【翻訳文】 中医学の治療効果は遅い?母の急性心臓発作が1日で治った例

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカでの開業医(中医師):鄭智城先生の文章を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

中医很慢?老妈急发心脏病一日治好_郑智城_新浪博客

(発表日付:2011-06-29 09:31:06)

翻訳文

一般の方は中医学の効果は遅くて、西洋医学の方が早いと思うでしょう。

 

これは完全に誤解です。

中医学の効果は早くて安い。

 

今一つの例があるので、説明します。

 

最近、私のお母さんはガーデニングの仕事で疲れていました。

昨日の朝、果物のジュースを飲んでから、左胸にケガしたみたいに皮膚が裂けるような痛みが出ました。

 

正面はみぞおちあたりから心臓まで刺さる、背中も同じ高さの位置から心臓に刺さる、両方から攻撃される感じ。

 

私は聞いてすぐ分かりました。

これは中医学で言うひどい心臓病、「心痹」と言います。胸痛彻背,背痛彻心』

 

その時、私は信じられませんでした。

こんなひどい心臓病が、自分の親に発作するなんて。

 

私は急いで母の内関穴を強く押して、その後はマッサージしたけど、効果はほとんどない。

 

あとで思ったのは、しっかり治療しないといけないかも。

 

年寄りはみんな寒い食べ物が適してないです。

新鮮な果物のジュースは、もともと寒い性質のもの。

 

その上にさらに梨を入れて、ジュースはさらに寒くなっている。

 

寒いと物は縮まる。

これで心臓病が発作したのです。

 

本を調べたら、これは一番ひどい心臓病で、烏頭湯(うずとう)が必要です。

 

烏頭湯(うずとう)の成分は、とても強烈なやつばかり。

烏頭(うず)、生のトリカブト(生附子)、乾姜、コショウ、赤石脂。

 

f:id:li-hari:20180506172618j:plain

烏頭(うとう)の花:烏頭と附子(トリカブト)は同じ植物から出ている。区別は採集年数が違うだけ。

烏頭(うず)と生のトリカブトには毒があります。

しかも、生のトリカブトは市場で買えない。

乾姜は家にちょうどない。生姜しかありません。

 

この時、本当に後悔しました。家にも生薬の倉庫を持つべきだと。

 

幸いにもコショウがまだある。

 

思い出したのは清朝の名医:張锡纯先生の生薬がなくて、コショウで代用した例。

 

そして、私はすぐコショウを出して、生姜と少しの人参を入れて強火で数分で煮詰めました。

 

その後、母に一気に頓服させました。

 

頓服はすべての生薬を1回で全部飲みきる事です。目的は速効性を出すため。

 

もともと煎じ薬は液体であるため、粉薬.丸薬より効果が早いです。今はもっと大量の煎じ薬を一気飲みすると、さらに効果が高いです。

 

今は心臓病。

心臓病は急がないと人が死にます。

 

通常1日3回の服用は、命に関わらない時の飲み方です。

 

この一気飲みは緊急救命時のやり方で、強心剤に似てます。

 

コショウは中華料理、特に四川料理の大事な調味料で、漢方薬の大事な生薬でもある。

 

烏梅丸と大建中湯にはコショウを使っています。

 

f:id:li-hari:20180515181047j:plain

胡椒(こしょう)は料理でも使う漢方薬の一つ。医食同源の一つの証明ですね。


なぜか分かりませんが、アメリカ政府はコショウの輸入を禁止している。仕方がないので、中華スーパーで高いコショウを買うしかない。

 

アメリカはコショウの輸入禁止をしているけど、アメリカの西洋医学は心臓病治療で良い方法もありません。

 

私の一人の患者は、リハビリ先生です。白人女性。

 

彼女は私に住んでいるマンションの出来事を教えてくれました。

マンションにいる一人の隣人。ある日、隣人は心臓がつらくて病院に行って検査したけど、正常だと言われ帰されました。

 

隣人は帰宅したあと、彼女は何日か隣人に会ってない。

数日後、マンションにはすごい悪臭が漂って警察を呼んだら、その隣人は死後5日でした。

 

母の事に戻ります。

 

母は漢方薬を一気飲みして、だいぶ緩和したそうです。心臓が痛いのは消えました。ただし、力を入れるとまだ痛い。

 

私は急いで診療所に戻って、本物の烏頭湯(加工したトリカブトで生のトリカブトを代用)を準備して、仕事が終わって帰ってから母に飲ませました。

 

飲む前に、母はが言うのは、「孫の抱っこをしている時はまだ痛い.力が抜ける感じ」。

 

飲んで1時間後、母は無意識に孫の抱っこをしたけど(母は力が入れると痛くなる事を忘れていた)、ちっとも痛くないそうです。

 

私は母に言いました。

「抱っこしないでと言ったでしょう?痛くないですか?」

 

母が言うのは、「あい、また忘れてた。でも、本当に痛くないよ。」

 

一つのひどい心臓病は、これで一段落つきました。

その後は、飲食で調整するだけ。

 

もし、通常のやり方だったら、母を病院に運んで治療した場合、1日はかかります。一人が通訳と介護をして随従。

 

その後、いろんな検査をする。

血液検査、尿検査、レントゲンを撮ってあれを撮って、大げさにいろいろ。

 

その後、「検査結果で異常がありません」と言われるかも知れない。

家に帰らせるか、若しくは入院観察。さらに疲れがピークになります。

 

これでもらったのは、一枚の大金のレシート。

あとは何も無い。

李哲の感想:

鄭先生の治療記事は素晴らしかったです。

 

遺憾だと思うのは、鄭先生は鍼を使わないこと。

漢方医は鍼まで精通している人は少ないですからね。

 

いくら素晴らしい漢方薬でも、煎じるのに時間がかかります。

 

しかし、鍼があればその場ですぐ治療ができる。1秒も待たない。

 

場合によっては、漢方薬よりも素晴らしい効果があります。

 

心臓発作.狭心痛など胸の痛みには、鍼が驚くほど早いです。

 

li-hari.hatenablog.com

 

ニハイシャ先生は話した事があります。

西洋医学の心電図検査などは、信用してはいけない。

 

胸が痛い、心臓がつらくて検査したのに、正常だと言われるから。

 

上記の隣人女性は、かわいそうに自宅でなくなっています。

もし中医学の治療だったら、こんな悲しい事にはならない。

 

ニハイシャ先生は以前話しましたが、

漢方薬治療で一番早く治る病気は、風邪(インフルエンザを含めて)と心臓病。

 

煎じ薬を待っている間に鍼をすれば、その場で心臓の痛みはだいぶ減る。その後、自宅に帰って漢方薬を飲めば翌日にほとんど治ります。

 

もちろん、完治までは数日かかりますが、ニハイシャ先生の話の意味は、心臓病は治療がもともと簡単であること。

 

こんな簡単な病気を、今の西洋医学はどうしているのか。

大げさに大手術、死ぬまで投薬治療…

 

「なに?副作用が出た?

それは仕方がないんだよ。治療だから副作用は避けられないんだ!」

 

こんな治療法が信頼され、普及されるのも面白い現象です。