ばいあぐらみたいに「元気」になった!(2019-03-13修正)

こんにちは。李哲です。

私のオジサンが針に来たので、前後の変化を記録しました。

 

腰痛、肩こり、痛風のなごり、手指関節のこわばり・痛みを治すついでに、ばいあぐるみたいに元気になった鍼治療例です。

 


 

2017年6月15日。

腰痛がひどくて鍼に来た。

いつもの右腰が、痛くてたまらない。

 

オジサンは「先週鍼を休まないで、来れば良かった」と言ってました。

 

私が指で押してみたら、右の志室穴のあたりが痛がってました。

すぐ鍼を志室穴に刺して、その後は首肩も辛いというので、だいちゅう(骨会).天柱を刺しました。

 

腰は腎兪のあたりが痛くなかったけど、念のために追加してあげて、少し回したらオジサンが叫んでました。

 

「その1本めちゃくちゃ痛い!あちこち響いてる!ぎっくり腰になりそうだよ!」

 

でも、20分後は仰向けになった時、かなり楽になったような感じ。

仰向けで刺したのは、関元と中極。復溜。太衝。合谷穴から後渓穴までつなげる。

 

オジサンは合谷穴から後渓穴までつなげるのが、お気に入りみたいです。

手のひらで雷が鳴っている感じで嫌がるけど、効果があるので認めています。

 

リウマチのこわばりを治すのは、この一箇所のツボのみ。

1回刺すだけで、1周間はかなり楽だそうです。

 


 

関元と中極は、以前ほど強く響かないみたいです。

私はオジサンに説明したけど、「これは老廃物が減って、流れが良くなると響きも減る時がある。」

 

太衝穴を刺したのは、オジサンの主訴があったからです。

 

オジサンは以前、何回か痛風になったことがあり、今回はなぜか足の親指の痛みではなく、足の裏が痛いというか感覚が変。

 

今週は歩いたのは2日のみ。他の日は、ほとんど車移動。

 

「足の裏が変なのも、歩いてないから老廃物が足の裏に溜まっているからだよ!」と歩くのを強く勧めました。

 

復溜穴を刺して回した時、オジサンはまた叫んでました。

「なんだこれ、電流が腰と脇の方まで来たよ!」

 

復溜は腎経の母穴で、腎虚証にとてもよく使います。

オジサンの証言から分かりますが、復溜穴は確かに腰の腎臓までつながっています。


おそらく、オジサンは経絡に敏感な人だと思います。

数回で針を回した時に、気がどこまで流れるかを教えてくれる人は、なかなか少ない。

 


 

オジサンは末子のせいなのか、超痛がりで大げさで面白い人です。

コーラとコーヒーなど止めさせようとしていますが、オジサンは苦笑いして、「朝一杯はどうしても目覚める為にコーヒーを飲みたい」と言ってました。

 

まだまだ説得が続きそうです。。。

 

鍼が終わって車で帰る時、オジサンからメッセージが届きました。

「足の裏がとても楽になったよ、ありがとう。」

 

太衝と復溜。

2つだけで効果があって良かったです。

 

オジサンは昔の私のマッサージをよく受けたので、マッサージをやってないことをとても残念がってました。

 

しかし、鍼はマッサージより効果が素早くて強いのは、実感していると言ってました。

 


 

臍下のツボ:関元穴などに関して、オジサンは感想がありました。

 

「このツボを刺すと、元気になるのが分かる。ばいあぐらみたい!

 

f:id:li-hari:20180619123439j:plain

 

今まで男性の施術を見れば、みんな元気になると言ってます。 

みんな関元など刺すと、尿道までビリビリ電流が流れるような気がすると言うので、生殖器系に良い作用があるのは当たり前のこと。

 

関元.中極などは、昔から滋養強壮のツボとして有名です。

 

ツボの紹介は、過去の記事をご覧ください。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com


リウマチのこわばりも治る。

ついでに腰痛を治す。

ついでに首肩コリを治す。

ついでに「元気」になる。でも、ばいあぐらみたいに副作用がない。

 

これが鍼の良い所です。