【翻訳文】漢方薬が二重盲検法を使わない理由

こんにちは。 李哲です。

今日はアメリカ在住の開業医(中医師):鄭智城先生の文章を翻訳しました。


中国語本文のリンク先は、

中医不搞双盲测试的真实原因_郑智城_新浪博客

翻訳文

たくさんの真相が分からない人たちが中医学を批判する時、よく言うのがあります:漢方薬は双盲法テストがない。

 

二重盲検法(双盲法とも。英語では double blind testと言います。


このような発言に対して、私はアハハとするしかない。

 

これはデタラメな不安を煽る言論で、何の意味もありません。

 

しかし、うわさ話もたくさん流れると本当にあった話になるので、今日これに関して話したいと思います。

 

先に、
二重盲検法(双盲法)は、未知の新開発薬の為です。

 

すでに存在する薬の為ではない。

 

ところで、漢方薬は未知の新開発の薬でしょうか?

 

明らかに違いますよね。

 

漢方薬は何千年をかけて、何百億人の実践があります。

実践の過程で、その有効性が証明されています。

 

漢方薬に比べたら、一番すごいと言われている西洋薬でも何十年の追跡研究、10万人クラスの測定。

 

一般的の製薬会社が開発した新薬は、だいたい2000人を対象に何年かで測定したやつです。

 

漢方薬の何千年、何百億人のテストは比べ物にならない。

 

応急用の西洋薬は、その条件がさらにゆるいです。

 

見た目上測定するくらいで、すぐ市場で販売する。(fast track approval)(通常よりも迅速な承認、認可)

医学の本当の基準はこれです:

実践は真理を検証する唯一の基準。

 

いわゆる二重盲検法(双盲法)は、机上の空論で子供だましです。


良いか悪いかは、実践で検証するしかない。

 

すでに実践で検証されたら、また実験室に戻って検証する必要がありますか?

 

ズボン脱いでおならをするんですか?

 

歴史上、漢方薬みたいに大規模.長期間の実践検証した薬はありません。

 

第二:

法律上、グランド・ファーザー条項(Grandfather Clause)があります。

 

分かりやすく書いてる日本語の記事があったので参考にしてください。

 

ameblo.jp

新しい法律は、すでにある事実を認めないといけない。

 

一つ例をあげます。

 

現在、西洋薬のワクチンで幅広く使っているチメロサール(中の50%が水銀、防腐剤として使われている)は、完全にFDAの安全測定を受けていません。

 

水銀、皆さんのご存知のように劇毒物で神経がやられる。

その毒性のおかげで、大きな深海魚まで食べられません。深海魚の体内に水銀があるから。

 

一つ補充します:水銀中毒の症状は、自閉症の症状とまったく同じ。

 

しかし、このチメロサールは、前世紀から幅広くワクチン生産に使っていました。

アメリカFDAとCDCなどの官僚機構は、すでにある事実だと判断し、業界の標準として見なしている。

 

だから、水銀が入った防腐剤は今でも使っています。

 

これがいわゆる既得権者除外条項,グランド・ファーザー条項(Grandfather Clause)。

 

アメリカ国会議員のDan Burtonは、3年間をかけてチメロサールと自閉症の関連性の調査をしたことがあります。

 

調査の結果は、チメロサールの安全性を確保するデータは一切ない。

 

唯一の測定は、製造メーカー(Eli-Lily)の1929年に27人の脳膜炎患者さんをサンプルとして、結果的には27人がすぐ死んだ。これが唯一の測定です。

 

この測定で製造メーカー(Eli-Lily)は、チメロサールで死んだのではなくて、脳膜炎で死んだと言い訳ができる。

 

これは俗語の鱼目混珠(にせものを本物と偽る)で表現できます。

 

最近になって、アメリカでは自閉症が大量に流行って、各業界の争議がありました。

 

アメリカFDAは2004年にやっと、チメロサールを児童ワクチンから排除することにしました。

 

しかし、障害はすでに起きています。

 

現在、大多数のインフルエンザワクチンには、まだ水銀が残っています。なのに、FDAとCDCはまだ妊婦と児童にインフルエンザワクチン接種を勧めています。

 

このチメロサールを含んだのは、ほかに点眼薬、鼻からのスプレー薬、耳の炎症で使う薬などなど。

 

劇毒物のチメロサールは、グランド・ファーザー条項で継続して使うことができます。

 

漢方薬を批判するやつらは、その資格もあるのか?

 

これは双盲法の標準ではなく、明らかに他の意図がある。

 

愚か者でなかったら、強いコンプレックスを持つ者。