頑固な偏頭痛、頻尿、肩こり、足裏と足指のマヒ、感覚が鈍い(1)

 

こんにちは。李哲です。

今日は私の鍼治療例、全記録が長いので3回に分けました。

 

患者さんは女性、50代。

以前、足つぼ整体に通ったことがある方で、久しぶりに鍼治療に来ました。

 

以下はその記録です。

2018-3-27

1回目。

 

彼女の主訴は頑固な偏頭痛、頻尿、肩こり、足裏と足指のマヒ(感覚が鈍い)。

 

1週間前から急に右の偏頭痛が始まり、イブなどの西洋薬を飲んでも治らない

 

ほかには整体・アーユルベーダなども受けたけど、偏頭痛が消えないから鍼治療に来たのです。

 

今朝までは、右の頭が捕まえられたような痛みがあった。

鎮痛剤を飲むと怒られると思うけど、あまりにも痛くて飲んでしまった。

 

頻尿は1時間に1回行くような感じ。尿の色は透明。

私が思ったのは、単純計算だと1日15~20回くらいは行く、かなりの回数です。

 

坐骨神経痛は右下半身の後ろが、つるような痛みがある。

 

足裏と足指の感覚が鈍い(マヒ)も右側。

感覚が鈍いのは、右足の5本指全部。足裏は前の3分の1が感覚が鈍いだそうです。

 

彼女が言うのは、「去年も同じ時期にも同じような偏頭痛がありました。季節の変わり目だから偏頭痛が起きますかね?」

 

私が思ったのは、季節の変わり目と関係があるなら治療は簡単だけど、そうでない場合は回数がかかりそう。

 

以前、もう一人の女性は3回で治したけど、今回は何回で治るかやってみないと分かりません。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

彼女の頻尿、足の5本指と足裏の感覚が鈍いのは、全部下半身の冷えがひどいからです。

 

偏頭痛は胆経の問題なので、関連のツボを選べば良い。

あと、今は春で肝臓の季節。もし季節の変わり目が原因だったら、肝臓の兪穴(太衝)だけでも偏頭痛が治るはず。

 

そして、すぐ鍼治療を始めました。

今日刺したのは後谿、天柱、大チュウ(骨会)、腎兪、京門、大腸兪。左の陰谷と委中。20分置鍼。

 

仰向けでは太陽、霊骨(董氏奇穴)、合谷穴、太衝、関元、中極、腎関(董氏奇穴)、復溜、左の陥谷(偏頭痛に有効)。

 

鍼を刺している間は、偏頭痛はなくなったけど、鍼を抜いて帰る時、右の偏頭痛がまた徐々に再発しました。

 

彼女は「好転反応ですかね?」と言って、私もなぜ消えた痛みがまた再発したのか分からなかったです。

 

とりあえず今日帰って、様子を見る事にしました。

 

2018-3-28

昨日帰ってから、やはり偏頭痛が戻ったそうです。

彼女は仕方なく鎮痛剤を飲みました。

 

今日来た時、鎮痛剤のマヒ作用が効いたのか、あまり偏頭痛がないそうです。

 

腰痛は昨日の鍼で消え、気になるのは首コリと肩こり。

小便の回数が多いのは変化なし。

夜中にトイレに行かないけど、昼間は1時間に1回行かないと不安だそうです。

 

右足の裏と指先のマヒ(感覚が薄い)のは、変化なし。

 

今日は偏頭痛を治すために、ツボを変更。

太陽穴から率谷につなげる。

 

針を置いている間は、頭がスッキリだそうです。

しかし、鍼を抜いてから、痛みがまた徐々に戻ってきた。

 

ただし、昨日と今朝の痛みよりは全然マシ。

 

彼女が帰る時、「来週の予約日まで、万が一途中で痛くなったら、またすぐ来てください。」と伝えました。

 

偏頭痛は痛いときに来たほうが、一番効果が良いから。

 

~続く~

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com