【翻訳文】乳酸菌の副作用を話す。

こんにちは。李哲です。

今日はニハイシャ先生の弟子:李宗恩博士(アメリカでの開業医)の記事を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

從益生菌對人體的壞處談起 – 當張仲景遇上史丹佛

(2018年8月22日発表)

翻訳文

乳酸菌(プロバイオティクス、probiotic)は、ずっと体に有益なものだと認識されていました。

 

胃腸科の先生も患者さんの腹痛を治せないとき、乳酸菌をすすめます。

 

f:id:li-hari:20180829160407j:plain

たくさんの人は乳酸菌が豊富な食べ物は、胃腸を整えて健康促進になると信じていました。

 

しかし、最近の医学研究で分かったのは、乳酸菌は小腸の細菌の量を増やします。その結果は血液中のDー乳酸が高すぎて、ほかの細胞に毒をもたらし、いわゆる「ブレイン・フォグ」(思考に霧がかかった状態)症状が起きる。

 

詳しくいうと認知力と時間を感じる中枢が悪影響を受けて、短期記憶障害・集中力が落ちるなどの障害が出ます。

 

同時に、多すぎの細菌でお腹にガスがたまり、ひどいお腹のハリ(severe bloatingを引き起こす。

 

関連の研究結果は、以下の2つの報道で確認できます。

jagwire.augusta.edu

 

newatlas.com

 

今たくさんの医学研究は、乳酸菌に対する研究と同じで、昨日と今日の答えが全然違う。

 

昔はデンプン類の食品は、少なめにすべきだと言われました。高血糖値と肥満症を予防するために。

 

しかし、最近のハーバード大の研究結果は、デンプン類の食品が食べる総量の50%以下になると早死になる。

 

昔は椰子油は体に有益だと言われました。

しかし今の研究結果は、心臓の血管に悪影響がある。椰子油は最悪の油だと言われています。

 

昔は高コレステロールの食品は、心臓の血管に悪影響があると言われました。

しかし今の研究結果は、糖類の食品の影響であり、高コレステロール食品と関係ない。

 

昔は人類の健康に偉大なる功績を出したいろんな西洋薬、今はいろんな副作用が治療効果より強いと言われ、毎年巨額の集団訴訟が絶えません…

 

なぜこうなったでしょうか?

 

その原因は、人の体はとても複雑なシステムで、こんな複雑なシステムの中で「関連性(correlation)」を見つけるのは、「因果性(causality )」を見つけるより容易であるから。

 

ほとんどの医学研究は、何々の関連性を見つけたとき、すぐ医学雑誌に発表します。

 

医学雑誌を読む人たちも、無意識的に関連性を因果性だと勘違い。

この研究をすすめて、なんかの薬を開発して大儲けしようとします。

 

たとえ話です。

私たちはB現象が起きる前に、A現象が起きるのを見つけました。

 

それでは、私たちは「Aが原因でBになった」と言えますか?

 

もちろん、ダメです。

何故かと言うと、A現象とB現象は、ほかのCが原因かも知れない。

 

しかし、たくさんの医学研究と新薬開発は、B現象を抑えるために直接A現象を圧し殺す。そして、B現象が出ないと信じ込んでいる。

 

「Aが原因でBが起きた」と仮設します。

それでは、Aを抑えることでBは必ず起きないでしょうか?

 

そんな簡単なものではありません。

 

ほとんどの病気は、マルチパス(multi-path)。

Aを抑えたとしても、BはほかのDが起爆剤で起きるかも知れない。

 

そしてもう一つの問題があります。

複雑な人体システム中でAを抑える事で、もっとひどいE問題・F問題が起きる。

 

このように、局面しか見ない研究がもたらした結果は、昨日と今日の見解が全然違う。

 

私たちは観点を変えて、ものごとを見ましょう。

 

なぜたくさんの人たちが、乳酸菌を食べ続けているでしょうか?

 

f:id:li-hari:20180415183231j:plain


たくさんのお医者さんがあれを食べれば良い・このツボを押せば健康促進で万病の予防になる…と同じ、皆さんは簡単な方法で、すべての病気が解決できると思っています。

 

方法が簡単であればあるほど、偉大なるものである。キリスト教の聖杯(Holy Grail)を見つけたみたいにあちこちで宣伝します。

 

しかし、申し訳ありません。

 

人体は非常に複雑で、簡単な方法ですべてのトラブルを解決できるものはない。

 

じゃなかったら、人類にはたくさんの病気も現れない。世の中にもたくさんの衝突・戦争・餓死・差別などもないはず。

 

こんな考え方をする方がいるかも知れません。

古典哲学では「大道至簡」と言うから、医学もしくはほかの学問でも、非常に簡単で偉大なる解決策があるはず。

 

これは古典哲学に対しる誤解で乱用です。

「大道至簡」は一つの哲学で、一つの指導原理です。執行する時の方法と細節ではありません。

 

たとえ話をします。

私たちが非常に成功した起業家に、どうやって会社を管理しているかを聞きます。

 

起業家は私たちに教えたのは、「誠信」二文字。

この「誠信」は哲学であり、私たちに教える仕事するときの最高原則です。

 

しかし、会社に良好な商品とサービスがない、人事制度・会計管理・セールス戦略などなかったら、企業の官僚たちがみんな「誠信」を守っても、会社はすぐ倒産します。

 

もう一つ、たとえ話をします。

人類が認識している宇宙、すべてのことを物理的に「エネルギーの伝達と転換」で解釈できます。

 

この「大道」は簡単でしょう?

しかし、この最高原則だけあって、細部の知識がなかったら、私たちはスマホを利用するのは不可能。人類を月に送ることもできません。

 

だから、皆さんはこれを食べれば良い。あの運動をすれば万病に効くのを見たとき、片耳から流せば良いです。

 

どんなに素晴らしいと宣伝しても、簡単な方法はある特定の人たち・特定の病気には効くけど、すべての病気に効くのではありません。

 

たとえ、一つの病気に対して効果があっても、みんなに合う解決策ではない。

 

良好な食生活習慣・均等な栄養バランス・適当な運動・落ち着く心こそ、私たちがやるべきものです。

李哲の感想:

乳酸菌・ヨーグルトは、当院で禁止する食べ物の一つ。

 

日本のサイトを見ると、乳酸菌サプリは2つの副作用があると書かれています。

 

①お腹がゆるくなる。

②お腹がはる。

 

もっとひどい ブレイン・フォグ」(思考に霧がかかった状態)症状は書かれていません。

 

8年前、ニハイシャ先生の文章を翻訳したとき、似ている記事がありました。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

今回はまた新しい証拠を出して、「乳酸菌はそれほど体に良いものではない」事を証明しています。

 

乳酸菌が豊富な食べ物、例えばキムチ・納豆など、普通に食べる分には良いです。

 

良くないのは、万病を治せるという誇大宣伝。

 

ファースト文化が強くなった今は、なんでも簡単に即効性があるものが歓迎されるようになりましたね。

 

簡単に苦労しないで儲かる。

1日3分での運動だけでダイエット。

これさえ食べれば、がんが消える…などの文字が溢れています。

 

西洋薬も持ち運びと飲むのが容易だから、みんなが飲んでいるでしょうか。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

鍼治療ではこれだけ刺せば、すべての病気が治るというのはないです。常に一人ひとり、その時の体調を見ながら調整している。完全にオーダーメイドです。

 

漢方薬も同じ。肝臓がんにはこの処方箋。腎不全にはこの処方箋。頭痛にはこの処方箋というのがありません。

 

必ずその時の状況によって、処方箋が変わる。

同じ患者さんでも、1週間後には体調が変わるので、処方の内容が変わるのです。

 

だから、これだけ食べれば万病が良くなるという宣伝には、騙されないでください。

 

李宗恩博士が話したように、人体の体は非常に複雑なシステムで、簡単にこれを食べれば万病に効くものはありません。

 

健康を維持する幹は、良好な食生活習慣・均等な栄養バランス・適当な運動・落ち着く心。

 

基本的な事をしっかりやれば、十分健康を維持できます。

 

基本的な事をやっているのに、何かの体調不良があった場合は、鍼灸医・漢方医に診てもらってください。