリンク先は、三十年的胃家寒症

 

 

1.奥さんの症状:生理痛、手足の関節痛、すごい冷え症

03/14/2008。

トロントから来た中国人、38歳。

奥さんと一緒に診察に来ました。

 

奥さん主訴は

  • 手足の関節痛
  • ちょうど生理が来て、生理痛もひどかった
  • 冷たい水を飲むと、全身が痛くなる
  • 普段からすごく寒がり、冷え性

 


 

『黄帝内経』に書いてるのは、「寒気客於脈外則脈寒,脈寒則縮踡,縮踡則脈絀急,絀急則外引小絡,故卒然而痛,得炅則痛立止;因重中於寒,則痛久矣」。

 

奥さんの関節痛は長い間、寒気にやられたのが原因です。

 

故郷を聞いたら、中国のハルピン。

この最近、トロントに引越したばかりだそうです。

 

ハルピンであろうとトロントであろうと、みんな北方でとても寒いです。体が強くないと、すぐ寒気にやられます。

 


 

「奥さん病気は、治療にどのくらい日数がかかるか?」と、ご主人は質問しました。

 

私はご主人に聞きました。

「あなたは何日滞在できますか?」

 

ご主人が言うのは、

「今度は奥さんのために治療に来ました。

病気が治るなら、彼女が痛くなくて済むなら、何日でも滞在できます。」

 

ご主人の愛情に私を含め、周りの研修医たちも感動しました。

 

もし世の中の男性が、みんな彼みたいに奥さんを愛しているなら、世の中の女性の乳がん.うつ病…など精神状態と関係ある病気は、圧倒的に減るだろう。

 

こんなに仲良い愛し合っている夫婦は、私はもちろん全力で治します。

一日でも早く痛みから逃れて、ご主人と幸せな生活を送るように。

 

我々中医師の仕事は、みんな健康で楽しく生活を送ること。

毎日飲み切れない西洋薬を飲ませたり、検査をして病気を我慢させる事ではない。

 


 

診察に来たとき、奥さんはちょうど生理中。

私はすぐ三陰交と血海と刺して、生理痛はその場で治りました。

 

鍼の画像

 

鍼灸の効果は、このくらい早いです。

副作用もありません。

西洋薬の鎮痛剤は、針の足元にも及ばない。

 

鎮痛剤は飲むと肝臓と腎臓に傷つける。

百害あって一利なし。

 

中医学は生理痛を治すのは朝飯前。

人紀くらすの生徒さんは、どう治すかが分かるはず。

 

奥さんの関節痛は風寒湿気が重なった病気。特に寒湿が多い。

私は寒湿を取り除く生薬以外に、ほかの症状でまたアレンジしました。

 


 

私が使うのは、みんな『傷寒雑病論』から出てる処方です。

人紀くらすの生徒さんたちは、どの処方を使うか予測できるはずです。

 

処方箋は全部で11種類の生薬を使いました。

効果はどのくらいあるか、読者の皆さん、想像して下さい。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180614/20180614184411.jpg?1528969473

 

2.ご主人の症状:30年も治ってない激しい胃痛

先日、夫婦は再診察に来ました。

今度はご主人も治療することになりました。

 

ご主人は中医学の効果を目で見て、自分の30年の胃痛も治したかったから。

 

ご主人が言うのは、自分の胃痛は7~8歳の時からあって、毎朝目覚まし時計がなくてもピッタリの時間に胃痛で起きる。しかも、胃痛は年々痛みが重なって、つらくてつらくて仕方ない。

ご主人は胃痛を治すために、幼い時からどれだけの先生に診てもらったか覚えてないそうです。

 

小さい時に西洋医学の先生に診てもらったら、十二指腸潰瘍だと言われ、西洋薬を飲んだけど効き目がなかった。

 


 

1992年、黒竜江省の中医学病院で治療したけど、改善はない。 

1997年上海で中医学の治療をしたけど、改善はない。

2000年再び西洋医学の検査を受けたら、ピロリ菌感染症だと言われてピロリ菌を殺す薬を飲んだけど、少しだけ緩和して、その後はまた再発。

 

今までたくさんの薬を飲んだけど、胃痛は解決できていない。

 

ご主人の胃痛が治ってないのは、我々みたいな経方家に会ってないから。

我々経方家の漢方薬は、胃痛を治すとき朝飯前です。

 

漢方薬

 


 

私はよく言いますが、胃は家のドアと同じようなもの。

ドアも治せないなら、部屋中は更に治せない。

西洋医学は胃痛も治せないくせに、心臓病.肝臓病。腎臓病…を治そうとしている。

 

不可能!

 

西洋医学は「ピロリ菌の感染症で胃痛が起きる」と言うけど、ご主人はピロリ菌を殺す薬を飲んでも胃痛は治っていません。

 

胃痛の原因は、ピロリ菌ではない事を証明してます

 

西洋医学は寒熱の観点がない。

だから、胃痛の原因もわからないし、治療もできない。

 


 

これから私の説明を聞いて下さい。

 

ご主人の30年の胃痛。

  • 毎朝胃痛で起こされる
  • 食事後は胃痛が消えて、少し経つとすぐ痛くなる
  • 喉は渇かない
  • 夏は冷たい水を飲みたがる
  • 冷たい水を飲むと、お腹を壊す
  • 排便のあと、まだ便が残っている感じがする
  • 頻尿。小便は透明でたまに黄色い
  • 風と寒いのが苦手
  • 歯を磨く時によく出血する
  • 足は冷えて、足裏にはよくに汗をかく

 

以上の様々の症状で分かるのは、体内の冷え

 

でも、舌診から見ると黄色いのがあるので、体内の冷え以外にまた熱証もあります。これは寒熱が同時に存在していること。ただ、冷えがメイン。

 


 

ご主人は2回目の診察に来た時に話したのは、最初の1杯目の漢方薬を飲んでから胃痛が治った。3杯目まで飲んだら、前腕の内側に湿疹ができて消えたら、今度は右腕の内側に湿疹ができて、またすぐ消えた。

 

これは漢方薬の力で、長年胃腸に溜まっていた毒素が出ているからです。

 

たくさんの人は、漢方薬を飲んだあと、湿疹がでると「漢方薬アレルギーだ」と言い、続けて飲むのを怖がります。

 

これは間違っている認識です。

 

漢方薬を飲んだあとに湿疹ができるのは、いいこと。

体内の大掃除をしていることなので、間違えてはいけない。

 


 

ご主人は漢方薬を飲んだ翌日から、30年間の胃痛が消えました。

それだけではなくて、歯を磨く時に歯根の出血も首コリも治りました。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180614/20180614184407.jpg?1528969493

 

私の処方箋は、とても簡単です。

台湾の道端で任意の中医学の先生に診てもらっても同じ。

 

効果が早いのは、経方(傷寒雑病論の処方)のお陰です。

 

私はよく言いますが、

治療の最高レベルは漢方薬を1杯目飲んで良くなる。

針を1回しただけで良くなる。

 

これより早い治療法はありますか?

 


 

生徒さんも処方できるように、私は頑張って教えます。

教えてみんな最高級の医師になって、たくさんの患者さんを治せるように。

 

そうなったら私は喜んで退職して、自分の好きな音楽をやってPUBを経営します。いや、嬉しい(大笑い)

 

この治療日記は私の生徒さん(楊先生)が書いたものです。彼女は私の真似をして書いたけど、余りにも似てるので一文字も修正しないでアップしました。

 

こんな素晴らしい生徒さんがいて、私は本当に嬉しいです。

研修医たちの訓練が終わったら、彼女の本名を公開します。