坐骨神経痛。膝痛。頑固な便秘症。むくみ。肩こりの鍼灸治療例(4)

こんにちは。李哲です。

今日は続きの記事。

 

2017年7月19日。

右かかとは相変わらずしびれて痛い。

膝は冷えなければ痛くないそうです。

 

大便は2日に1回。 

以前は黒い便で、今は黄色い便。

 

尿の色も当院に来る前より、だいぶ色が付いてきたけど濁っているのは変わらない。

尿が濁っているのは、腎機能がダメだからだと教えました。

 

彼女の睡眠時間を聞いたら、夜中によく親に起こされる。睡眠時間は5時間以下だそうです。

 

これは困りました。

ちゃんとした睡眠をとらないと、内臓の修復ができません。

 

 2017年7月20日。

右かかとのしびれる範囲は半分くらい減った。

膝は段差が大きい階段の昇降では、まだ痛いそうです。

 

今日は仰向けのみにして、施術の時間を長めにしました。

 

2017年7月26日。

右かかとのシビレル痛みは変化なし。左腰はまだ痛い。

膝は疲れなければ痛みが出ないそうです。

 

大便は2日に1回。

小便はまだ濁っている。

 

彼女は最近歩くように心がけているそうです。会社の階段を使ったり。

 

2017年7月28日。

膝痛はなくて、少しこわばっている感じ。

大便は2日に1回。

左腰はまだ痛い。

 

右かかとはそれ以上の変化なし。

尿の色も薄くて尿が濁っている。

 

左小指がなぜかたまにピリピリするそうです。

 

彼女は、「以前より歩くのが遅くなって、みんなにどんどん抜かれるようにな感じ。股関節が固まっているみたい。」と言ってました。

 

歩くのが遅くなったのは、臓器の退化の一つですね。

私はヨガとか歩く時間を伸ばしたりで、もっと運動することを勧めました。

 

2017年8月4日。

腰はまだ痛い。

膝は疲れなければ大丈夫。

 

大便は3日に2回。毎日出る時もあり。

 

2017年ん8月9日

前回の針のあと、腰痛がました感じ。曲げる時が大変だそうです。

 

右かかとのしびれるのは変化なし。

小便はだいぶ色が付いてきた。以前は透明な白。

 

今日は以前と同じように陰谷と委中、腎兪と大腸兪などで腰痛対策を取りました。

 

仰向けでは腕順1,2。霊骨、大白など董氏奇穴を使い、効果が上げることを狙いました。

 

今日は置鍼している間、両手がずっとジンジンして寝れなかったそうです。

 

彼女は下半身のむくみがひどいので、いつも陰陵泉、地機、三陰交を刺してあげました。

 

今日は刺したあと、なぜか彼女が言うので「膝下がスースーしている。冷房でもあたっていますか?」

 

私は答えました:「いいえ、冷房はあたってないです。おそらく体内の気血の巡りが変わっているからでしょう。」

 

鍼を刺してから暖かくなるのはよく聞きますが、彼女みたいに逆にスースーするのは初めて聞きました。

 

人間の身体は本当に不思議なものばかり。

 

~続き~

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com