生理が来ない.花粉症.便秘の治療経過(1)(2018-02-23修正)

こんにちは。李哲です。

今日は一人の女性の追跡記録です。

 

以前の記事でも書いた女性です。

↓↓↓

li-hari.hatenablog.com

 

今回の主な主訴は、尿が出にくい。

尿の中に白い混濁物が混ざっている。

 

彼女は自力で治そうとしたけど、2~3日経っても治らないのですぐ電話して来ました。

 

ほかの症状は、

便秘気味。

また生理が来なくなった。

そして、右足の親指の感覚がまだ完全に戻ってない。


彼女は集中治療の為に、10回の回数券を買って、その治療経過を書かせて頂きました。

2017年2月15日。

1回目。

 

今日刺したツボは、陰陵泉。三陰交。血海。地機。中極。陰交。大赫(だいかく)。関元。中脘。天枢。巨闕。火硬。火主(最後の2つは董氏奇穴)

 

陰陵泉。三陰交。地機。中極は尿の出を良くするため。

 

ほかは便通と生理が来させるためのツボです。

 

施術後に彼女が言うのは、「鍼を刺して置いてる間、お腹が動いていた。両足も暖かくなった。両目はすごくよく見える。」

 

そして、彼女の悩み事を聞きました。

この世で一番大嫌いな人と一緒に仕事をしていて、ストレスがフルである。

 

私はすぐ分かりました。

強いストレスで気の流れが圧迫されているから、生理が来ない。

 

連載記事の最後に強いストレスに関して、もう一回話します。

 

2017年2月18日。

2回目。

 

前回の針の後、2日は便通がとても良かった。生理はまだ。右足の親指の感覚マヒも変化なし。

 

今日は食べすぎたのか、左右の偏頭痛あり。

 

いつものツボ以外に、陽補(瀉法).後渓などを追加。

 

脈診では速脈。

左脈が右脈よりやや弱い。

 

施術後は緩脈になり、左脈が右脈よりやや強くなった。ただし、心臓の脈はまだ弱い。

 

引き続き心臓の脈を強くなるまで施術するしかないです。

 

施術後、彼女が言うのは、「前回の針の後、駅まで膝下が暖かった。」

 

f:id:li-hari:20180321151435j:plain

 

2017年2月22日。

3回目。

 

便通は良いけど、また徐々に悪くなる。

ほかは変化なし。

 

今日刺したツボは、いつものツボ。

 

施術後、彼女が言うのは、「右足が特にだるい.重い。でも、暖かくなって効いてる感じがする。目はやはり施術前よりよく見える。」

 

2017年2月25日。

4回目。

 

彼女が言うのは、施術後は便通が絶好調。ほかは変化なし。

 

そして、彼女はもう一つ心配事がありました。

 

これから5月まで花粉症がひどくなる。目が痒くなり、くしゃみと鼻水が止まらないと言うので、今日は関連のツボを追加。

 

脈診では心臓の脈が正常に近い。

つまり、生理が来るはず。

 

しかし、生理が来ないのです。

 

彼女が言うのは、仕事も増えるし大嫌いな人と一緒に仕事するから… …

 

彼女もストレスで生理が止まったのを知っていました。

 

私は彼女に言いましたが、難しいけどなるべく考えないようにした方がいいです。

 

強いストレスから来る体内環境の乱れ、これは鍼でも手伝うくらいしかできません。

 

気血の流れを良くすることはできるけど、鍼でストレスの源がなくなるわけではない。

 

中国語では言いますが、『解鈴還需系鈴人』

 

その意味は、鈴を解かせるのは鈴を結んだ人。

 

 続きの記事:

↓↓↓

li-hari.hatenablog.com