エイズ(AIDS )は西洋薬の副作用で起きる病気、本当はドラッグエイズである

こんにちは。李哲です。

今日は倪海厦(ニハイシャ)先生の記事の翻訳文。

 

本文のリンク先は、AIDS

翻訳文

「世紀の黒死病:エイズ」を聴いた時、みんな顔色が真っ青になり、エイズ患者さんから逃げようとします。

 

アメリカは「人類の健康の為」だと言い訳して、無数の税金を医学研究に使っているけど、いまだにもともと存在しなかった病気の解決ができていません。

 

以下は私の臨床研究と治療例です。

カリフォルニアのバークレー大学医学院の教授:Peter Duesberg PhDの研究データも提示します。

 

この教授はドイツ人でアメリカ生まれ。

極端な正直者として有名です。

 

彼の名前が広がったのは1967年。

分子細胞生物学の先駆者で、癌細胞の遺伝子情報を読み取った第一位の医学者です。

 

もともと彼は、1976年のノーベル賞をもらえるはずでした。

しかし、彼は正直すぎてノーベル賞をもらう前に、HIVーPositiveとAIDSは関係ないと発表し、製薬会社からの金銭支援も拒否したので、ノーベル賞リストから除名されました。

 


 

彼が言うのは、「西洋薬の副作用で、AIDSになっている。」

 

彼は著作の中で1千個に及ぶ証拠で、

「HIVーPositiveは致命的ではないウィルスだ」と証明しました。

 

エイズが広がったのは、麻薬・覚醒剤の氾濫が原因である。

エイズは同性愛と関係ない。

麻薬・覚醒剤をよく使う人が、AIDSになりやすいと主張しています。

 

 f:id:li-hari:20180608002317j:plain

 

ほかには、患者さんにHIVーPositiveがあると診断されて、医師がAZT、DDI、DDCなどのDNAーChain阻害剤を飲ませると、その後の副作用の症状がAIDSとまったく同じ。だから、これはドラッグAIDSであります。

 

AIDSはHIVーPositiveと全然関係ないと主張しています。

 


 

どうでもいい事を大げさに言わないと、人々は製薬会社の「偉大さ」が分からないし、製薬会社も儲けられなくなる、医師も必要がなくなります。

 

アメリカの各大統領・議員たちの後ろには、ほぼ全員製薬会社の金銭支援があります。もしお金がなかったら、選挙に勝つのは無理。


政治はマネーのゲームです。完全に庶民たちが生きるか死ぬかは、気にしていない。

 

政治家は一番信用できません。

彼らは自分の目的を達する為に、たくさんの庶民たちが死んでもかまわない。

 

f:id:li-hari:20181228002914j:plain

政治家は一番信用できない

 


 

私は臨床で見たAIDSの患者さん。

エイズ治療薬を飲む前、みんな「陽明証」の症状でした。

 

中医学の理論でいうと、陽明証は死ぬ病気ではない。

だから、私は「AIDSは無害であり、絶対に致命的なものではない」と確信しています。

 

この考え方は、Dr Peter Duesberg とまったく同じです。

AIDSは非常に治しやすい病気。しかし、いったんAZT、DDI、DDCなどのエイズ治療薬を使うと、患者さんはすぐ一番深い厥陰証になります。厥陰証はほとんど死ぬしかない症状。

 

だから、「患者さんはエイズ治療薬の副作用で死んでいる。AIDSが原因ではない」と私は言うのです。

 

残念なのは、DR Peter Duesbergが中医学を知らないこと。

もし知っていたら、彼もAIDSを治せるはずです。