すぐ収まった生理痛。目の奥の重み(2018-02-23修正)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180329/20180329135804.jpg

こんにちは。李哲です。
今日は簡単な治療例。

 

一人の女性。

目の奥が乾燥するというか、重いというか。とにかくつらい。

 

反対側の太衝穴を刺したら、刺した瞬間に目の奥の重みがなくなった。

 

1秒もかかってない。

 

私が大げさだと言ったら、彼女が言うのは、前回も同じ感じがした。本当に刺した瞬間に、目の奥の重みが消えていて嘘ではない。

 

彼女は生理痛があったので、関元に1本だけ刺しました。

 

鍼を置いて10分。

生理痛は半分になり、その後ホッカイロを貼って外に出たら、20分後にメールが来て生理痛が9割消えたそうです。

 

痛みは針を刺した瞬間に効くのもあるし、ジワジワと効果が出るのもありますね。

 

目の奥の痛み.重みが太衝穴ですぐ緩和する。

生理痛は関元ですぐ緩和する。

 

このような鍼の効果は、日常茶飯事です。


まれに、1回で完治できるのはあるけど、大多数は何回か何十回か施術が必要です。何でもかんでも1回で治る鍼だと勘違いしないで下さい。

 

私が気になったのは、太衝穴を刺した瞬間に重みが消える。雷のスピードだと言えるでしょう。

 

果たして経絡のスピードがどのくらいなのか?

 

興味津々でネットで探してみました。

以下は2つ見た記事。

 

気の早さ

 

https://www.jstage.jst.go.jp/article/ryodoraku1960/1960/3/1960_3_3/_pdf  

 

一秒に4m。

0.5秒で2m。

この速度なら、彼女の例に当てはまりそうですが、それでも遅いような気がします。

 

もう一つ見たのは、血液雑学/血液の流れる速度は新幹線並み! - 血液が教えてくれること

 

この記事だと、血液の流れは時速216km。

秒速0.06km=60m。

0.5秒で30m。

 

この速度なら妥当な感じ。

 

何故かと言うと、中医学で言うのは、血液が流れるのは気が前で引っ張っているから血が流れるのです。

 

【気為血之帅、気行則血行】と言います。

 

血の流れが秒速0.06kmなら、気の流れも同じだと推測される。


心臓のポンプの力だけでは、秒速60mは難しいと思います。

 

変な話ですが、心臓だけ取り出して秒速0.06km(60m)の噴射ができるように圧迫した時、おそらく心臓は壊れるでしょう。

 

気はいったいどういう物か、後日詳しく話してみたいと思います。