全身性エリテマトーデス患者、不眠症が良くなり関節痛もだいぶ治ったetc.

こんにちは。李哲です。

今日は倪海厦(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文。

 

末期肺がん。癲癇(てんかん)。全身性エリテマトーデスの漢方薬治療例です。

 

元の中国語リンク先は、

2010年08月25日診療日誌

 

 

余命宣告4ヶ月の末期肺がん、漢方薬で何年も生きている

今日、末期肺ガンの患者さんがまた来ました。

前回4種類の生薬を追加してから、彼女は仰向けで寝れるようになりました。

 

しかし、右脇がまだ痛いので、右側を下にして寝れない。ほかの症状はみんな良くなっている。

 

  • 脈診は一息6~7回から5~6回に減少
  • 四肢の温度はだいぶ暖かくなった
  • 食欲は良いけど、味覚はまだダメ
  • 寝汗をかくのはない
  • 肺の痛みもなくなった

 

彼女は続けて同じ処方を飲めば良いです。

末期肺ガンの彼女は、治療が適切なので今まで生きています。

 

最初、彼女の西洋医学の主治医は、「漢方薬が効くなんてありえない。貴方の余命は4ヶ月です!」と言ってました。

 

何年経った今でも彼女は生きて、その主治医は漢方薬の効果にとても驚いているそうです。

 

その主治医は今態度が変わって、彼女に言うのは「なるべくやってみて。漢方薬を止めないで下さい。西洋医学はなぜ漢方薬が効くのか分からないけど、貴方を見てる限りとても良い感じ。続けて漢方薬を飲むのは悪いことではないです。」

 

f:id:li-hari:20181222130141j:plain

 

麻酔薬で癲癇(てんかん)になった患者さん

一人の患者さん。

癲癇(てんかん)で治療に来ました。

アメリカ白人、中年女性。

 

彼女が言うのは、「自分はこの一生癲癇(てんかん)になったことがない」

去年の11月、歯科医院で口腔手術をしてからおかしくなり、よく痙攣するようになった。

 

地方の西洋医学の先生は、検査したあと癲癇(てんかん)だと診断して、抗てんかん薬を処方。彼女は抗てんかん薬を飲んでも、痙攣が止まらない。

 

ほかの症状は、両足は氷みたいに冷たい。体も両手も氷みたいに冷たい。体は痩せ型で食べたらすぐ吐く。脈診は細くて力がない。体力がない。

記憶力は抗てんかん薬を飲んでから、大幅に減退。

 

現在、彼女は西洋薬を飲まなくてもつらい。飲んでもつらいです。

彼女の主治医も、なぜかが分かりません。

 

これは体内の冷えです。

私が思うのは、おそらく当時の歯科手術で使った麻酔薬

彼女はその薬にアレルギーがあって、体内の冷えを引き起こしたのです。

 

熱証は縦(ダランと伸びる)。

寒証は縮(縮まる)。

これは寒証で間違いはありません。

 

私は体内の冷えを追い出す処方を出しました。

彼女は手足が暖かくなるまで飲めば良いです。

 

彼女は本当のてんかんではない。

麻酔薬からくる後遺障害です。

 

だから、今日診察室で話した時、痙攣があったけど一時的にあっただけ。本当のてんかん患者さんみたいに失神。白泡を吐く。目が宙吊りになるなどの様子はなかった。

 

f:id:li-hari:20181222130137j:plain

 

全身性エリテマトーデス(SLE)の患者さんが改善

今日来た患者さんはみんな重症ではない。

治療例はあるけど、上げるほどではないです。

 

なので、今日私は空き時間を利用して、08/05ニューヨーク州から来た全身性エリテマトーデス(Lupus)の治療法を説明します。

 

彼女の主な症状は

  • 不眠症
  • 足が冷たい
  • 食欲は過剰にある
  • 極端に喉が渇く
  • 冷たい氷水が好き
  • 体力がない
  • 顔にはたくさんの紅斑ができている

 

これは標準的な上熱下寒の症状。

 

彼女は生理不順で、西洋医学の先生に「生理を止める薬を下さい」と言いました。

 

西洋医学の先生は、母乳と生理が同じであるのを知らない。

そのまま生理を止める薬を出した結果は、火に油を注ぐやり方、全身性エリテマトーデスの悪化が加速します。

 

彼女は8月5日から飲み始め、ずっと同じ処方。同時に漢唐2番を飲みました。

 

以下は彼女の変化。

 

  • 今月の21日以後は、毎晩ぐっすり寝れるようになった
  • 極端な喉が渇くのも、だいぶよくなった
  • 食欲が下がり、もともと飲んでいたステロイド剤も減量中
  • 顔の皮膚は薄くなり、赤色も薄くなった
  • 関節痛はだいぶよくなり、鎮痛剤も要らなくなった
  • 体力は回復し、両足は暖かくなり始めた

 

いろんな変化が現れ、彼女は漢方薬に対して更に自信が増えました。

 

私は処方箋変更なしで、続けて初診時の処方箋を使うつもりです。

状況が続けて進歩すれば、患者さんの回復は時間の問題だけです。

 


 

生徒の皆さんは要注意です。

どの全身性エリテマトーデス患者さんでも、この処方で良いわけではない。臨床では患者さんの症状を見てから、処方を作るべきです。

 

全身性エリテマトーデスと白血病の治療法は似ています。

診断方法も似ている。

圧痛点を探すのも、1個の椎間が違うだけ。

 

白血病患者さんの処方箋には、必ず☓☓☓を入れます。この生薬がないと、白血病患者さんは正常に戻りません。