鍼で胸の痛みがなくなったけど、なぜでしょうか?(2018-02-19修正)

20180309115911

こんにちは。李哲です。

 

虚血性心疾患は治らないのか? に書いた男性。

1ヶ月に1回、メンテナンスとして来ています。

(たまに調子が悪そうな時は週2回来る。)

 

彼はこの前来た時、私に話したのが、胸の痛みはだいぶよくなって安定している。

 

そして、不思議な質問をしました。

なんで鍼で良くなるんですかね?

 

え???

なんでと聞かれても。

 

だって、治療なんだから。

 

つらい症状がなくなるのは当たり前でしょう?

 

シェフだったら、美味しい料理を出す。

美容師だったら、カッコいい髪型にしてあげる。

 

鍼灸師だったら、つらい症状をなくしてあげる。

 

みんな当たり前の仕事をしているだけ。

 

心臓病に使うツボは、鍼灸の教科書に載っているごく普通のツボです。

 

心兪、肝兪、関元、巨闕、公孫、内関…鍼灸師であれば、誰でもよく知っているツボ。ちゃんと刺せば効き目は出ます。

 

効き目が早く出るかどうかは、その人の体と精神状態による。

 

彼みたいに早く変わる人もいるし、遅い人もいます。

 

どんな患者さんでも、なるべく早く回復してあげたい。

 

最適のツボ組み合わせの為に、もっと読書して腕を磨かないと。

 

いかに早めに効果を出して、諸症状をなくすか。

 

これが毎日考えることです。

 

一つ説明:

心臓の痛み。

胸の苦しみなど。

彼みたいに1、2回で諸症状が消えるとは限らない。

 

鍼灸の効果は著しいですが、魔法使いではありません。

 

個人差があるので、ご了承下さい。