【翻訳文】クローン病、坐骨神経痛、嚥下困難の漢方薬治療例(続)

こんにちは。李哲です。

今日はニハイシャ先生の弟子:林先生が書いた治療例。

 

前回の内容は以下をご覧ください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

最後には私の感想文を書いてあります。

 

中国語翻訳のリンク先は、

http://www.hantang-nihaisha.com/chinese/ch_Articles/crohns2.htm

翻訳文

三回目の診察。

2009年12月9日。水曜日。

 

漢方薬を飲んで1週間経ちました。

手足は暖かくなり、飲み込むのは順調。

漢方薬を飲んだ時、唇のしびれはない。

 

肛門から流れるゼリ状の分泌液は減り、2日だけ黒い便が出たそうです。

 

大便はまだ1日6回。

その中の3回は形がある便。2回は軟便、1回は水様便。

 

彼は漢方薬を飲んでから、以下の感覚があるそうです。

phantom urgency to go to the restroom.

 

よく聞いたら分かりました。

彼が言う大便は、小腸から直接右の下腹部に置いてる袋(ストーマ)に入るだけ。肛門は装飾品である。

 

西洋医学は彼の大腸を切り取ったあと、小腸と直腸を結びつけたのです。しかし、クローン病の影響で彼の直腸は腐っている。縫うのができなくて、小腸の所に袋を作り大便を貯めていました。

 

彼は今週来てから、すごい後悔していました。なぜ2年前に来なかったんだと。。。

 

彼は最近視力がすごい下がって、視力を良くする漢方薬はないかと聞きました。

 

処方箋は変えない。

2009年11月30日と同じ。

追加したのは粳米3銭。決明子(けつめいし)4銭。女貞子(じょていし)。クコの実4銭。10回分。

 

f:id:li-hari:20180808185521j:plain

f:id:li-hari:20180808185512j:plain

女貞子(じょていし)の画像

2週間後にまた診察に来る予定。

 

草木医師 2009年12月12日 報告

 

倪海厦(ニハイシャ)先生の評論

 

いわゆる西洋医学の手術は、みんな不可逆性の治療。

つまり、手術したあとは後悔しても、取り戻すことができない。

 

この男性は後悔したのが遅いです。

もし、漢方薬で直腸の腐った組織が再生されれば、2回目の手術ができて肛門とつなげられるかも知れない。

 

これでやっと人口肛門(ストーマ)から逃げられ、患者さんも正常な生活が送れる。

 

そうじゃなかったら、患者さんは死ぬまで人口肛門(ストーマ)をつけて、あちこち行くしかない。考えるだけでかわいそうです。

 

最初は小さなクローン病だったのに、西洋医学の治療で良くなったところか、今は人口肛門(ストーマ)が増えている。本当に得する前に害が大きい。

 

だから、私は敵に手術をすすめます。

 

林先生は将来、ピカイチの先生になるでしょう。

李哲の感想:

これは嘆くしかない治療例です。

クローン病が治ったところか、患者さんにはストーマが増えている。

 

生活でどれだけ不便であるか、西洋医学の先生は考えてもないでしょう。

 

治せないのを知っていながら、なぜ中医学の治療をすすめないですか?

 

見ていると本当にむかつきます!

 

上記の男性、ニハイシャ先生が言ったように、腐った直腸の組織が再生されて2回めの手術で自然の肛門になることを祈ります。

 

鍼治療例ではないですが、以前足つぼ整体をしたときの例がありました。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

胃腸の病気は漢方薬、鍼治療にとって難しいものではないです。

少し時間をかければ、良くなるのが分かる。

 

クローン病であろうと、ただの下痢であろうと、漢方薬もしくは鍼治療をやってみてください。

 

どうしてもダメだったら、ストーマをつけてもいいじゃないですか?