白血病、乳がん、前立腺がん、肺がんと悪性脳腫瘍の漢方薬治療例(2018-02-17修正)

こんにちは。李哲です。

今日は倪海厦(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文です。

 

元の中国語リンク先は、

乳癌腦瘤與攝護腺癌肺癌血癌

 

 

1.末期の乳がん患者さん、心配症で急激に悪化

今週、研修に来た生徒さんたちは末期の乳がんと悪性脳腫瘍と肺がん、そして前立腺がん.白血病など数多くのがん患者の診断方法と治療法を見ました。

 

末期の乳がんの女性は、先週来た時ずっと進歩していました。しかし、今週来た時は急激に悪くなりました。

 

彼女は海辺で日光浴している時、突然呼吸困難になり、彼女はすごく緊張して「自分の乳がんが肺がんに転移したのではないか?」と不安に落ちたのです。だから、今回診察に来た時はとても不安の顔でした。

 

先週、私に話した内容すら忘れています。

先週、もともとあった左乳房の熱い部位は縮まりつつのは、忘れて私に言ってない。言ったのは、乳房のシコリがとても硬くて、人の手みたいに肋骨を強く引っ張っている。これは病状が悪化したことです。

 

その原因は、彼女の過度な心配症。

毎日病状ばかり考えると、うつは肺を傷つける。だから、呼吸困難の現象が現れる。呼吸困難が出てから彼女は更に不安になり、病状は更に悪化。

 

f:id:li-hari:20181208200846j:plain

 

この治療例で分かるのは、患者さんの気持ちは病状の悪化若しくは進歩を司る主な原因です。

 

重症のがん患者を治す時、最も難しいのが患者さんの恐怖を、怖がらないようにすること。

 

一人の重症のがん患者が極度の恐怖に落ちたら、ほとんど救いようがありません。

 

これは患者さんの無知からくる遺憾なことです。

 

西洋医学はこんな状況を作り出す裏の主な推進者。

毎回、西洋医学が直接患者さんにあなたの余命はいくらだと言った時、患者さんはその場で失神し、何も考えずに死ぬのを待っている。

 

だから、西洋医学が余命宣告した時は、非常に正確です。特に台湾では、ほぼ例外がありません。

 

私の診療所ではたくさんの例外がある。毎回西洋医学の先生を驚かせます。霊でも見たのではないかと。

 

2.漢方薬を差別する白血病患者 

白血病の患者さん、木曜日に再診察に来ました。

彼のもともと高かった白血球は、一直線で下がっています。

 

思いの外、彼が私に言ったのは、「漢方薬のせいかも知れません。」 

この話を聞いた瞬間、私はすぐ切れました。

 

お金は儲からないくてもいい。

しかし、中医学をいじめるのは許せない。

 

f:id:li-hari:20180528013840j:plain

私はすぐ彼に宣告しました。

「これは100%漢方薬のおかげです。

絶対にかも知れませんの表現でない。

あなたが認めないなら、私はすぐ漢方薬を止めます」

 

彼は私の話を聞いて、すぐかも知れませんの言葉を撤回し「確かに中医学のおかげです。私は非常に満足しています。」と話してました。

 

本当に中国人をバカにしたがるアメリカ白人。

 

読者の皆さんは安心して下さい。

すべての中国の伝統文化をいじめようとする人と企みは、私の敵のリストに入る。

私はあらゆる方法で、敵をいじり倒します。

 

私の性格には2つの短所があります。

 

一つは、かたきを覚える。

いったん我々の中医学の悪口を言ったら、私は一生あなたの名前を覚えます。あなたは一生かたきになる。あなたを忘れない.許さない。

 

二つ目は、身内を守る。

中医学を支持する人、私の生徒さんたちは最後まで保護します。

 

3.乳がんの中国人 

一人のトロントから来た華僑。女性。30歳。

彼女が言うのは、左乳房にシコリがある。西洋医学の生検など検査を受けてない。

彼女は左手をあげた時、左肩の下が痛くなるそうです。

 

私が質問する前に、彼女は話しました。

「妊娠1ヶ月です。」

 

私は生徒さんたちによく言います。

「治療には縁がある。縁がない人は私の前に来ても、治すようがない。」

 

中医学では母乳が生理だと言います。

だから、女性は妊娠中に最も乳汁がたまりやすい。気をつけないと乳がんになりやすくなる。

 

以上の原因で、たくさんの母乳育児は乳がんの予防ができます。

 

https://lh3.googleusercontent.com/BE93Gn6H3b5bm5lSHGdPw_4GR5OyWdiDOb4eQJgwJXpg1IhtSRoOANmI61Hh9kjiOako1gvwSJvuY625u83pY6sAC4nMn-Jb_h1ejvuETGHCMjXlAazot-ASwmDpFACt3LWiP-7kznfqlHS-3NjQnJPnZitKB2cC4YuE4O842g5f5f6wPNnd2zaL3rQt2c_oWyumjAHkVd7hVA_qopQ92t1OiHJjZb9VSq5cxkbt8h3QSiJjcFLhFx4Kw5EvI6MyTFWg3GOPylXx5Kjh2fnN-nMRFkDr4F077MPLp9Qb2pUHFr2fPez0mHLn2fJ33A494lxzZfQ6EGt6Dfz30Nlt6eqsWCpWR1ccoGLtvXjuj1EYZk91njd3RRyuGHZ1SK0WVXv2Fy7vBhqgsdXfFXwgrQI__Ix80IPEYdOPbNo33aptaPLYC7Y8tyazZ4Dc3J1v6-aHMYLKhjV-JdHuLxa7EvzqbQRsNhSntHAwVHA0wZM4Y1HAIVOM7O0GvfsDE3Xgf1hTnm3AEj2Et5TAakCCIcoVdQe_ER5i2SAXF3WOAKH1CUvuyiGhwOZESNQ_a1dAZd22fx9al0aVbOcRINet9hiEwo12EuFUbwP6nA=w490-h307-no

 4.ビタミン剤で前立腺がんになったアメリカ人

一人の男性。アメリカ白人。60代。

1年前に前立腺がんだと診断されました。

当時、彼のPSA値は20。

 

診断されて彼はすぐ退職手続きをして、年金生活をしてきました。

この1年はなんの治療もしてない。たくさんのビタミン剤を飲んだだけ。癌の緩和になると思って。

 

私はその場で彼に話しました。

「あなたの行動は、どんどん悪化するだけです。

ビタミン剤があなたの前立腺がんの主な原因だから。」

 

私は彼に質問しました。

「今のPSA値はいくらですか?」

彼の答えは、「50です。」

 

私は彼に話しました。

「常識で考えて下さい。この1年間、あなたが間違ってるなければ、なぜPSA値が2倍も上がるでしょうか?この数値が示すのは、ビタミン剤は役に立つところか、逆に癌細胞の成長を促進します。」

 

ビタミン剤を信じる人は、癌を作り出すビタミン剤を止めないで、どんどん食べて下さい。将来、社会には賢い人が増えて、バカは減る。

 

何故かと言うと、バカはみんなビタミン剤を食べて早死になって、残ったのはビタミン剤を食べてない賢い人だけ。

 

 5.余命3ヶ月の肺がん+悪性脳腫瘍の女性

一人の白人女性。

60歳に近い。

2009年3月17日に初診に来ました。

 

当時、彼女は肺がんと悪性脳腫瘍だと診断されて、余命は3ヶ月だと西洋医学に言われました。

 

先週、彼女は西洋薬(Decatron)(西洋医学が言うのは、脳に溜まっている水を出せる)を飲んでから、全身の震えが止まらない。精神的にも不安になりました。

 

8月12日に私の診療所に来たのです。

 

私は彼女に説明しました。

「生半夏という生薬があるけど、我々中国では1000年以上使っています。その一つの効能が脳に溜まっている水を無くす。効果が良いだけではなくて、副作用もない。ただ、一時的に声がでないだけ」

 

彼女はこの副作用を聞いて、びっくりしていました。

 

私は冗談を言い、彼女を笑わせるため。

「安心して下さい。どのように解毒するかは、私は分かっています。あなたは声がでない事にはならない」

 

生半夏は中国の昔、お婆ちゃんの為に使われています。何故かと言うと、お婆ちゃんが一番話しが多くてうるさいから。

 

f:id:li-hari:20180506112247j:plain

半夏(はんげ)

彼女は今年の3月から私の治療をし始めて今日まで、まだ生きています。その間、彼女はステロイド剤など飲んだけど、まだ癌で死んでないです。

 6.乳がんのシコリが改善し続けている患者

7月末に来た乳がん患者さん。

今日また再診察に来ました。

 

乳房のシコリは徐々に柔らかくなっている。たまに刺さる痛みがある。

睡眠は良い。食欲は正常。体力は良い。足も暖かい。状況は良いです。

 

今日彼女は私に一つ教えてくれました。

2005年に彼女が乳がんだと診断された時、彼女の一人の友人も同じ乳がんだと診断。

 

その友人は麻酔科医で、最高級の医療保険があり、旦那さんに連れらて西洋医学の伝統的な治療を受けた。

 

最初は乳房の切除。その後は抗がん剤。当時、彼女の髪は全部抜けて歩けない。短期の記憶喪失までありました。

 

去年の3月、その友人はまた乳がんから悪性脳腫瘍に転移したのがみつかり、再び手術で切り取り。

 

手術した先生は腫瘍が深すぎて、全部は取りきれず8割だけ切ったそうです。その後は悪性脳腫瘍が悪化し、再び手術。6週間後、その友人は亡くなりました。48歳。3人の子どもを残して。

 

f:id:li-hari:20181229141104j:plain


彼女は最高級の医療保険がない。

彼女は西洋医学の治療を疑っているので、ずっと自然療法で乳がん治療をしてきました。

 

乳がんになってから、彼女の乳房は痛くなったことがない。

毎日ピアノ引いて、サックスを吹いて音楽を愉しんでいます。

 

先週、西洋医学の話を信じて、アバスチン(Avastin)を飲まなければ今は更に状況が良いはずです。