親族たちの鍼治療(2)(2018-02-18修正)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180516/20180516141804.jpg?1526448203


こんにちは。李哲です。

今日は続きの記事です。

 

2017/09/11。

 

お父さんとお母さんは、特に変化なし。

 

お父さんは私の目の前で、お腹にインスリン注射をしていました。

 

止めろと言ったら、糖尿病はインスリン注射をしないと死ぬ!と言い切って話を聞かない。

 

①お父さん:

 

今日刺したツボは秩辺穴(ちっぺんけつ)周囲で圧痛点を探して、そこに鍼を1本。

陰谷、委中。

腎兪、京門、脾兪、肝兪。

 

お父さんの唇を見たら、縦の輪がたくさんできている。これはインスリン注射で脾臓(西洋医学で言う膵臓も含む)が駄目になり、退化していることを示す。

 

不詳な予感がしたので、またインスリン注射を止めさせるために説得しました。

 

しかし、お父さんは30年もインスリン注射をした隣人が生きていると反論し、止めようとしてない。


②お母さん:

 

腎兪、京門、陰谷、委中。

膝五鍼。関元。

 

膝痛、腰痛がある言うけど、今日は休み休みしながら、歩数計に現れたのは1万1千歩。

 

6時間くらい外出。帰ったあとは疲れて、膝痛がひどくなり、ダウンしてました。

 

③おばあちゃん:

 

内廷穴。霊骨穴(これは董氏奇穴)。

 

左の歯の痛みで顔半分が痛いのは消えたけど、まだ少し残っているから。

内廷穴が鍼を抜く時に内出血。

 

膝五鍼。

上脘、中脘、関元。

 

おばあちゃんが言うの、西洋薬が効いたのか最近は胃酸逆流の症状喉が焼かれてカラカラ声が出る症状)がない。

 

私は苦笑いしました。

 

西洋薬はだいぶ前から飲んでいる。

なぜ前は効き目が出なくて、この2,3日で良くなったのか。

 

鍼の効果だと分からないですね…

西洋薬の効果か。

鍼の効果か。


争う必要もない。

良くなれば良いと思います。

 

とりあえず、できることをしてあげたい。

 

滋養強壮のツボを刺して、なるべく経絡の流れを良くしてあげる。

 

西洋薬の副作用に必ず負けていろいろ不調が出るけど、基礎体力.免疫力を上げれば、倒れるまでの時間を少しでも伸ばすことができるでしょう。

 

これが私の考え方。


解決策が知らなければ、ただ病気で死んだと悲しむだけ。これで終わりです。

 

しかし、解決策を知っているのに、相手が認めない。試そうともしないから、救えるのに死ぬのを見るしかない。

 

これは悲しみを超えて、言葉では表現できません。

 

~続き~

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com