多発性筋炎(皮膚筋炎).アトピー性皮膚炎(3)(2018-02-21修正)

こんにちは。李哲です。

今日は続きの記事です。

 

2015年5月29日。

6回目の足つぼ整体。

 

先日、病院の検査で筋肉酵素の値が900から600に下がってきて、病院の先生はびっくりしていたそうです。先生が言うのは、「通常は1ヶ月で下がるはずがない!」

 

それはそうでしょう。

西洋医学の治療では下がらないけど、中医学だと話がまた別。


今は皮膚を掻いても、ボロボロ粉が落ちたりしない。汁も出ない。痒いのは胸と腋窩のみ。痒い時間帯は決まって、夕方6時と夜11時半くらい。

 

6時は腎臓の経絡の時間帯。

11時半は胆嚢の経絡の時間帯。

つまり、今腎臓と胆嚢の経絡に毒素が集中していること。

 

煎じ薬を飲んでから、体の冷えは前よりずいぶん良くなった。今日触って冷たいのは、雨に濡れたから。

 

小便の泡はたくさん減り、今は1日1~2回くらい泡が見える。腎機能は良くなっているけど、まだダメです。

 

2015年6月24日。

7回目の足つぼ整体。

 

両目と腋窩はたまに痒くなるけど、掻いてもボロボロ粉が落ちたりしなくなった。

 

前回の生理は38日で来た。

今回は39日。

これは子宮が冷えている事を示す。

 

上半身の痛みはもう無い。

 

2015年7月24日。

8回目の足つぼ整体。

 

痒みはまだあり。

以前より手足が暖かくなり、ご主人がびっくりして漢方薬はすごいね~と言ったそうです。

 

2015年8月29日。

9回目の足つぼ整体。

 

肝機能の数値は少し高い。

筋肉酵素の値は250。あと50くらいで正常値になる。

 

首の皮膚は汗をかいても、昔みたいに痒くならない。手の皮膚は擦ってもボロボロ粉が落ちない。

 

2015年9月18日。

10回目の足つぼ整体。

 

汗をかいたあと、痒いのはまだあるけど、以前より皮膚に潤いが出た事に彼女はちょっと感動した。

 

~続き~

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com