ゲノム編集の赤ちゃんは、必ず予期せぬ厳重な副作用が起きる!

こんにちは。李哲です。

「画期的」な中国のニュースを見ました。日本のテレビでも放送するくらいです。

 

「ゲノム編集女児」中国の研究者が発表 :日本経済新聞

 

私は科学者ではないので、遺伝子編集の技術は分かりません。一般人の観点から分析します。

 

倫理道徳はあとにして、今度の遺伝子編集は将来的に必ず厳重な副作用を伴うと思います。

 

中国のニュースを見ていると、18年間は追跡観察をするらしいです。しかし、20歳で難病・癌で死んだら、この技術は成功したと言えるのか?

 

最初は絶対に安全だと言っても、数年後に厳重な副作用が現れるのは、もう西洋医学の慣習。

 

以下は天然痘ワクチンの歴史話を例にします。

 

しかし、皆さんは知らないでしょう。

このジームスという8歳の子は、前後で20回の天然痘ワクチン注射を受けて、20歳の時に肺結核で死にました。

 

お医者さんの息子も、重複する注射を受けて、21歳の時に肺結核で死にました。皆さんがご存知のように、肺結核と天然痘ワクチンは、とても関係があります。

 

引用元:【翻訳文】たくさんの親が知らないこと:なぜワクチンには重金属が入っているのか? 

 

一つの事実を、皆さんは知らないとダメです。

西洋医学は1番簡単な風邪すら治せません。

つまり、体のシステムがどう動いているのかが分かってない。

 

システムの動きも分からないのに、遺伝子をいじって新しい命を作って、将来的には副作用が起きない・難病にならないと断定できるのか?

 

20年前、クローン技術で作られた羊たち。

1頭は肺疾患で早死になり、ほかの4頭は元気に生きていると言われています。

クローン羊は、いまでも元気に生きている|WIRED.jp

 

しかし、これは動物実験。人間はまったく違う生き物です。人間は話せる、論理思考ができる、創造能力がある、喜怒哀楽の感情がある…

 

クローン技術を人間に使って、万が一思考能力に欠ける・感情が足りない・生殖能力がない人が生まれたら、科学者たちはどう治療しますか?

 

風邪すら治せない人たち、以上のトラブルを解決できると思いますか?

 

中国のニュースを見ていると、HIV(エイズ)感染者の親からHIV(エイズ)にならない遺伝子を持つ赤ちゃんが生まれたそうです。

 

このHIV(エイズ)はメディアの歪んだ報道に左右されて、認識が間違っている人は非常に多いです。

 

HIV(エイズ)を怖がっている貴方、差別している貴方は完全に洗脳されている!

 

倪海厦(ニハイシャ)先生は話したのがあります。

「HIV(エイズ)は徹底的な詐欺。私はたくさのHIV(エイズ)を治療したけど、HIV(エイズ)ウィルスは致命的ではない。しかし、HIV(エイズ)治療薬は激毒物で致命的。患者さんは激毒物で殺される!

 

一つの関連記事として、以下をご覧ください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

もう一人の中医師:鄭智城先生の記事でも、HIV(エイズ)の矛盾で穴だらけの検査方法に関して書いてあります。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

HIV(エイズ)は無害なのに、わざわざHIV(エイズ)にならない遺伝子操作をする必要がない。

 

そして、遺伝子を編集した子どもが、将来正常な人と同じように生活できる保証もありません。

 

人間は自然体で生まれたほうが1番安全で、自然の摂理に合うやり方です。

 

神さまが人間を作った時は、遺伝子はとても安定して変異もしません。万が一問題がある胎児だったら必ず途中で流産します。

 

今の遺伝子異常・先天性異常の子どもは、みんな西洋薬・放射線・環境汚染物質などの「傑作」。

 

神さまが人間を作ったのは遺伝子だけではない、ほかの見えない情報もたくさんあるのです。

 

自然の摂理を無視して、遺伝子さえいじれば病気が治る。病気にならないと思い込むのはアラビアンナイトと同じ。いずれか、彼らが予想もしなかった、取り戻しができない大惨劇を起こします。

 

このような目玉を引くニュースは、アハハと笑って見れば良い。

遺伝子、遺伝子と騒いて研究するのは、病気を治せないから他の逃げ道を探すだけです。

 

ほら!治す薬はないけど、遺伝子変えれば病気が治る"かも知れない"!と頑張っているふりを見せる。

 

今話題になっても数年後には必ず廃れて、また新しい技術を報道して騒ぎ出す。民衆の注意力を分散して、患者さんに期待を寄せ、自分たちの無能を隠すのが目的です。

 

中医学がもっと普及した時、このような国の税収を無駄使いにする研究も消えるはず。