扁桃腺がすごい腫れて、ご飯が食べられないのを治した例

こんにちは。李哲です。

今日は私の施術記録。

 

2018-10-09

20代の女性。

何回か来たことがある方ですが、今日は急遽に来ました。

 

彼女がいうのは、「扁桃腺が腫れて、すごい事になっています!」

 

口を開けてもらってみたら、左の扁桃腺が2~3cmくらい腫れて、外側は少し白くなっていました。白くなったのは、すでに膿が溜まっているのを示します。左のど奥は、ほとんど塞いている状態。だから、食べ物が通る時に痛いでしょう。

 

右の扁桃腺は1cmくらいで白くはなってない。のど奥の隙間はまだありました。

 

彼女の症状は5日前から急に扁桃腺が腫れて、ご飯など固形物が食べられない。液体のものを食べている。夜も扁桃腺が痛くて1時間毎に起きて、ほとんど寝られてない。

 

抗生物質を飲んだけど効き目がない。

葛根湯も飲んだけど、効き目がないそうです。

 

私は彼女に話したけど、「葛根湯は喉が痛い風邪に効くけど、ここまで腫れた扁桃腺には効きません。別の処方箋が必要です」

 

今回の治療としては、最初に刺絡。

3寸の針を持って、左右の扁桃腺に直接刺し、黒い血と膿が一緒に出ました。

 

次は親指の老商と少商で刺絡。

その次は普通の針。

刺したのは列缺、照海、天突、合谷、内関、太衝。

 

合谷、内関、太衝を刺したのは、手足がすごい冷えていたから。扁桃腺の治療だけなら、列缺、照海、天突だけで良いです。

  

30分後に針を取り、お茶を飲むときに聞いてみました。

「飲み込む時にまだ痛いですか?」

「いいえ、ほとんど大丈夫です」

 

口を開けて扁桃腺を見せてもらったら、まだ腫れていたので、念のためもう一度針をすることにしました。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180525/20180525191515.jpg

 

2018-10-13

2回目の鍼治療。

彼女が入って、ニコッと笑ってました。

「ご飯が食べられるようにました!」

 

朗報を聴いて私も嬉しかったです。

口を開けてもらって扁桃腺を見たけど、ほとんど腫れが引いている。

 

1回の刺絡だけでこんなに変わるなんて、昔の人たちはすごい治療法を発明しています。

 

刺絡治療に関しては、以下の記事でも説明しているので、参考にしてください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

彼女が言うのは、

「喉がまだ乾燥する感じ。食欲がないと言うか、たくさん食べられない。昨日は昼しか食べられなかった。食べてないせいか、便も量が少ない。あと、すごい疲れやすいです」

 

彼女は扁桃腺が腫れて、固形物が食べられなくなってから、1週間くらい経っています。胃は縮んだので、一度にたくさん食べられない。

 

私は彼女に話しました。

「いま扁桃腺の腫れがほとんどないので、ご飯を食べてくれれば体力が戻るし、胃袋も徐々にもとの大きさに戻ります」

 

今日の治療は胃腸の強化と残りの扁桃腺・喉を解決。

 

喉が乾燥する感じは、まだ炎症が少し残っているので、今度は少商と商陽で刺絡。刺したツボは列缺、照海、太衝、足三里、公孫、内関、合谷、天突、上脘、中脘、下脘。

 

30分後に鍼を取って彼女が言うのは、「鍼をおいている間、お腹がずっと動いてました。手もさっきより温かいです」

 

私が手を触ってみたけど、確かに入ったときより熱い。

「今日で多分大丈夫だと思います。万が一、胃が辛くてご飯が食べられない場合は、もう一度来てください。貴方の手が冷たいのは運動不足が原因なので、なるべく歩いたほうが良いです」

 

今回の治療はこれで終わりました。計2回。

最初の1回で扁桃腺の腫れが引いて、固形物が食べられるようになり、2回めの治療はほとんど胃の調子を整えるためでした。

 

西洋医学では扁桃腺は大事ではないので、扁桃腺炎症が頻繁に起きる子供には、扁桃腺摘出術を薦めます。

 

これは、とてもアホな考え方。

扁桃腺は役割があるから、生まれつきであるわけです。

 

扁桃腺はなくても平気だと言う先生は、人間を作った"神様"よりすごくて、臓器の働きが分かるでしょうか?

 

だったら、先生が人間という生物を作ってみて下さい!

 

中医学の考え方では、扁桃腺は盾みたいな体の防衛線の一つです。

扁桃腺があると、人は高熱を出しても脳に行かないように断熱材になるので、脳がフラッシュして意識不明状態になりません。

 

子供に扁桃腺がないと、熱が簡単に脳まで行くので意識不明になったり、背中が痙攣して海老反りになります。

 

扁桃腺があるかないかで、結果が全然違う。

だから、扁桃腺は取らないでください!

 

子供がしょっちゅう扁桃腺炎になるなら、簡易な薬膳料理があります。小さい時に食べさせれば、二度と扁桃腺炎になりません。

 

これこそ、本物の「予防接種」です。

 

薬膳料理の作り方は、以下の翻訳文にあるのでご覧ください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com