2回で治った逆子(2018-02-21修正)

f:id:li-hari:20180406162915j:plain


こんにちは。李哲です。

今日は私の治療記録です。

 

女性、24歳。

妊娠9ヶ月目。もうすぐ出産。

病院の画像診断で逆子、治らなかったら帝王切開だと言われました。

 

彼女は帝王切開が嫌で、鍼を試しに来たのです。

 

以下は治療経過。

 

2017年8月22日。

1回目。

 

彼女が言うのは、逆子だと診断されてから3週間経っているけど治らない。

 

お灸も3回くらい小指の至陰穴でしたけど、効果がない。

 

今日刺したのは、至陰穴と内廷穴だけ。

内廷穴を刺した瞬間に、彼女は胎児が動いたと言ってました。

 

今日は30分置鍼。

鍼が終わってから聞いたら、まだ治ってない。

 

2日後にもう一度鍼をすることを勧めました。お灸も続けてやる。

 

2017年8月25日。

2回目。

 

彼女が言うのは、前回より胎児の位置が良い感じ。ただし、今胎児が動いてないから、胎児の足がどこにあるか分からない。

 

逆子以外に、彼女は「皮膚のかゆみと湿疹も治せますか?」の質問がありました。2~3年前は首周りが痒くて湿疹が出たけど、最近は足のほうが痒くて掻いてしまう。

 

皮膚のかゆみ.湿疹はもちろん治すツボがあります。

 

今日は逆子以外に、ついでに痒みのツボも刺しました。

至陰穴、内廷穴、血海、曲池、三陰交、築賓。(合谷穴も必要だけど、今妊娠中なので刺せない)

 

置鍼40分。

途中で1回針を回し。

 

特に内廷穴は、とても響いだそうです。

 

鍼が終わった後、話を聞いたらまだ治ってない。

 

来週、もう1~2回鍼をやってみて下さいと勧めました。お灸も続けてやる。

 

2017年8月30日。

彼女から電話がありました。

逆子は治った感じ。

画像診断はまだしてないけど、本人の感覚では治った。

 

なので、3回目の鍼はキャンセル。

ホッとしました。治って良かったです。

 

逆子が治ったかどうかは、エコーなど画像診断は要らないです。お母さん自分で分かるから。

 

ネットには至陰穴にお灸をすると、逆子が治る情報があります。

 

お灸は確かに効果があります。

しかし、一般的な優しいせんねん灸を1,2個やっただけでは、効果がありません。

 

最低でも生姜入りタイプのせんねん灸を使って下さい。

(せんねん灸の中では2番めに強力)

そして、大量に使う。

 

時間があれば30個、50個。至陰穴が熱々にならないとダメです。

 

条件がある方は、もぐさを米粒大に小さくひねて、そのまま至陰穴に置いて燃やして下さい。

 

直火の方が効果が高い。

 

直火だとやけどはしますが、逆子が治ってしばらく経てばやけども治ります。

 

追記:

 

9月4日、ご主人からお礼の電話がありました。

地元の病院で検査したら、逆子は完全に治っている。

 

今度は完全に安心しました。

 

元気な子供が生まれることを祈ります。