【翻訳文】新生児の免疫は不完全なのに、なんでまたワクチン接種が必要なのか?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180426/20180426010651.jpg

こんにちは。李哲です。

今日は中医師:鄭智城先生の文章を翻訳しました。

 

ワクチン接種を考える親に、参考になれば幸いです。

 

中国語本文のリンク先は、

初生婴儿免疫功能不完善,为什么还要统一疫苗接种?_郑智城_新浪博客

 

翻訳文:

 

ワクチンを拒否する論理思考は簡単です。

 

ワクチン接種の為には、完備した免疫システムが前提条件。

 

免疫システムに欠陥がある時は、ワクチン接種しては行けません。確実に事故が起きるから。

 

完備した免疫システムがあるのに、またワクチン接種が要るのか?

 

もちろん一切必要がありません。

 

何故かと言うと、たくさんの伝染病は自限性の疾病。

 

例えば、

98%の小児麻痺は自力で治る。

95%のB型肝炎は自力で治る。

98%のHPVウイルス感染者は2年以内で自力で治る。

 

だから、ワクチン接種は完備した免疫システムを持っている人には、余計なもの。

 

免疫システムに欠陥がある人には、有害で接種してはいけないものです。

 

ワクチン接種が必要なのか?

 

新生児の免疫システムは不完全である。

これは医学界の公認する事です。

 

免疫システムが不完全であるのに、ワクチン接種をする。

 

事故が起きるじゃなくてなんですか?

 

関連記事:

li-hari.hatenablog.com