【翻訳文】十棗湯(じっそうとう)と不正出血.咳(その1)(2018-02-21修正)

f:id:li-hari:20180420174815j:plain

十棗湯の中の生薬:大戟

こんにちは。李哲です。

今日はニハイシャ先生の有能な弟子:張孟超先生の治療例を翻訳しました。

 

文章には漢方薬がほとんどで、漢方薬に対する理解とマメ知識増えれば幸いです。

 

青文字.赤文字の所は、張孟超医師の考え事で、私の感想ではありません。

 

翻訳文の最後にだけ、私の感想が少しありますので、間違わないで下さい。

 

余談ですが、張孟超医師は私が推薦する超ハイレベルの中医師です。


中国語本文のリンク先は、

http://www.hantang.com/chinese/ch_Articles/studentcase1.htm

翻訳文

 

十棗湯(じっそうとう)の医案【一】


2008年2月27日。初診。


43歳の劉さん。既婚女性。

治療に来た原因は、この3ヶ月ずっと不正出血が続いている。

 

西洋医学と中医学の治療を受けたけど治らない。

当時、私が思ったのは、簡単なキュウ帰膠艾湯若しくは桂枝加竜骨牡蛎湯の類だろう。しかし、またすぐ他の先生たちが治療してみて無効だったから、きっとほかの原因もあるでしょうと思った。)

 
 

ニハイシャ先生がよく言うのは、:己を空っぽにする。先入観入れるな。

 

問診で分かったのは、、生理の血は薄い赤。サラサラで血の塊はない。血が出続けている。腰とお腹は痛みがない。

 

四肢は氷みたいに冷たい。

冷たいのも風にあたるのも嫌がっている。

普段は汗をかきにくい。

喉は渇かない。

熱いものを飲みたがる。

食欲はまだ良い。

大小便は正常。

 

患者さんは不思議な症状があると私に話しました。

きたきた。私はすぐ耳を立てましたニハイシャ師匠がよく言うのは、患者さんの不思議な症状はだいたい大事なキーワード

 

咳は1~2年続いている。毎朝必ずたくさんの白泡の痰を吐き出す。最初の痰が少し黄色い以外に、他の痰は全部白い。たまに血が混ざる。

 

口の中は涼しい麻痺しているような感じ、辛い味も感じる。(私が思うのは、肺金の味だろう)。

 

私はすぐ彼女に聞きました。

「睡眠はどうですか?朝までぐっすり寝れますか?」 

「だめです。毎週2,3回、朝4時~5時の間に起きて寝れません。」

 

「胸が苦しいですか?」

「胸が苦しくて息が吸いづらいです。しかも、背中の肩甲骨の間に手のひらサイズの寒い区間がある。まるで冷房が当たったように寒い。」(あとひとつの質問で確実な診断ができます。小青竜湯か十棗湯(じっそうとう)か?

 

「仰向けで寝られますか?」

「寝られます。」

 

これは小青竜湯の症状に間違いない。

私はすぐ処方しました。

小青竜湯、乾姜を増加し、加工したトリカブトを追加。

 

脈診では、左右の寸脈が細弦(みぞおちに水気が溜まっている腹証)。お腹全体的に圧痛がないけど、お腹に力がない。切診も私の判断を支持していました。

2008年3月4日。

再診察1回目。

 

患者さんが言うのは、生理の量が減った。たまに1,2日は血が出ない時もある。

 

患者さんは絶賛してました。

 

貴方は唯一、私の問題は婦人科ではなくて、肺に問題があると教えた先生です。肺に問題があるから、下をコントロールできなくて、生理の血が止まらない。

 

さすがにニハイシャ先生の弟子!

またニハイシャ師匠のファンですね

 

今は風にあたるのが嫌、咳と白い痰は減っている。

背中の肩甲骨の間の寒い範囲も拳サイズに減っている。

四肢は冷たい。表の寒気はなくなったけど、体内の冷えはまだ強い。

 

今日の処方は、

射干麻黄湯に乾姜、生のトリカブト10gを追加。

 

2008年3月14日。

著しい変化はない。

 

背中の肩甲骨の間の寒い範囲は拳サイズ。

喉は渇かない。四肢は冷たい。食欲は少し減った。体内の冷えはまだ強い。睡眠の質は改善した。

 

処方:

射干麻黄湯に乾姜、白朮、茯苓を追加し、生のトリカブトを15グラムに増量。