脳梗塞後遺症の言語障害、めまい、息切れなどは漢方薬で治る

こんにちは。李哲です。

中国・河北省の李莉(りり)先生*1の治療例を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

脑梗后遗症(2019ー1ー6 発表)

 

 

脳梗塞後遺症の言語障害、めまい、息切れなど症状がひどい患者、毎回漢方薬で死神から逃れた

男性患者、75歳。

脳梗塞後遺症があります。

具体的な症状は、

  • 言語障害で、うまく話せない
  • 胸が痛くなる
  • ドキドキする、息切れ
  • 尿の勢いがない、尿が出にくい
  • 歩くときバランスが取れない感じ
  • コロコロ便が出る
  • 倦怠感が強い、歩くだけで疲れる
  • 毎日たくさんの水を、気持ち悪くなるまで飲む。普段は水飲むのが嫌いだけど、脳梗塞後遺症になってからは意識的に水を飲むようにしている

 

当時の処方箋:

炙甘草湯(しゃかんぞうとう)+血府逐瘀湯(けっぷちくおとう)

7日分。

 

注意事項:のどが渇かなければ、水は飲まないように教えました。

 


 

2回目の診察。

胸が痛苦しい、息切れは消えて、大便が正常になりました。

朝起きたときに、めまいが生じる。他のときはめまいがないそうです。

 

新しい症状が現れたのは、肋骨が縛られたみたいにこわばり感がある。

もう一つは、脊柱の痛みがあり、特に尾てい骨が痛む。

倦怠感は著しく改善してきて今は自分でシャワーができるようになりました。

 

基本な処方箋は変えず、1ヶ月飲み続けたら諸症状が良くなり、漢方薬も止めました。

 

10ヶ月後、突然また倦怠感とめまいがひどくて、胸が痛苦しくて階段が登れない。朝8時~10時の間は、めまいで何もできない状態。

 

処方箋:

瓜蒌薤白枳实汤+附子理中丸

7日分。

薤白(がいはく):にんにくの味がする生薬。食用でも使えます。

薤白(がいはく):にんにくの味がする生薬。食用でも使えます。

 

飲んでから胸が痛苦しいのは改善したけど、倦怠感・めまいはあまり改善してない。

そして、前回の処方箋に戻し、2回診察したら各症状が良くなりました。

 


 

3ヶ月後、ちょうど真夏で冷房が強い時期でした。

彼の奥さんは暑がりで、彼は寒がり。

今回、彼は冷房にやられて、尿が出にくい、腰が腫れて痛いなどの症状が再発しました。

 

処方箋:茯苓四逆湯+巴戟天(はげきてん)、15日分。

飲んだあと、寒がり・尿が出にくい症状は改善。

しかし、彼は続けて飲まないで、地元の広東省に戻りました。

 

数ヶ月後、広東省に彼はまた寒がり・倦怠感に襲われました。

wachatで質問が来たのは、「鹿茸を食べて良いですか?」

私の答えは、「もちろん良いですよ。」

 

鹿茸(ろくじょう):腎臓を養う最強の生薬。精力剤、滋養強壮剤としても有名です。

鹿茸(ろくじょう):腎臓を養う最強の生薬。精力剤、滋養強壮剤としても有名です。

 


 

彼は一人で診療所に来ることができません。

いつも、息子さんが休みの日に、連れてきたのです。

毎回来たときは、症状がひどかったです。

 

しかし、彼は中医学と漢方薬をとても信じていて、毎回「神の薬」を飲んでいるみたいです。だから、見た目には症状がひどいけど、すぐ緩和できました。

 

以前治療した膵臓がんの患者さん。

ご飯も食べられないのに、漢方薬だけは頑張って飲んでました。

 

患者さんたちの漢方薬に対する強い信頼で、どんなにひどい症状でもすぐ改善できています。

 

私は思いますが、患者の信じる力は、カラダ本来の治癒能力よりも大事。

 

李哲の感想:間違った医療を信じたら、死期が早まるだけ

李莉先生の治療例から分かるのは、以下のものだと思います。

①脳梗塞後遺症は、漢方薬でとても良い効果がある。 

②めまい、動悸、胸が痛苦しい、強い倦怠感、尿が出にくいなどの自覚症状は、漢方薬で解決できる。

③信じる者は救われる。

 

①と②は、様々な翻訳文で漢方薬の威力をわかっていると思います。

 

今日話したいのは③の、「信じる者は救われる」。

 

正しい処方、治療方法と患者さんの信頼感があれば、マッチングして最大の効果が出ます。

 

処方、治療方法が正しいけど、患者さんが疑う場合は、効果が出ても治療のおかげだと思わない。逆に、少しでも異常が出ると、すぐ漢方薬・鍼灸のせいだと悪口を言います。

 

治療する漢方医・鍼灸医も止めたくなるので、患者さんの病気はいつまでも治らない。

 

治療方法が間違っているのに、患者さんが強く信じている。

いまのがん治療が、こんな茶番劇の世界。

無数の人が病院の治療で死んだのに、それでも相次いで火の海に飛びこむ。

 

信じる力は、もちろんすごい強い。しかし、間違ったものを信じたときは、真逆の効果が出る。

信じる力は、もちろんすごい強い。しかし、間違ったものを信じたときは、真逆の効果が出る。

強烈な副作用に耐えながら、先生と現代医学を信じて、最後の1クール抗がん剤を受ければ、家に帰れるんだ!と頑張る。

 

残念ながら、無事退院できて長生きしている人は、とても少ない。

なぜなら、みんな抗がん剤のセットが終わる前に、抗がん剤の副作用で死んでいるから。

 

もっとも残念な事は、

あなたが信じている病院の先生すら、抗がん剤を信じません!

患者のあなたは、この事実を知るべきです。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

行き先が真逆なので、頑張って治療すればするほど早死する。

頑張らないほうが、逆に長生きするのは当たり前。

 

自分の周りの人を見てください。

抗がん剤治療して、良くなった人が多いのか?死んだ人が多いのか?

 

抗がん剤をすすめる病院の先生にも、怖がらないで聞いて下さい。

 

先生なら、この抗がん剤を受けますか?

 

先生が抗がん剤やって死なないなら、私がやります!

*1:李莉(りり)先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください