【翻訳文】めまい、気持ち悪い、疲労感、月経失調、頻尿若しくは尿が出ない、左肋骨下の脾臓のあたりが痛い、頭痛。

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカでの開業医(中医師):鄭智城先生の文章を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

治病兼通月经:这个儿科案例值得各位参考借鉴_郑智城_新浪博客

翻訳文

前回話したあのロシア人の親子。

お父さんは1週間の脾臓を強化して、湿気を出す漢方薬を飲んだら頭痛が治りました。1千ドルのMRI検査費用が節約できました。

 

娘さんは13歳。

フィギュア選手。

 

伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょ。省略してMONO)だと診断されています。

 

この病気は、私も知っている。

アメリカのテニス選手アンディ・ロディック(Andy Stephen Roddick, 1982年8月30日 - )も、この病気でした。これは以前のブログでも書いたことがあります。

 

この子の症状は、3週間前からめまい、気持ち悪い、疲労感、月経失調、頻尿若しくは尿が出ない、左肋骨下の脾臓のあたりが痛い、頭痛。

めまい、気持ち悪い、疲労感、月経失調、頻尿若しくは尿が出ない

めまい、気持ち悪い、疲労感、月経失調、頻尿若しくは尿が出ない

 

今日は母と娘さんが再診察に来たのです。

 

母が言うのは、「漢方薬はすごく役に立っています。最初の1日分を飲んで、娘さんは精神状態がとても良くなり、めまいがなくなり、なくなった食欲がたくさん出てきました。

 

もう一つ不思議な所は、以前娘さんは反応が鈍い、大人の指令に何秒か遅れて反応するのが、1日分の漢方薬を飲んでからまるで生き返ったように機敏に動いている。」

 

この例は、不幸に精神的、智力低下だとレッテルを貼られた子供に、参考になるかも知れません。

 

もう一つ不思議な所は、この子の生理はいつも乱れたそうです。最後の生理は5ヶ月前に来た。7月には少しの出血があり、生理っぽかったけど生理ではない。

 

漢方薬を飲んで3日後には、生理が来たそうです。

血と水が混ざったものでしょう。

 

私は座って子供を観察しました。

娘さんはもともと顔色蒼白だったけど、今はピンク色で潤いがあり、話と共に笑っている。

 

私は彼女の左肋骨下を示して聞きました。「ここはまだ痛いですか?」

 

彼女が言うのは:「痛くない。」

 

彼女の母親が隣で話の内容を補充しました。


「漢方薬を飲んでからある日、そのあたりがとても痛くなった。今まで経験した事がない痛みで、その日は痛くて試合を止めるしかなかった。

 

でも、その後からは痛みが消えたのです。」

 

私が思ったのは、おそらく漢方薬が瘀血を溶かして痛みが生じたでしょう。

 

今度、娘さんの両腕の外側にニキビが増えたのを気づきました。あとは、鼻と右顔に一つずつニキビがある。

 

身体は寒いより熱いほうが多い。

昔低熱があったけど、手足は冷たい時もあったそうです。たまには口が苦くて気持ち悪くなる。

 

最近は尿道炎があり、パンツには血がつくのもあった。

 

脈診では、沈微。左関弦細。

舌診では薄い赤、潤いがある、舌苔は薄い。

 

少陽症が比較的に著しいので、小柴胡湯+白朮、茯苓、黄柏を5日分処方しました。

f:id:li-hari:20180608130018j:plain

黄芩(おうごん):小柴胡湯にある一つの生薬。

今回は一つ面白いのを見つけました。

ロシア人は中国人がアギョウで血を補うのと同じように、牛の血で補うそうです。

 

ロシア人は牛の血を原料に、チョコレートみたいな便利な形にして食べる。

この娘さんの話によると、美味しいそうです。

 

娘さんの母親が言うの、ロシアの運動選手は伝統的に牛の血で成績を上げるそうです。赤血球数をあげるなど。

 

私が思ったのは、中国人も豚の血とか鴨の血を食べているでしょう?

 

もっと簡単なのは、豚のレバーを食べる。

 

私は前回広東省の星5つのホテルで、豚のレバーが入ったおかゆを食べたけど、本当に美味しかったです。さすが星5つのホテル。

 

中医学では血を補う方法はたくさんあります。

 

鉄剤を飲むバカなやり方はしない。

鉄剤を飲むと消化しにくいし、便秘にもなる。

 

中医学にはほとんど西洋医学のやり方の代わりになるのがあります。しかも、さらに効果が良い。