【翻訳文】陳先生の漢方薬治療例:甲状腺機能亢進症(バセドー病)

こんにちは。李哲です。

今日はニハイシャ先生の弟子が投稿した治療例を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、甲狀腺機能亢進

翻訳文

林※※。

女性、39歳、屏東県の人。

初診は1998年9月9日。

 

続いて診察したのは9/16,22,24。

10/7,14,21,28。

11/4,11,18,25。

12/2,14,23,30。

1999年1月6日。

 

彼女の症状は右顔半分がマヒ。

西洋医学の診断では甲状腺機能亢進症(バセドー病)。西洋薬でコントロールしているそうです。

 

食欲は良い、汗がたくさん出る、手が震える。大便は毎日3~4回、下痢便。小便の色は薄い黄色。動悸がする。職業は学校の先生でプレッシャーが強くてよく胃が痛くなったり、睡眠障害で夢が多くなったりするそうです。

 

舌は紅い、舌苔は少し白くて厚い。

左脈:浮弦渋数。

右脈:浮弦数。 

 

処方箋(粉状の既成品を利用):

炙甘草湯8。葛根1。ウコン1.5。茯神1.5。酸棗仁1.5。当帰1。

f:id:li-hari:20180506104236j:plain

炙甘草(しゃかんぞう):甘草を蜂蜜で炒ると炙甘草になります。甘さ以外に苦味もあります。

2回目診察の処方箋:

炙甘草湯7。五味子1。ウコン1.5。茯神1.5。加工したトリカブト1。当帰1。黄芩0.5。黄連0.5。

 

その後は、炙甘草湯に黄連、黄芩を入れてアレンジしたもの。

 

1999年1月6日、左肩の重だるい痛みで来た時、彼女が言うのは「心臓の拍動は70~80回/分になりました。体重は3~4kg増えていました。」彼女は自分が治ったと思うと言ってました。

f:id:li-hari:20180514204515j:plain

黄連(おうれん):生薬の中では最も苦いと言われています。

 

あとの記述:

彼女が最初に来た時、西洋薬を止めて漢方薬だけにしました。

ある日、西洋医学の所に戻って検査。

いつもの主治医がいなくて、他の医師が診察したのです。

 

西洋医学の先生:「体重はどのくらい増えたのですか?」

患者さん: 「1kgだけです。」

 

西洋医学の先生:「1kgだけ増えるのはないでしょう?」

患者さん:「私は薬を飲んでないです。」

 

西洋医学の先生:「薬を飲んでなかったら、更に痩せるはずで、太るのは有りえない。」

患者さん:「私は漢方薬を飲んでいます。」

李哲の感想:

甲状腺機能亢進症(バセドー病)は機能亢進なので、新陳代謝が速く体重が落ちるのが普通です。

 

西洋薬だとかなり増えるはず。

 新陳代謝のコントロールが適切にできないので。

 

上の患者さんは漢方薬だけで体重がわずか増えました。

事情を知らない病院の先生は、西洋薬を飲んでないのに体重が上がったことにびっくりしてましたね。 

 

それはそうでしょう。

彼らは漢方薬の威力を知らないから。

 

鍼治療も同じような効果が得られます。

 

ただし、鍼治療の場合は、もう少し時間かかるかも知れません。

持久戦に備える心の構えが必要です。

 

ちなみに、この陳先生はおそらく私が台北漢唐中医診所に研修に行った時に、一緒に診察した陳先生だと思います。

 

陳先生に出会った時の事は、以下の記事で書いてます。

読んだことがない方は、どうぞご覧ください。

 

li-hari.hatenablog.com