坐骨神経痛。膝痛。頑固な便秘症。むくみ。肩こりの治療例(3)

こんにちは。李哲です。

今日は私の鍼灸治療例。

 

最初の記録(1)は以下をご覧ください。

li-hari.hatenablog.com

 

以下は続きの記録です。

 

2017年6月17日。

1年後の施術になります。

 

今日の主訴は、両膝の痛み。特に膝のお皿から外縁が痛い。

腰痛(左が特に痛い)。

 

手足のしびれ。手はたまに第一指から第三指までしびれる。若しくは第四指と小指がしびれる。5本指が全部しびれる時はないそうです。

 

足がすごくむくむ。

耳鳴りがひどい。

大便は3日に1回。

尿は透明色。

 

彼女が言うのは、去年最後の鍼を終えてから、腰と膝の調子は良かった。

でも、今年に入ってから徐々に悪くなり、体重も増えてきて痛みがかなりある。

 

今日刺したツボは後渓、束骨、内関、中脘、巨闕、関元、天枢、大巨、中極、鶴頂、内膝眼、外膝眼、陽陵泉から陰陵泉につなげる、太衝、復溜。

 

2017年6月21日。

前回の針のあと、翌日はバナナ便が出た。その後は出そうで出ない感じ。

 

左の膝は良い。

気になるのは右膝。

あと、足がむくむのと首コリと肩こり。

 

尿はまだ透明色。しかも濁っている。

 

今日はいつものツボ以外に、支溝、照海などを追加。

便通を良くするためです。

 

2017年6月24日。

昨日と一昨日は便が出た。黒くて細い便。

私は彼女に説明しました。

「黒い便は古いやつです。おそらく中で出血し、それが出てくると黒い便になります。」 

 

膝は左右とも痛い。

風邪を引いたみたいで鼻水が多い。

 

前回と同じツボをさして、ほかには三間と液門を追加して風邪の対策を取りました。

 

2017年6月28日。

風邪が治らなくて咳が止まらない感じ。

 

今日は当院まで歩いて来る時、階段を昇るのは膝痛がなかった。降りるのはまだ痛いそうです。特に右膝。

 

便通はまだ週に2~3回。

今日は便通の強化のために支溝、照海を追加。

咳が止まらないので、天突穴を追加。

 

帰りに彼女が言うのは、痰が喉に絡んだのがだいぶ楽。

 

2017年7月1日。

風邪が長引いている。咳して痰が多い感じ。

膝痛はまだあり。

足はむくむ。

左腰が広い範囲で痛い。

 

便通は昨日と今日は出たけど、一昨日は出てない。

 

今日はうつ伏せで肺兪、風門など刺して、仰向けでは水金と水通(董氏奇穴)を刺して、頑固な風邪を治すようにしました。

 

仰向けで置鍼中に咳が頻繁に発作したけど、天突穴の鍼を少し回したらその後は静かになりました。

 

2017年7月5日。

膝痛は前よりだいぶ良い。

階段を降りる時の痛みはまだあり。特に右膝。

 

便通はまだ3日に1回。

左腰とお尻が痛い。

 

尿はよく出るけど、まだ透明色。

お腹はもう前みたいに冷たくないそうです。今は平温かな。

 

2017年7月7日。

大便は2日に1回になり、彼女は調子が良いと言ってました。

尿はまだ透明色。

膝痛はまだ少しある。何かこわばっているような感じだそうです。

 

左腰の痛みは改善がない。

今日は腰痛改善の為に、陰谷と委中を追加。

 

2017年7月12日。

大便は3日に2回ある。

つまり1.5日に1回。

彼女は前より全然良いと言ってました。

 

膝痛は5割くらい残っている。

左腰はまだ痛い、前回の針で進歩はない。

 

今日は鍼を回すのが少し長かったせいか、帰りに彼女は腰が楽だと言ってました。

 

2017年7月14日。

前回の針のあと、右かかとがしびれて重い。

左腰は楽になってない、まだ痛いそうです。

 

彼女:「最近は足がとてもむくむ、どうしたら良いですか?」

私:「たくさん歩いてください。じっと座っているとダメです。」

 

彼女は苦笑いしてました。

一日歩く時間がとても少なくいから。

 

~続き~

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com