腎不全。乳がん。余命3ヶ月の末期肺がんの漢方薬治療例【翻訳文】(2018-02-17修正)

こんにちは。李哲です。

今日は倪海厦(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文です。

(本院の治療例ではないので、間違わないでください。)

 

元の中国語リンク先は、

http://www.hantang-nihaisha.com/chinese/ch_Articles/0715-0718.htm

 

1.最初から人工透析をしてない第4期腎不全の患者

研修医たちの訓練を始めて3日、良い治療例があったので、研修医の皆さんの為に述べます。

 

最初、前後に続いてきた二人の腎不全の患者さん。

 

一人目は地元の病院で第4期腎不全だと診断された患者さん。

腎不全で人工透析を始める前に、彼女の友人が私を勧めました。

「効果がなかったら、また人工透析に行けば?」

のアドバイスで、彼女は中医学の治療に来ました。

 

水曜日に来たとき、彼女は4ヶ月の漢方薬を飲んでました。すべて調子が良いです。

西洋医学の検査を受けなくても、彼女は自分が良くなったのを知っていました。顔には喜びの表情でいっぱい。

 

本当に彼女の代わりに嬉しいです。

 

彼女が人工透析から逃れたのは漢方薬のおかげ。しかし、台湾の西洋医学の先生は漢方薬を貶している。漢方薬の副作用で腎不全になると言う。

 

こんな作り話は自然にバレます。

 

f:id:li-hari:20181229154831j:plain

 

2.自ら人工透析を止めて悪化した患者

二人目の腎不全患者さんは、ニューヨークから来た黒人。30歳の前に人工透析を始めました。

 

半年前から漢方薬を飲み始め効果がとても良いので、3週間前に自ら人工透析を止めました。そしたら2週間後に急激に悪化し、また人工透析に行くしかなかった。

 

彼はニューヨークに住んでいて、我々は直接患者さんを診ることができません。

毎回、電話で診断するしかない。だから、進歩は遅いです。

 

そして、患者さんの人工透析から逃れたい気持ちが早すぎて、こんな事になったのです。これは非常に賢くない決断です。

 

3.人工透析する前に、漢方薬を飲むのが一番早く治る 

たくさんの人工透析の治療例から、我々はいくつか確定できます。

 

1.一番良い治療のタイミングは、人工透析を始める前から、中医学の治療を受ける。この時は効果が一番良くて回復がとても早い。

 

2.血液透析療法を受ける腎不全患者さん。しかも人工透析歴が1年以内の患者さんは、正しい中医学治療で正常に戻る可能性はあります。

 

3.人工透析が長ければ長いほど、正常に戻る可能性がない。腎臓移植手術しかありません。

 

4.自宅で腹膜透析を使う患者さん。

心臓と小腸の温度は一致しないといけないのは、中医学の治療法で最も大事な段階です。しかし、腹膜透析療法は中医学治療の邪魔になるので治療できない。

 

4.良くなった乳がんが悪化したのは、気持ちと関連している 

ミシガン州から来た乳がん患者さん。再診察に来ました。

もともと調子が良かった彼女は、今右の腋窩に腫瘍ができています。1ヶ月半前から。

 

心包経の極泉穴にあるので、必ず気持ちの変化と関係がある。問診で分かったのは、この3ヶ月彼女の周りでたくさんの事が起きて、彼女は非常にプレッシャーを感じて落ち込んだそうです。

 

f:id:li-hari:20181208200846j:plain


同時に経済的に余裕がないので、1回煎じた漢方薬を匂いがなくなるまで何回も煎じて、その後に新しい漢方薬を煎じる。

 

だから彼女は新しい腫瘍ができたのです。

卓球ボールみたいな大きさ。表面はまだ硬くない、しかも滑らか。状況はそこまで悪くない。

 

この治療例で分かるのは、我々は体の問題しか治せません。心理的なものと経済的なものは治せない。

 

幸いにも私は寄付金があり、お金がない彼女を助けることはできる。

しかし、心理的な困難は、彼女一人で解決するしかないです。

 

一般的にこのような状況になったら、私は患者さんにこう言います。

「1ヶ月飲んでみて下さい。効果がない感じだったら漢方薬を止めましょう。」

 

5.余命3ヶ月の末期肺がん、4年も生きています

4年前に余命3ヶ月だと言われた末期肺がんの患者さん、今日診察に来ました。

 

彼女は漢方薬を飲み続けて、今年で4年目。

もともと調子が良かったです。

 

しかし、木曜日に来たとき、水が飲めない症状が出ました。

毎回、水を飲んだあと、飲み込めないから前かがみになって、喉の水を出すしかない。

 

彼女の脈は、1息8至の危険な脈象でした。

 

きっかけが何かを聞いたら、彼女が言うのは、一人で車運転してカリフォルニアの息子に会いに行ったら、27歳の孫がなんと癌になり、西洋医学は余命数ヶ月だと診断したそうです。

 

彼女は悲しすぎて、その後から不思議な症状が出たのです。

 

私は先に半夏厚朴湯を処方しました。

これでダメだったら、半夏苦酒湯と利隔湯をアレンジして処方する。

f:id:li-hari:20180506112254j:plain

半夏(はんげ)の画像


それでもダメだったら、本当に危ないです。

 

たまには、本当に無力感の時があります。

患者は救えて来られるけど、周りの親族に起きた事はどうしたら良いですか?