閃輝暗点症.白内障.首肩の痛み.手指関節痛の治療例(4)(2018-02-19修正)

こんにちは。李哲です。

今日は続きの記事です。

 

2017年1月17日。

 

相変わらず目がよく見える。

 

手はまだ冷たい。

昔は冷たくて、しもやけになったそうです。

 

今日は風邪で喉がイガイガする。痰も絡んでいる感じ。

 

背中とお腹の筋肉か筋がたまにつる時がある。

 
彼女は一つ不思議な質問がありました。

平面での運動はいくらやっても疲れない。

しかし、階段登りはダメ。すぐ疲れて歩けない。

 

自分はどこかおかしいと思ったそうです。

 

ただし、どこに問題があるか?誰も教えてくれない。

 

私もはっきりは分かりませんが、おそらく肝と脾と関係があると思います。

 

筋の力は肝機能がコントロールし、筋肉は脾臓がコントロールするので。

 

中医学の理論では、筋と筋肉は別々のものです。

 

この2つを強化すれば、そのうち階段登りは大丈夫になるでしょう。

 

今日の刺したツボは、関元。巨闕。中脘。太衝。三陰交。復溜。陽陵泉。曲池。合谷。養老。太陽。晴明。陽白透魚腰。頭臨泣。天突穴。

 

天突穴は痰を取り除くツボで、喉にも良いです。

中脘も痰を作り出す胃腸を整えるので、痰の軽減に役に立つ。

 

今日の置鍼も30分ほど。

 

施術が終わって着替える時、彼女は喜んで話しました。

 「喉がイガイガするのがなくなった。すごいね!」

 

~続き~

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com