中医学の分析:男性不妊の原因と改善する方法。

こんにちは。李哲です。

男性不妊に関してリクエストがあったので、記事として発表します。

 

カルテの整理が追いつかず治療例ではないですが、中医学での男性不妊の原因と改善策を書こうと思います。

 

 

男性不妊の原因

男性不妊の原因は2つあります。

 

西洋医学の話を借りると、

①精子が少ない。

②精子の活動力(運動率)が足りない。

 

中医学の話で言うと、腎臓の陰若しくは陽が足りないです。

 

①腎臓の陰虚というのは、精子の数が足りないこと。

②腎臓の陽虚というのは、精子の活動力(運動率)が足りないことです。

 

陰陽五行論を話すと、中医学は玄学で科学的根拠がないと言われがちですが、現代の言葉で話すとわかりやすいでしょうか。

 

中医学は物理的な学問で、そんなに抽象的なものではありません。

 

以下は腎臓の陰と陽を強化する方法を伝えます。

 

腎臓の陰を強化する方法

陰というのは、食べ物から来ています。

食べ物を消化吸収して、さらに体内で精製されて、最後は一番良い栄養の塊:精になる。

 

この精はとても純粋な栄養で、普段性行為がないときは、督脈にそって脳まであがり、私たちの脳組織を養います。そのおかげて、私たちは思考ができて記憶力があります。

 

この精が性行為の刺激で外に出ると、白い精子になります。

 

上記のとおり、精はとても大事なもので、普段は腎臓と脳を養っている。

 

だから、普段から節制して使う必要があります。

 

f:id:li-hari:20180718131751j:plain

 

腎臓の陰を養う良い食べ物はないのか?

以下で簡単に紹介します。

 

1.色が黒くて、しょっぱいもの。

例えば海藻類。

胡麻(ゴマ)。

天然塩(海塩若しくは岩塩)。

 

2.臭いもの。

たとえば納豆。 

中国には『臭豆腐』があります。

 

3.腎臓の形をする食べ物。

たとえば豆類。

動物の腎臓。

 

腎臓の陰を養う漢方薬は、六味地黄丸(ろくみじおうがん)杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)などが有名。詳しいのは漢方医にご相談ください。


腎臓の陰を補うのは、以上の方法。

 

そして、腎臓の陰を損なう生活習慣にも、気をつけましょう。

 

【重要】避けるべきのこと

 

①夜更かし。(たまには良いけど)

②大量のお酒。(少量は良い)

 

③長時間のパソコン、スマホ、テレビ画面。

(肝臓の血をたくさん消耗するので、腎臓にも悪影響があります。)

 

④運動しない。歩かない。

⑤当院で口すっぱく言う、日常での禁止物を守らない。

 

⑥自慰(マスターベーション)。

 

腎臓の陽を強化する方法

《素问,灵兰秘典论》:“肾者,作强之官,伎巧出焉”。

《素问,宣明五気》:”腎主骨”。

 

力強さ。匠の技。

骨の強度などは腎臓が司る。

 

つまり、骨を動かす運動、筋トレなどは腎臓を鍛えることができます。

 

ヨガ、登山、格闘技、ジョギング…

過度にしなければ、どんな運動でも良いです。

 

水泳は除外。

鄭智城先生は水泳をあまり薦めてないみたいですが、私も水泳はあまりオススメしません。

 

現実では冷えと湿気にやられている患者さんが多いので、更に冷たい水の中で長時間いるのは良くないから。

 

漢方薬には八味地黄丸(はちみじおうがん)(別名:八味丸)が有名。

 

生薬の組み合わせは、六味地黄丸(ろくみじおうがん)に肉桂(桂皮、けいひ)とトリカブト(附子)を追加したもの。

 

つまり、陰を補給しながら陽の補給もできる、一石二鳥の漢方薬です。

 

臨床では六味地黄丸(ろくみじおうがん)八味地黄丸(はちみじおうがん)の必要がなく、八味地黄丸(はちみじおうがん)だけで済みます。

 

ただし、自分の体に合うのかどうか、詳しいのは漢方医にご相談ください。

 

まとめ

食べ物に気をつけて(陰を養う)、適当な運動を続ければ(陽を養う)、腎臓の強化ができます。あとは、腎臓を損なう行動に走らないこと。

 

これでも足りなかったら、漢方薬若しくは鍼灸治療を試してください。

 

お灸は自宅でもできるのでオススメ。

関元、若しくは中極穴でたくさんお灸すれば、徐々に下腹部が暖かくなりパワーが出てきます。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

余裕がある方は、お灸する以外に鍼も同時に受けることを薦めます。

 

以前、ある男性の報告がありました。

 

数回の鍼治療後、病院の検査で精子の運動率がびっくりするくらい上がったそうです。

 

ただ関元、気海、中極穴などを刺しただけですが。

 

男性不妊は難しい病気ではないです。

少し時間をかけて施術すれば、効果があるかないかが分かる。

 

効果が出れば、あとはもう少し辛抱強く続けることです。

 

(おわり)