サプリメントと男性の前立腺炎.朝立ち(その1)(2018-02-14修正)

こんばんは。李哲です。

久々の更新です。


普段、休みの日を利用して記事を書いてますが、やはり難しい日本語作文なので、公表までは時間がかかります。


更新を待ってる皆さん、

焦らないで少々お待ちください。


私が病院に運ばれて抗生物質.抗がん剤などを打たれない限り、記事の更新はします。(笑)


今日は生の事例で、「サプリメントが男性の前立腺炎.朝立ちなどを悪化させる」ことを説明します。


前の記事に書いたおじいちゃんです。

li-hari.hatenablog.com


このお爺ちゃん、太ももの痛みはなくなりました。残ったのは、足の脛の所だけ重い.少ししびれる感じ。でも、普通の歩きにはぜんぜん支障なし。


それ以外に小便の勢いがよくなり、

チョロチョロ出る感じがなくなりました。


しかも、よく聞こえなかった耳までよく聞こえるようになりました。

以上の変化で分かりますが、
お爺ちゃんの腎臓の機能がよくなっています。

(中医学の理論では、人間の聴力と大小便は、腎臓が管理している。)

男性は年を取ると、前立腺炎だと診断される人が多いです。その代表的な症状として、尿がチョロチョロ出ること。


女性の場合、年をとると尿漏れ.尿失禁などが挙げられる。

解決策として、

足つぼ.整体は一つの自然療法です。

(もちろん、ほかにいろんな自然療法があります。)

もう一つ必須なのは、

たくさん歩くこと(万歩計が必要)。


これは、病気になった人でもなってない人でも、必要なこと。

走るのは要らないので、たくさん歩いたほうが良いです。

病院には骨盤の何々筋肉を強化する薬などあるけど、当てにならない。その副作用が想像つきません。


お爺ちゃんは整体しかやってないのに、小便の勢いが変わってる。足つぼをやったら、もっと効果が期待できます。


今までの経験から見ると、前立腺炎.尿漏れ.尿失禁.夜よくトイレに行くなどは、足つぼ1回で効果が分かります。


1回受けたその夜から、
トイレに行く回数が少なくなり、尿漏れが消えます。

同じ症状で悩む方は、ぜひ近くの足つぼ屋で試してください。
きっといい結果が出ると思います。

お爺ちゃんは、

もう一つビックリの感想がありました。


「若いときみたいに、朝立ちがある。これはもう何年ぶりだろう…」


皆さん。
お爺ちゃんはいくつだと思いますか?


すでに65歳を超えてます。


今まで何回施術を受けたと思いますか?

たった5回の整体。

お爺ちゃんの感想がなかったら、私も信じません。

しかし、よく考えたらビックリした自分が大げさ。

60歳を超えても、朝立ちがあるのは当たり前です!

当たり前の事が珍しくなってるから、

みんなビックリするんじゃないかな?


今までは女性の患者ばかりで、男性の話をあまりしてなかったけど、今日は少し中医学の理論を述べます。


中医学で男性の生理変化のサイクルは、8年。

8×8=64までは子供ができると言います。


64歳まではもちろん、朝立ちもちゃんとあるわけ。

朝立ちと言うのは、朝起きたとき生殖器が硬くなること。


(女のサイクルは7年。

7×7=49歳までは妊娠ができる。)


皆さんはきっとこう思います。


先生!冗談でしょう?

64歳まで朝たちがある?

64歳まで子供ができる?


あなたがビックリする気持ちは分かります。

なぜかと言うと、現実には逆のことばかり。

30歳、40歳もなってないのに、EDになる男性だらけ。

夜の精力強壮剤がいくら高くても売れている。

アメリカでは精力強壮剤(化学薬品)を飲んで、ベットで心臓病発作で死んだ人がいるのに、何も知らないで使っている男性たち。

まるで宦官が溢れる昔の中国社会です。
なぜ、男性機能がダメになっている方が増えているか?

その原因はいろいろありますが、主な2つを説明します。

1.抗生物質。

三高薬品(高血糖値.高血圧.高コレステロールを下げる薬)の乱用。

抗生物質の害は、
説明しなくても分かるでしょう。

抗生物質がどのくらい「効く」か、現実の例えをします。

強い鎮痛剤などを飲めば、1週間も経たないうちに朝たちがなくなる!

信じてない方は、

自分の身体で試してください。


私はこんな実験やりません。


偏頭痛.腰痛は治ったけど、朝立ちがなくなった。

喜ぶ男性はいますか?


私が西洋薬のボロクソ言うのは、化学薬品はいつも「東の壁を掘ってきて、西の壁の穴を埋める」からです。


西洋薬で現在の症状は治ったけど、

その副作用で本来の病気よりもっと怖い病気が来る!

 

続き

↓↓↓

li-hari.hatenablog.com