重症の心房細動。腰痛。手指のしびれ、麻痺(8)(2018-02-18修正)

こんにちは。李哲です。

今日は続き記事。

 

最初の1は以下をご覧ください。

li-hari.hatenablog.com

 

彼女の記事が長いのは、治療の範囲がとても広いからです。

 

突発性心房細動.腰痛、坐骨神経痛、首肩痛、目の癌、腕のしびれ、骨の密度が低い(骨粗しょう症だと診断された事がある)… …

 

今日は彼女がもらった西洋薬を話したいと思います。

 

血液をさらさらにするのは、脳出血の危険性があります。これはニハイシャ先生の治療日記で何度も書きました。

 

その理屈を簡単に説明します。

 

血をさらさらにする薬は、血が固まらないようにする(血栓症の予防)。しかし、血管の壁は固まらないとダメです。固くないと血液が漏れる。

 

この薬を飲んで、血液はさらさらになるかも知れない。でも、長期的に飲むと血管の壁がもろくなり、出血が起きるのです。

 

これが胃腸に起きた場合は、腹腔出血。

これが脳に起きた場合、脳の血管が破れて脳出血。

 

運が良ければ、皮膚下の内出血で青あざだらけになる。

運が悪かったら脳出血になったら半身不随.死亡。

 

ネットで薬の副作用を調べたところ、不思議なものを見ました。

 

心房細動.不整脈を治す薬なのに、副作用一覧に書いたのは、

ときに心不全、低血圧、房室ブロックなどの循環器障害が現れることがあります。(李哲説明:心不全は死亡であることを要注意)

 

便秘症を治す薬で、副作用は便秘のと同じ。

 

これは筋が通らない話です。

 

まだ若いのに、半身不随になっている人がいます。

 

もし彼らが西洋薬を飲んでなければ、こんな悲惨な目に遭わないと思いますが。

 

でも、彼らはそう思ってないみたいです。

西洋医学は半身不随になったら、リハビリくらいしかできない。これで治った人は極稀。

 

だから治った人を奇跡的だと言うのです。

 

半身不随の時、鍼灸はそれでも効くツボがあります。

 

半身不随になってすぐ、早く来れば早く来るほど、正常に戻るのが早いです。


何ヶ月経ってから来ると、戻るのは1年以上。

 

心房細動。

不整脈。

動悸が激しい。


このような心臓の病気は、鍼でも十分変化が現れます。うまく漢方薬を併用すれば、治りがもっと早いです。

 

毎週2回、若しくは3回の治療を受けると必ず変わるので、焦らず1ヶ月やってみて下さい。

 

1ヶ月やってみてダメだったら、心臓の手術をしてもいいじゃないですか?

 

心房細動.不整脈の場合、あなたには2つの治療の選択肢があります。

 

選択1:

カテーテル治療して、死ぬまで西洋薬を飲む。そして、運悪く途中で重篤な副作用で半身不随になる。若しくはあの世行き。

 

選択2:

安全で副作用なしの鍼灸、漢方薬などで治す。

 

保険適用してない時の手術金額、1回で200万円を払うか。

 

1回で5000~7000円の鍼を受けるか。

 

自分で選んで下さい。

 

参考記事:


ニハイシャ先生の弟子のHPで見た内容です。

再談心律不整及心房顫動

 

アメリカの有名な病院:メイヨー・クリニック(Mayo Clinic)は心房細動を治す薬に関して、以下のように説明している。

 

「Beta blockers, also known as beta-adrenergic blocking agents, are medications that reduce your blood pressure. Beta blockers work by blocking the effects of the hormone epinephrine, also known as adrenaline. When you take beta blockers, your heart beats more slowly and with less force, thereby reducing blood pressure. Beta blockers also help blood vessels open up to improve blood flow.」

 

つまり、薬は心臓を弱くしてあまり活発に動けないから、心房細動が収まったように見える。患者さんはこれで薬が効いたと思うのです。

 

もともと心臓が弱くて問題が出ているのに、さらに弱くして動かないようにするのは、理屈が合うものでしょうか?

 

追記:

その後、患者さんは来てないので、この記録は終了しました。

詳しいのは以下の記事で説明しております。 

li-hari.hatenablog.com