【翻訳文】驚き!アメリカベットの死亡原因は癌、腫瘍!

f:id:li-hari:20180412165229j:plain

こんにちは。 李哲です。

今日はアメリカの開業医(中医師):鄭智城先生の文章を翻訳しました。

 

最後には私の感想文があります。

 

中国語本文のリンク先は、

震惊!美国的宠物狗大多因为癌症肿瘤而死_郑智城

翻訳文

最近、友達と話したことがあります。

友達はベットを観察した感想を教えてくれました。

 

「アメリカのベット、猫若しくは犬、大多数は癌若しくは腫瘍で死んでいる。老死ではない。

 

友達の推測理由は、アメリカのベットフードの肉はとても質が悪い肉。同時に大量の添加物を入れているから。

 

偶然に私も最近新聞を見たのがあります。

昔中国の学者がアメリカに来た時、最初は英語が分からなくてスーパーでベットフードの缶詰を買って来て食べたら、激しい下痢で救急車で運ばれたのです

 

その後、中国大使館は学者たちに特別なお知らせを出しました。ベットフードを食べないように。

 

アメリカのベットフードと人間が食べているファースト食品は、ほとんど差がない。みんな質が悪い肉を使っています。

 

特にハンバーガーの牛肉、鶏肉は質が悪い肉を混ぜたもので作られている。

つまり、100%の牛肉100%の鶏肉ではないのです。

 

だから、マクドナルドはたまに広告で自分のハンバーガーは100%牛肉だと言い、差別を付けてます。

 

ほかの店舗はいろんな肉を売っていますね。例えばこの前ヨーロッパで大騒ぎになった馬肉。

 

このようなファースト食品をたくさん食べると、癌になるのは驚く必要もないです。

 

西洋医学のやり方は動物実験で新薬を試す。

 

このベットフードは、動物実験と同じです。

長期的にゴミ肉で飼われた動物は、長期的にファースト食品を食べた人と似ていて、みんな癌になりやすくなります。

 

アメリカファースト食品業界の労働者たちはまだストライキしています。最低賃金を7ドルから15ドルに増やしてほしいと言っていますがこれは不可能。

 

もし15ドルになったら、ファースト食品業界は潰れます。

 

もともとファースト食品の純利益率は少ないです。従業員の給料を上げたら、販売価格もあげないといけない。アメリカの貧乏人たちも、ファースト食品が食べられなくなります。ファースト食品の特徴は安いから。

 

安いと必ず質が悪い肉を使います。

だから、ファースト食品は食べるものでない。

李哲の感想:

私は中国の田舎に住んだとき、犬とかニワトリとか豚を飼ってましたが、食べ物は収穫してきたトウモロコシ.草.自宅での食べ残しなどあげてました。

 

病気で死んだのはとても少なくて、だいたい寿命通りに生きました。

 

最近のベットはどうでしょう。 

寿命通りに元気に生きる動物はどのくらいいるだろう?

 

美味しそうなベットフード 、人工添加物だらけではないでしょうか。

栄養たっぷりだと言うけど、サプリメントと同じ身体が吸収しないので、がん細胞の飯だけになり、最後は大きな腫瘍ができて病死。

 

可愛いベットが、寿命が来て死ぬのではなくて、ガン.腫瘍で死ぬのはかわいそう。

 

万が一、動物が病気になったら鍼治療する獣医もいるので、 そのような先生に診てもらったほうが良いです。

 

私が日本の鍼灸専門学校を通った時、学校の先生は自宅の猫によく鍼をして体調不良を治すそうです。